ジョン・ウィック

アメリカの映画作品

ジョン・ウィック』(原題: John Wick)は、2014年に公開されたアメリカ映画。引退した凄腕の殺し屋の復讐劇を描くアクション映画。製作総指揮・主演:キアヌ・リーブス、監督:チャド・スタエルスキデヴィッド・リーチ[注 1]R15+指定。日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「見惚れるほどの、復讐。

ジョン・ウィック
John Wick
John Wick logo.png
監督 チャド・スタエルスキ
デヴィッド・リーチ[1][2]
脚本 デレク・コルスタット
製作 ベイジル・イヴァニク
デヴィッド・リーチ
エヴァ・ロンゴリア
マイケル・ウィザリル
製作総指揮 キアヌ・リーブス
出演者 キアヌ・リーブス
ミカエル・ニクヴィスト
アルフィー・アレン
エイドリアンヌ・パリッキ
ブリジット・モイナハン
ディーン・ウィンタース
イアン・マクシェーン
ジョン・レグイザモ
ウィレム・デフォー
音楽 タイラー・ベイツ
ジョエル・J・リチャード
撮影 ジョナサン・セラ
編集 エリザベート・ロナルズ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 ポニーキャニオン
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年10月24日
日本の旗 2015年10月16日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[3]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$43,037,835[3]
世界の旗 $88,761,661[3]
日本の旗 3億3100万円[4]
次作 ジョン・ウィック:チャプター2
テンプレートを表示

主人公のジョン・ウィックについては、ジョン・ウィック (架空の人物)を参照。

概要

日本のマーシャル・アーツ[5]殺陣[6]、アニメ[7]、香港映画のカンフー[8][9]マカロニ・ウェスタン[10]、らから影響を受けたアクションは、ガンとカンフーを組み合わせた“ガン・フー”という新たな銃術を表現しており[2]、キアヌ・リーブスは「現実世界とアンダーワールドの世界を両立させたような内容で、こういう映画に回帰したかった。人生を懸けた映画だ」と語っている[2]

本作の成功でシリーズ化され、続編『ジョン・ウィック:チャプター2』が2017年に、第三作の『ジョン・ウィック:パラベラム』が2019年に公開された。

ストーリー

かつて裏社会にその名を轟かせた凄腕の殺し屋ジョン・ウィックは、5年前に出会った最愛の女性ヘレンと平穏に暮らすため、裏社会から足を洗う。物語開始の数ヶ月前、ヘレンは病で亡くなり、ジョンは生きる希望を失うが、彼女は残される夫を心配して子犬を手配しており、その存在がジョンの新たな希望となりつつあった。その矢先、ジョンの愛車フォード・マスタング・BOSS429を狙った若者の強盗に家を襲われ、車だけでなく子犬の命まで奪われてしまう。大切なものを踏みにじられたジョンは、復讐のために裏社会へ戻ることを決意する。

強盗の正体は、ニューヨークを拠点に大勢力を築くロシアンマフィア「タラソフファミリー」のボスであるヴィゴ・タラソフの息子、ヨセフが率いるグループだった。実はジョンは元々タラソフファミリーの暗殺者であり、組織の現在の繁栄もジョンの活躍に依るところが大きかった。そのため、その実力と恐ろしさを知るヴィゴは息子の失態を知って、すぐにジョンに交渉と説得を試みるものの、無言で電話を切られる。仕方なく手下達にジョンの家を襲撃させるが、ヴィゴの予想通り、彼は全員を返り討ちにする。ヴィゴは懸賞金200万ドルでジョンの暗殺を殺し屋達に公示し、ジョンの親友であり、ヴィゴと旧知の仲でもある狙撃を専門とする殺し屋マーカスにも声をかける。

ジョンは情報収集のため、殺し屋達が利用し、掟によって守られている「コンチネンタル・ホテル」を訪れる。ホテルのオーナーであり、裏社会の情報に精通するウィンストンからヨセフの居場所を聞き出したジョンは、彼のいるナイトクラブを単身で襲撃する。ジョンは彼の護衛達を次々に殺害していくが、標的のヨセフには間一髪で逃げられ、腹部に重傷を負う。

戻ってきたホテルで治療を終えて眠りにつこうとするジョンだが、懸賞金の増額に目が眩んでコンチネンタルの掟を破った旧知の女暗殺者パーキンズに襲撃される。暗殺すると見せかけたマーカスの狙撃によって間一髪で襲撃に気付いたジョンは、彼女を迎え撃ち、拘束した上でヴィゴの隠し資産の場所を聞き出す。彼女の身柄を隣室にいた顔馴染みのハリーに預けて現地に向かうジョンであったが、パーキンスはハリーの油断を突いて彼を殺害するとホテルを脱出する。

ジョンは教会に隠されていた資産を燃やしてヴィゴを誘き出し襲撃するが、返り討ちにあって拘束されてしまう。ヴィゴは再びジョンの説得を試みるも完全に決別することになり、部下に殺害を命じてその場から去る。ジョンはマーカスの狙撃によって拘束を抜け出し、ヴィゴを追いかけ逆に銃を突きつけて形勢逆転する。諦めたヴィゴは息子の居場所を教えて解放され、間もなくしてジョンはヨセフの潜伏先を襲撃して復讐を果たす。

ホテルをチェックアウトしたジョンはマーカスと再会し、親しく会話を交わす。しかし、その現場をパーキンズに目撃され、彼女の連絡を受けて、息子を殺されジョンへの復讐を企てるヴィゴはマーカスの裏切りを知る。ヴィゴはマーカスの自宅に待ち伏せすると、自ら彼を拷問して殺害し、また、これをあえてジョンに伝えることでマーカス邸へ誘き出す囮とする。後をパーキンズに任せ、ニューヨークからの脱出を図るヴィゴであったが、彼女はコンチネンタルの掟を破ったためにウィストンに粛清され、またウィストンはジョンにヴィゴの行き先を伝える。

ジョンは、移動中のヴィゴの車列を襲撃し、彼の部下を次々と葬っていく。最後はヴィゴとの一騎討ちとなり、ジョンも瀕死の重傷を負うが、彼の殺害を果たす。満身創痍の状態で現場を離れたジョンは、無人の動物病院に侵入すると動物用の薬品で治療する。そこで安楽死を待つ1匹の犬が目に留まったジョンは、それを連れ出すと、夜の街へと消えていった。

登場人物・キャスト

※括弧内は日本語吹き替え声優。

主人公

ジョン・ウィック
演 - キアヌ・リーブス森川智之
かつて「ババヤガー」や「ブギーマン(闇の者)」などと呼ばれて恐れられた伝説的な殺し屋[注 2]。現役時代はどんな不可能な暗殺も成し遂げ、「3人の男を鉛筆1本で殺した」など数々の伝説を残すも、最愛の女性ヘレンと出会ったことで5年前に引退した。亡くなったヘレンが残した子犬を無残に殺されたことから、かつての雇い主ヴィゴ・タラソフの息子ヨセフとその仲間たちに復讐するべく、再び殺しに手を染めることを決める。
メインアームはH&K P30L(コンペンセイター付き)、サブにグロック26を使用。また、かなりの車好きで、愛車はフォード・マスタング・BOSS429。殺し屋の正装として防弾処理が施された黒のクラシックスーツを身に纏う。

タラソフ・ファミリー

ヴィゴ・タラソフ
演 - ミカエル・ニクヴィスト堀内賢雄
ニューヨークを拠点とするロシアンマフィアのボス。かつてのジョンの雇い主で友人でもあり、組織が現在の規模になったのは、不可能と思われた暗殺をジョンが成功させたことによるもの。ジョンの実力を熟知しており、ジョンが息子を狙っているとわかると即座に交渉を試み、失敗した後は200万ドルという高額の懸賞金を掛け、息子を守ろうとする。
ヨセフ・タラソフ
演 - アルフィー・アレン金城大和
ヴィゴの息子。親の権威を笠に悪事を行うチンピラの青年。車泥棒が稼業であり、それを趣味にもしている。ジョンの愛車である高級車フォード・マスタングを狙って仲間と共にジョン宅に潜入、ジョンを痛めつけた上に彼の愛犬を殺してしまい、ジョンの標的となる。
アヴィ
演 - ディーン・ウィンタース根本泰彦
ヴィゴの右腕で組織の顧問弁護士。ロシア語が分からないため、しばしばロシア語で話すヴィゴにうんざりしている。
グレゴリ
演 - オマー・バーネア
ヨセフの友人兼ボディーガード。ヨセフと共にジョン宅に押し入ったため、ジョンの標的となる。
ヴィクター
演 - トビー・レナード・ムーア英語版佐野康之
ヨセフの友人兼ボディーガード。ヨセフと共にジョン宅に押し入ったため、ジョンの標的となる。
キリル
演 - ダニエル・バーンハード家中宏
ヴィゴの腹心で、手下らのリーダー格。ヨセフを護衛する。
クズマ、ニコライ
演 - キース・ジャーディンタイット・フレッチャー(原語音声)
ヴィゴの手下たち。ヨセフを護衛する。
フランシス
演 - ケビン・ナッシュ
ナイトクラブ「レッド・サークル」の用心棒(バウンサー)。ジョンとは旧知の仲で、それによりクラブを襲撃しようとしているジョンに見逃される。

殺し屋

マーカス
演 - ウィレム・デフォー山路和弘
ジョンの親友であるベテランのスナイパー。現在もジョンとは親交があり、ヘレンの葬儀にも参列した。ジョンと同じくヴィゴに雇われていた時期があり、彼から直々にジョンに懸賞金をかけたことを知らされるなど信頼も厚い。ジョンの暗殺に自身も参戦するが、本心では殺す気など全くなく、狙撃によって彼の窮地を救う。
ミズ・パーキンズ
演 - エイドリアンヌ・パリッキ東條加那子
ジョンと顔馴染みの女殺し屋。報酬が300万ドル以下の仕事はしないという信条を持っている。「コンチネンタル・ホテル」でジョンを殺せば懸賞金が2倍の400万になると知り、コンチネンタルの掟を破ってジョンを襲撃した。失敗してジョンに拘束されるが、ハリーを殺害して脱出する。
ハリー
演 - クラーク・ピータース
ジョンと顔馴染みの殺し屋。ジョンに代わってミズ・パーキンズの見張りを引き受けるが、隙を突かれて殺害されてしまう。

コンチネンタル・ホテル・ニューヨーク

ウィンストン
演 - イアン・マクシェーン安原義人
コンチネンタルの代表であり、「コンチネンタル・ホテル・ニューヨーク」のオーナー兼支配人。ジョンの親友で、本名の「ジョナサン」で呼び、彼に敬意を払う。また、彼を軽く見る者に忠告を行う。コンチネンタルの代表として殺し屋の世界で絶大な力を持ち、掟を破った者には容赦しない。
シャロン
演 - ランス・レディック(堀内賢雄)
「コンチネンタル・ホテル」のコンシェルジュ。ジョンに強い敬意を払っている。
アディ
演 - ブリジット・リーガン田中杏沙
「コンチネンタル・ホテル」の女性バーテンダー。ジョンとは旧知の仲で再会を喜ぶが、彼を「脆くなった」と評した。

裏社会

オーレリオ
演 - ジョン・レグイザモ(家中宏)
ジョンの友人。表向きは自動車工場のオーナーだが、裏では盗難車の引き受けや解体を行うグループの頭目。ヨセフがジョンのマスタングを持ち込んできたため警告するも、全く理解しない彼を殴った。その件の事情説明を求めたヴィゴにヨセフがジョンの車を盗んだことを伝え、ヴィゴは息子の置かれた状況を知ることになる。
ジミー
演 - トーマス・サドスキー北田理道
ジョンが住むの地区を管轄する警察官。ヴィゴの手下に襲撃されたジョンの自宅に訪れ、騒音の通報を受けたことを知らせるが、ジョンが殺し屋であったことを知る友人であるため、横たわる死体を見ても詮索せずに立ち去った。
医者
演 - ランドール・ダク・キム英語版(根本泰彦)
負傷して「コンチネンタル・ホテル」に戻ったジョンを治療した。
チャーリー
演 - デヴィッド・パトリック・ケリー佐久間元輝
裏社会の掃除屋。殺し屋たちからの依頼を受け、金貨と引き換えに、部下を率いて遺体の回収や現場の洗浄を行う。ジョンとは顔馴染み。

その他

ヘレン・ウィック
演 - ブリジット・モイナハン竹内絢子
ジョンの亡くなった妻。自分の死後、残された夫を心配して子犬の手配を行う。

用語

コンチネンタル
世界中で殺し屋たちをサポートする機関[11]。基本は「コンチネンタル・ホテル」という形で運営されており、武器や情報の調達から死体の処理まで対応してくれる。利用には特殊な金貨が用いられる。一方でホテル内では殺しをしてはいけないなどの「掟」があり、これを破ると追放や粛清が行なわれる。
かなり古い歴史を持ち、本部は発祥の地とされるローマ。ただし、代表はコンチネンタル・ホテル・ニューヨークのオーナー兼支配人であるウィンストンが務める。

製作

キアヌ・リーブスは本作で監督デビューしたチャド・スタエルスキデヴィッド・リーチなら、ストーリーありきのアクション映画が撮れると考え、彼らに脚本を持ち込んだ[2]。スタエルスキはリーブス主演の『マトリックス』など、数々の映画でスタントやスタントコーディネーターを手がけ、17、18年くらいの付き合いを築いていた間柄である[2]

リーブスはスタエルスキとリーチを「千葉真一さん、三船敏郎さん、黒澤明監督など、日本の映画の影響を多分に受けている。日本こそアクション映画の発祥地だし、お互いの趣味嗜好はすごくわかっているので、心から信頼して、撮影時はとてもワクワクした」と振り返っている[2]

ジョン・ウィックとウィレム・デフォーが演じる凄腕の殺し屋マーカスと会うシーンでは、機械で降らせた雨の音が大きすぎて、お互いのセリフが聞こえず大変だったとリーブスは語っている[2]

プロモーション

2015年9月28日から本作のプロモーションで来日していたキアヌ・リーブスは情報番組ZIP!』のインタビューに応じ、「昔からアクション映画が好きで、子どもの頃は格闘ごっこやチャンバラをして遊んでいた。一番影響を受けたのがサニー千葉(千葉真一)で、彼の『激突! 殺人拳』からアクションと芝居を学んだ。僕は映画用のカンフーならできるけど、サニー千葉は実際に人をボコボコにできる。情熱を感じる」と答えていると、千葉本人が登場するサプライズがあった[12]。リーブスは" Oh my god! " を連発し、千葉と固い握手を交わしながら「ハジメマシテ、マエストロ(巨匠)!」と低頭して日本式挨拶をした[12]。「あなたはキャラクターを演じるだけでなく、そこにアクションを盛り込んだ。屈強なキャラクターにもあなたが演じると心が感じられる」と身振り手振りを交えながら、終始嬉しそうに大はしゃぎの様子だった[12]

封切り

2015年9月19日から俳優の遠藤憲一と声優の森川智之がそれぞれナレーションを務めた特別予告編が公開された[13]

使用楽曲

サウンドトラック

1. "Every Ending Has a Beginning" Tyler Bates and Joel J. Richard 1:31
2. "Story of Wick" Tyler Bates and Joel J. Richard 3:05
3. "John Mourns" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:29
4. "Assassins" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:12
5. "Dear John" Tyler Bates and Joel J. Richard 1:49
6. "Daisy" Tyler Bates and Joel J. Richard 1:29
7. "Evil Man Blues" (Performed by The Candy Shop Boys) Leonard Feather and Lionel Hampton 4:20
8. "The Red Circle" Le Castle Vania 1:00
9. "Lure the Wolf" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:04
10. "Iosef the Terrible" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:34
11. "Chop Shop" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:52
12. "Baba Yaga" Tyler Bates and Joel J. Richard 1:46
13. "On The Hunt" Tyler Bates and Joel J. Richard 1:11
14. "In My Mind" (Performed by M86 & Susie Q) Ali Theodore, Susan Paroff, Sergio Cabral, Sarai Howard, Bryan Spitzer 3:07
15. "The Drowning" Le Castle Vania 2:24
16. "Think" (Performed by Kaleida) Kaleida 3:59
17. "LED Spirals" Le Castle Vania 0:59
18. "Shots Fired" Le Castle Vania 3:11
19. "Old Friend Marcus" Tyler Bates and Joel J. Richard 1:33
20. "Hotel Throw Down" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:55
21. "Warehouse Smack Down" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:44
22. "Who You Talkin' To Man?" (Performed by Ciscandra Nostalghia) Ciscandra Nostalghia and Tyler Bates 4:41
23. "Membership Revoked" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:04
24. "Unfortunate Priest" Tyler Bates and Joel J. Richard 1:49
25. "Dock Shootout" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:42
26. "No More Guns" Tyler Bates and Joel J. Richard 2:05
27. "Be Seeing You" Tyler Bates and Joel J. Richard 3:38

挿入歌

1. "Get Money" (Performed by T-Bo featuring Bengie B) Jason Paul Thibeau, Roy Whitney Anthony and Benjamin Smith
2. "Hunid One's" (Performed by T-Bo) Jason Paul Thibeau and Michael Gniewkowski
3. "Russian Lullaby" David Bawiec and Vadim Suslov
4. "Killing Strangers" (Performed by Marilyn Manson and Tyler Bates) Marilyn Manson and Tyler Bates

脚注

注釈

  1. ^ クレジットされているのはチャド・スタエルスキのみ。
  2. ^ 正確には「ブギーマン」は別の暗殺者の異名であったが、彼もウィックが殺害に成功し、混同されるようになった。

出典

  1. ^ David Leitch - IMDb
  2. ^ a b c d e f g 山崎伸子 (2015年10月15日). “キアヌ・リーブス、ウィレム・デフォーとのおちゃめな初共演話を告白”. MOVIE WALKER PRESS. 映画ニュース. Movie Walker. 2022年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月27日閲覧。
  3. ^ a b c John Wick (2014)”. Box Office Mojo. 2014年12月28日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 45頁
  5. ^ “Stuntman Inc: The One-Stop School for Action-Movie Stars”. Men's Journal. (2014年10月24日). http://www.mensjournal.com/adventure/races-sports/stuntman-inc-the-one-stop-school-for-action-movie-stars-20140825 2015年11月6日閲覧。 
  6. ^ “Exclusive Video Interview With David Leitch And Chad Stahelski On John Wick”. We Got This Covered. (2014年10月24日). http://wegotthiscovered.com/movies/exclusive-interview-directors-david-leitch-chad-stahelski-john-wick/ 2015年11月6日閲覧。 
  7. ^ “'JOHN WICK' SCREENING: How Keanu Reeves Enlisted His 'Matrix' Doubles To Direct”. Zen For Zoey. (2014年10月30日). http://zen4zoey.blogspot.co.uk/2014/10/john-wick-screening-how-keanu-reeves.html 2015年11月6日閲覧。 
  8. ^ “‘John Wick': "Gun-fu" is taken to new heights in actioner about retired hitman seeking revenge”. Orlando Weekly. (2014年10月24日). http://blogs.orlandoweekly.com/the-gist/for-reels/john-wick-gun-fu-taken-new-heights-actioner-retired-hitman-seeking-revenge/ 2015年11月6日閲覧。 
  9. ^ “John Wick: Cast Interview with Keanu Reeves, Alfie Allen, directors Chad Stahelski and David Leitch”. Zedos Gang. (2014年10月23日). http://zedosgang.blogspot.co.uk/2014/10/john-wick-cast-interview-with-keanu.html 2015年11月6日閲覧。 
  10. ^ “Directors David Leitch and Chad Stahelski Talk New Film ‘John Wick’”. The Source. (2014年10月13日). http://thesource.com/2014/10/13/directors-david-leitch-and-chad-stahelski-talk-new-film-john-wick/ 2015年11月6日閲覧。 
  11. ^ 「ジョン・ウィック:チャプター2」公式サイト 「コンチネンタル」解説 2018年2月17日閲覧
  12. ^ a b c “千葉真一初対面でキアヌ大興奮、熱いリアクションに「かわいい」の声。”. ナリナリドットコム. ZIP! (Narinari.com). (2015年10月6日). オリジナルの2015年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151006145020/http://www.narinari.com/Nd/20151034070.html 2015年10月6日閲覧。 
  13. ^ どちらが好み?遠藤憲一vs森川智之『ジョン・ウィック』特別予告編公開”. シネマズ (2015年9月21日). 2015年10月19日閲覧。

外部リンク