メインメニューを開く
ジョゼ・ジョヴァンニ(2001年)

ジョゼ・ジョヴァンニJose Giovanni, 1923年6月22日 - 2004年4月24日)は、フランス小説家映画監督脚本家である。

生涯編集

フランスパリ出生、コルシカ島出身。本名はJoseph Damiani(ジョゼフ・ダミアニ)。戦時中から犯罪組織と関係し、かつファシスト政党フランス人民党に所属、ゲシュタポ協力者であった。誘拐や盗みなどを犯す。終戦直後、少なくとも3件の強盗殺人に関与し、死刑を宣告される[1]が、大統領恩赦を受けてまぬがれる。1956年に出所。

自らの経験を踏まえ小説家として活動。監督、脚本家としても活躍した。アラン・ドロンと組んだ暗黒街のふたり(1973年)、ル・ジタンなどの映画作品は、高い評価を得た。他に映画冒険者たちの原作も発表している。同作品は、アラン・ドロン、ジョアンナ・シムカス、リノ・バンチュラで映画化され、人気作となった。

1960年代からスイスに在住。生涯に映画15本、脚本33本、小説20冊、回想録2冊、テレビ番組5本を発表した。数奇な運命をたどったが、2004年に脳出血のためスイスローザンヌ病院死去享年80歳[2]

作品編集

小説編集

  • 穴(1958年/Le Trou) 映画『』の原作。
  • おとしまえをつけろ(1958年/Le Deuxieme Souffle)
  • 墓場なき野郎ども(1958年/Classe tous Risques)
  • ひとり狼(1958年/L'EXCOMMUNIE) ※映画『勝負(かた)をつけろ』(1961年)と『ラ・スクムーン』(1972年)の原作。
  • 気ちがいピエロ(1959年/HISTOIRE DE FOU)
  • 生き残った者の掟(1960年/Les Aventuriers) 映画『冒険者たち』と『生き残った者の掟』の原作。
  • オー!(1964年/Ho!)
  • ル・ジタン(1975年/LE GITAN)
  • 狼たちの標的(年/LES LOUPS ENTRE EUX) ※ジャン・シュミット(Jean Schmitt)との共著。
  • 復讐の狼(年/Un Vengeur est passe)

監督編集

  • 生き残った者の掟(1966年/La Loi du Survivant)
  • ベラクルスの男(1967年/Le Rapace)
  • 最後のアドレス(1970年/Dernier domicle connu)
  • Un aller simple(1971年)
  • ラ・スクムーン(1972年/La Scoumoune)
  • 暗黒街のふたり(1973年/Deux hommes dans la ville)
  • Ou est passe Tom?(1974年)
  • ル・ジタン -Le Gitan (1975)
  • ブーメランのように(1976年/Comme un boomerang)
  • 掘った奪った逃げた(1979年/Les Egouts du paradis)
  • Une robe noire pour un tueur(1980年)
  • 冒険野郎(1983年/Le Ruffian)
  • サンデー・キラー(1984年/Le Tueur du Dimanche=テレビ)
  • 狼たちの報酬(1986年/Les Loups entre eux)
  • La Louve(1987年/テレビ)
  • Mon ami le traitre(1988年)
  • L'Irlandaise(1991年/テレビ)
  • Crime al'altimetre(1996年/テレビ)
  • 父よ(2001年/Mon Pere)

脚本編集

  • 黄金に賭ける男(1966)

原作編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集