ジュディ 虹の彼方に

ジュディ 虹の彼方に』(ジュディ にじのかなたに、Judy)は2019年イギリスアメリカ合作のジュディ・ガーランド伝記映画。監督はルパート・グールド英語版、主演はレネー・ゼルウィガーが務めた。本作は2005年に初演されたピーター・キルター英語版脚本の舞台劇『エンド・オブ・ザ・レインボー英語版』を原作としている。

ジュディ 虹の彼方に
Judy
監督 ルパート・グールド英語版
脚本 トム・エッジ
原作 ピーター・キルター英語版
エンド・オブ・ザ・レインボー英語版
製作 デヴィッド・リヴィングストーン
製作総指揮 ミッキー・リデル
リー・ディーン
チャールズ・ダイアモンド
エリス・グッドマン
アーロン・レヴェン
ローレンス・マイヤーズ
キャメロン・マクラッケン
アンドレア・スカルソ
ピート・シレイモン
出演者 レネー・ゼルウィガー
ルーファス・シーウェル
マイケル・ガンボン
フィン・ウィットロック
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 オーレ・ブラット・バークランド
編集 メラニー・アン・オリヴァー英語版
製作会社 BBCフィルムズ
パテ
カラミティ・フィルムズ
20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ロードサイド・アトラクションズ/LDエンターテインメント英語版
イギリスの旗 20世紀フォックス
日本の旗 ギャガ[1]
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年9月27日
イギリスの旗 2019年10月4日
日本の旗 2020年3月6日
上映時間 118分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $37,679,800[2]
テンプレートを表示

ゼルウィガーは全ての歌唱シーンを本職の歌手による吹き替えなしでこなしており、その演技はキャリアベストと絶賛されている[3]

ストーリー編集

ジュディ・ガーランドは『オズの魔法使』(1939年)でハリウッドのスターダムへと駆け上がったが、次第に薬物依存や神経症に苦しめられるようになり、そのことがキャリアにも暗い影を落とすようになった。1960年代後半には家賃の工面にも難儀するほどの苦境に陥っていた。

1968年、ジュディはロンドンで5週間にも及ぶ連続ライブを敢行することになった。当初、精神的にボロボロになっていたジュディは舞台に立つことすら危ぶまれていたが、必死の思いで何とか一日目をやり通すことができた。舞台に上がった瞬間、ジュディは往時の輝きを取り戻して圧巻のパフォーマンスを披露したのである。

本作は最晩年のジュディに焦点を当て、彼女の知られざる苦悩、子供たちへの深い愛情、ミッキー・ディーンズ英語版(ジュディの5番目かつ最後の夫)との恋を描き出していく。

キャスト編集

製作編集

2017年10月23日、レネー・ゼルウィガーが本作に出演することになったと報じられた[4][5]2018年2月13日、フィン・ウィットロックとジェシー・バックリーの出演が決まったとの報道があった[6]。3月、本作の主要撮影がロンドンで始まった[7]

ゼルウィガーは共通の友人を介してライザ・ミネリに会おうとしたが、失敗に終わった。また、ローナ・ラフトは当時病床にあったため、ゼルウィガーは面会を断念したのだという[8]。なお、ミネリは自身のFacebookに「私は『ジュディ』の製作を公認していないが、製作を止めるつもりもない」という趣旨のコメントを投稿している[9]

2019年3月25日、ガブリエル・ヤレドが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[10]

公開・マーケティング編集

2018年3月19日、本作の劇中写真が初めて公開された[11]。5月31日、ロードサイド・アトラクションズとLDエンターテインメントが本作の全米配給権を獲得したとの報道があった[12]

2019年5月10日、本作のティーザー・トレイラーが公開された[13]。7月8日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[14]。同年8月30日、本作はテルライド映画祭でプレミア上映された[15]。9月10日には、第44回トロント国際映画祭での上映が行われた[16]

9月27日に劇場公開が開始された。461館での限定公開だったが初週は290万ドルの興行収入で全米7位にランクインした。翌週は1458館での公開に拡大された。

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには174件のレビューがあり、批評家支持率は84%、平均点は10点満点で7.01点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「レネー・ゼルウィガーの迫真の演技のお陰で、『ジュディ』は多くの人々から愛されたエンターテイナーの晩年を曇りのない目で捉えることができた。そこには、ジュディ・ガーランドへの同情の念が込められている。」となっている[17]。また、Metacriticには41件のレビューがあり、加重平均値は65/100となっている[18]。なお、本作のシネマスコアはA-となっている[19]

受賞編集

レネー・ゼルウィガーがゴールデングローブ賞、SAG賞、BAFTA賞、アカデミー賞など主要な映画賞で主演女優賞を受賞した。

出典編集

  1. ^ 午後8:31 · 2019年3月27日 by@gagamovie”. Twitter. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ Judy” (英語). Box Office Mojo. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ Telluride: Renee Zellweger Soars Into Oscar Contention for 'Judy'”. Hollywood Reporter (2019年8月31日). 2019年9月4日閲覧。
  4. ^ Renee Zellweger to play Judy Garland on screen”. BBC (2017年10月23日). 2019年9月4日閲覧。
  5. ^ Renee Zellweger to Play Judy Garland in London-Set ‘Judy’”. Variety (2017年10月23日). 2019年9月4日閲覧。
  6. ^ ‘Judy’: Finn Wittrock, Jessie Buckley Join Garland Biopic Led By Renée Zellweger”. Deadline.com (2018年2月13日). 2019年9月4日閲覧。
  7. ^ First Look: Renee Zellweger as Judy Garland in ‘Judy’ Biopic”. Variety (2018年3月19日). 2019年9月4日閲覧。
  8. ^ Before playing Judy Garland, Renée Zellweger was torn about contacting Liza Minnelli”. Chicago Tribune (2019年8月30日). 2019年9月4日閲覧。
  9. ^ 2018年6月14日 byLiza Minnelli”. Facebook. 2019年9月4日閲覧。
  10. ^ Gabriel Yared Scoring Rupert Goold’s ‘Judy’”. Film Music Reporter (2019年3月25日). 2019年9月4日閲覧。
  11. ^ ‘Judy’ First Look: Renée Zellweger Becomes Judy Garland to Perform the Legend’s Final Concerts”. Indiewire (2018年3月19日). 2019年9月4日閲覧。
  12. ^ LD Entertainment, Roadside Attractions Nab Renee Zellweger Judy Garland Pic ‘Judy’”. Deadline.com (2018年5月31日). 2019年9月4日閲覧。
  13. ^ ‘Judy’ First Trailer: Renee Zellweger Transforms Into Judy Garland For Awards Season Biopic”. Indiewire (2019年5月10日). 2019年9月4日閲覧。
  14. ^ ‘Judy’ Official Trailer: Renée Zellweger Returns to Awards Season in Judy Garland Biopic”. Indiewire (2019年7月8日). 2019年9月4日閲覧。
  15. ^ Telluride Film Festival: ‘Ford V Ferrari’, ‘Judy’, ‘Motherless Brooklyn’, Weinstein-Inspired Drama ‘The Assistant’ Among Premieres Headed To 46th Edition – Full List”. Deadline.com (2019年8月29日). 2019年9月4日閲覧。
  16. ^ Toronto Film Festival: ‘Joker,’ ‘Ford v Ferrari,’ ‘Hustlers’ Among Big Premieres”. Variety (2019年7月23日). 2019年9月4日閲覧。
  17. ^ Judy”. Rotten Tomatoes. 2019年9月29日閲覧。
  18. ^ Judy (2019)”. Metacritic. 2019年9月29日閲覧。
  19. ^ Dreamworks Animation-Pearl Studios’ ‘Abominable’ Bigfoots B.O. With Near $21M Opening Weekend”. Deadline.com (2019年9月29日). 2019年9月29日閲覧。

外部リンク編集