ジョーダン・196は、ジョーダン・グランプリ1996年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。開発責任者はゲイリー・アンダーソン。1996年の開幕戦から最終戦まで使用された。

ジョーダン・196
Jordan Peugeot 196.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー ゲイリー・アンダーソン
先代 ジョーダン・195
後継 ジョーダン・197
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン プジョー A12 72度 V10
トランスミッション ジョーダン製 7速 縦置き セミAT
燃料 トタル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベンソン&ヘッジス トタル ジョーダン プジョー
ドライバー 11. ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ
12. イギリスの旗 マーティン・ブランドル
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1996年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

概要編集

プジョーエンジン搭載2年目は、ギャラハー(英:Gallaher Group)社のたばこブランド、ベンソン&ヘッジス(英:Benson & Hedges)がメインスポンサーに就いた。シーズン開幕時はカメラ映りを考慮してマシン全体が黄土色にペイントされていたが[1]評判が良くなく、数戦後にはシャンパン・ゴールドに変更された。

毎年コンセプトが変わっていたフロントウィングは、ハイノーズの2点吊り下げ式に定着した。サイドポンツーンは前後に細長いふたつのラジエターインテークが開口する珍しいデザインを採用した。

この年、ドライバーの側頭部を保護するサイドプロテクターの装備が義務付けられた。多くのチームは規定通りの大型プロテクターを取り付けたが、ジョーダンはコクピット前方に小さなフィンを付け、ロールバーを前後逆向きに取り付けるというアイデアでプロテクターの傾斜角を抑えた(コクピット前方とロールバー頂点を結んだ仮想線が基準となるため。ウィリアムズ陣営は逆にコックピット後方にフィンを立てたFW18を投入している)。空気抵抗を減らすことが出来るため、他チームも翌年以降この手法を取り入れるようになった。

1996年シーズン編集

ドライバーはエディ・アーバインフェラーリに移籍し、チーム在籍4年目のルーベンス・バリチェロと、リジェから移籍したマーティン・ブランドルのコンビとなった。

開幕戦オーストラリアGPでは、スタート直後にブランドルのマシンが接触して宙を舞い、モノコックとエンジンの接合部が真っ二つに折れるという大アクシデントに見舞われる。第2戦ブラジルGPではバリチェロが地元で予選2位を獲得し、レースでも表彰台争いを演じたが、スピンによりリタイアした。

その後、12回の入賞(バリチェロ7、ブランドル5)を記録して前年とほぼ同じ22ポイントを獲得し、成績コンストラクターズランキングは5位となった。しかし、この年は表彰台獲得がなく、ウィリアムズフェラーリベネトンマクラーレンといったトップチームに次ぐ「第二集団」の1チームから抜け出すことはできなかった。

年末までには変化の必要性が明白なものになった。バリチェロは新規参入するスチュワート・グランプリに移籍、ブランドルはF1を引退した。チームは翌年に向けてラルフ・シューマッハジャンカルロ・フィジケラを採用した。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1996年 ジョーダン プジョー V10 G  
AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
22 5位
ルーベンス・バリチェロ Ret Ret 4 5 5 Ret Ret Ret 9 4 6 6 Ret 5 Ret 9
マーティン・ブランドル Ret 12 Ret 6 Ret Ret Ret 6 8 6 10 Ret Ret 4 9 5

参考文献編集

  • Henry, Alan (ed) (1996). AUTOCOURSE 1996-97. Hazleton Publishing. pp. 73-75. ISBN 1-874557-91-8 

参照編集

  1. ^ かつてロータスのマシンがJPSカラーに塗られていた時も、金色のストライプは黄土色で表現していた。