1996年のF1世界選手権

1996年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1995 翌年: 1997
一覧: 開催国 | 開催レース

1996年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第47回大会である。1996年3月10日オーストラリアで開幕し、10月13日日本で開催される最終戦まで、全16戦で争われた。

目次

概要編集

 
ウィリアムズ・FW18(ジャック・ヴィルヌーヴ)

2世ドライバーのチャンピオン争い編集

この年、かつてのフェラーリ伝説のドライバージル・ヴィルヌーヴの長男・ジャックウィリアムズへ加入した。CART現役チャンピオンのF1挑戦、また、グラハム・ヒルの息子デイモン・ヒルとの2世コンビ結成といった話題が注目された。

ヴィルヌーヴはデビュー戦でポールポジションを獲得し、決勝でもファステストラップを叩き出しながら残り5周までトップを走行、「デビュー戦ハットトリック」と言う快挙寸前まで行ったが、マシントラブルで惜しくも2位に終わる。4戦目のヨーロッパGPで初優勝を遂げる。F1ルーキーらしからぬ大胆さをみせ、ベルギーGP予選後の会見では「パソコンのF1ゲームとビデオでコースを覚えた」と発言して記者達を驚かせた。

一方のヒルは開幕3連勝を決め、得意の先行逃げ切りパターンで勝利を積み重ね、片やヴィルヌーヴはコースによる得意不得意の差が激しい事も露呈。しかし、7勝目を挙げたドイツGP以降ヒルはやや精彩を欠き、ヴィルヌーヴの追い上げを許した。ポルトガルGPではヴィルヌーヴがミハエル・シューマッハを大胆にアウトからオーバーテイクした後、ピットストップでヒルを逆転して優勝、チャンピオン争いは最終戦までもつれ込む。

最終戦日本GP、ヴィルヌーヴはこのGPを優勝かつヒルが無得点に終わる以外に逆転チャンピオンの可能性が無い中でポールポジションを獲得して僅かな望みを繋ぐが、スタートで大きく出遅れた末、走行中に右リアタイヤが脱落しリタイアに終わる。この瞬間にヒルのF1史上初の親子2代チャンピオンが決定、ヒルはそのままトップでチェッカーを受ける。しかし、チームからはイタリアGPを前に解雇通告を受け、他のトップチームへの移籍も叶わず、中堅のアロウズへ移籍することになった。この解雇劇はデザイナーのエイドリアン・ニューウェイの逆鱗に触れ、ニューウェイはウィリアムズと決別しマクラーレンへ移籍すると言う、ウィリアムズにとっては後々大きな影響を及ぼす事になる[要出典]

シューマッハのフェラーリ移籍編集

ミハエル・シューマッハは2年連続チャンピオンとなったベネトンを去り、フェラーリへ移籍。当時のチーム力からすぐさまチャンピオン争いに加わるのは無理と言い切るも、「3勝」を目標に不安定なF310に手を焼きながらも、目標通りの4ポールポジションおよび3勝を達成。フェラーリの地元イタリアGPでチームにとって1988年以来の優勝を果たし、ティフォシの声援に応えた。

一方、ベネトンにはシューマッハと入れ替わる形で元フェラーリコンビのジャン・アレジゲルハルト・ベルガーが加入した。首位を走る展開も数度あったが、アレジがサスペンショントラブルに見舞われたモナコGP、残り3周でベルガーがエンジンブローしたドイツGPなど、マシントラブルにも泣き、前年の11勝から一転して0勝に終わった。シーズン後にデザイナーのロリー・バーンテクニカル・ディレクターロス・ブラウンが1年遅れでシューマッハを追うようにフェラーリへ移籍、チーム力は下降期に入った。

トピック編集

  • モナコGPはウェットコンディションでクラッシュやトラブルが相次ぎ、チェッカーフラッグを受けたのは僅か3台だった(7位まで完走扱い)。このサバイバルレースでオリビエ・パニスが初優勝(リジェとしては15年ぶり)。無限ホンダエンジンにとっても初優勝となった。
  • ルノーが1997年一杯でのワークスエンジン供給終了を発表。フランスGPではルノーエンジン搭載車が1 - 4位に入賞(ヒル-ヴィルヌーヴ-アレジ-ベルガー)。1987年イギリスGPのホンダエンジン以来となる快挙を地元で達成した。
  • イタリアGPではシケインにタイヤバリアが設置されたが、ドライバーから危険と批判された。レースでは、タイヤが接触により転がる場面が映し出され、更にはトップ独走中のヒルが接触しリタイアした。
  • ジャンカルロ・フィジケラがデビュー。マーティン・ブランドルペドロ・ラミーがシーズン終了後に引退。前年に登場したフォルティがシーズン中に撤退した。
  • この年よりメルセデス・ベンツが公式セーフティカーを諸費用含めて無償提供を開始。

レギュレーション変更編集

 
この年からコクピット開口部の左右にプロテクターを装着することが義務付けられた。ウィリアムズのFW18はプロテクターの端にフィンを設けることで高さを稼いでいる。
  • 予選が金曜1回目・土曜2回目の2セッション方式から、土曜日の1セッションのみとなった。スケジュール進行は金曜午前がフリー走行1、金曜午後がフリー走行2、土曜午前がフリー走行3、土曜午後が予選という順番になる。
  • ポールポジションタイムの107%をクリアできないドライバーは予選落ちとなる(107%ルール)。
  • レーススタート時の信号表示が「赤点灯→緑点灯」というグリーンシグナル方式から、「赤5つ点灯→全消灯」というブラックアウト方式に変更された。
  • ドライバーの側頭部保護のためコクピットの横にプロテクターの装備が義務付けられたが、その形状に関してチームごとに解釈が分かれた。フェラーリやベネトンは規定通り大型のものを取り付けたが、ウィリアムズはフィンでサイズを稼ぎ、プロテクター部分を小型化した(「概要」の節と本節の画像を参照)。この形状はリアウイングへの整流に影響し、レギュレーションの遵守という見地からも問題となった。
  • カーナンバー制度が変更された。チャンピオン在籍チームが1・2番を付けるのは同じだが、それ以外は前年度のコンストラクターズランキング順となった。これによりティレルの3・4番、ウィリアムズの5・6番、アロウズの9・10番、フェラーリの27・28番、ザウバーの29・30番といった馴染みの持ち番号が見られなくなった。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   オーストラリアグランプリ 3月10日 メルボルン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
2   ブラジルグランプリ 3月31日 インテルラゴス   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
3   アルゼンチングランプリ 4月7日 ブエノスアイレス   デイモン・ヒル   ジャン・アレジ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
4   ヨーロッパグランプリ 4月28日 ニュルブルクリンク   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
5   サンマリノグランプリ 5月5日 イモラ   ミハエル・シューマッハ   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
6   モナコグランプリ 5月19日 モナコ   ミハエル・シューマッハ   ジャン・アレジ   オリビエ・パニス   リジェ-無限ホンダ 詳細
7   スペイングランプリ 6月2日 バルセロナ   デイモン・ヒル   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
8   カナダグランプリ 6月16日 モントリオール   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
9   フランスグランプリ 6月30日 マニクール   ミハエル・シューマッハ   ジャック・ヴィルヌーヴ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
10   イギリスグランプリ 7月14日 シルバーストン   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
11   ドイツグランプリ 7月28日 ホッケンハイムリンク   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
12   ハンガリーグランプリ 8月11日 ハンガロリンク   ミハエル・シューマッハ   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
13   ベルギーグランプリ 8月25日 スパ・フランコルシャン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ゲルハルト・ベルガー   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
14   イタリアグランプリ 9月8日 モンツァ   デイモン・ヒル   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
15   ポルトガルグランプリ 9月22日 エストリル   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
16   日本グランプリ 10月13日 鈴鹿   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細

備考編集

1985年から最終戦としてアデレードで行われていたオーストラリアグランプリが、この年からメルボルンで開幕戦として行われた。

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ F310 フェラーリTipo046(V10 G 1. ミハエル・シューマッハ
2. エディ・アーバイン
 マイルドセブン・ベネトン・ルノー ベネトン B196 ルノーRS8(V10) G 3. ジャン・アレジ
4. ゲルハルト・ベルガー
 ロスマンズ・ウィリアムズ・ルノー ウィリアムズ FW18 ルノーRS8(V10) G 5. デイモン・ヒル
6. ジャック・ヴィルヌーヴ
 マールボロ・マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4/11 メルセデスFO110(V10) G 7. ミカ・ハッキネン
8. デビッド・クルサード
 リジェ・ゴロワーズ・ブロンド リジェ JS43 無限MF301HA(V10) G 9. オリビエ・パニス
10. ペドロ・ディニス
 ベンソン&ヘッジストタル・ジョーダン・プジョー ジョーダン 196 プジョーA12EV5(V10) G 11 ルーベンス・バリチェロ
12. マーティン・ブランドル
 レッドブル・ザウバー・フォード ザウバー C15 フォードZETEC-R(V10) G 14. ジョニー・ハーバート
15. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
 フットワーク・ハート フットワーク FA17 ハート830(V8 G 16. リカルド・ロセット
17. ヨス・フェルスタッペン
 ティレル・レーシングオーガナイゼーション ティレル 024 ヤマハOX11A(V10) G 18. 片山右京
19. ミカ・サロ
 ミナルディチーム ミナルディ M195B フォードED(V8) G 20. ペドロ・ラミー
21. ジャンカルロ・フィジケラ
(21.) タルソ・マルケス
(21.) ジョバンニ・ラバッジ
 フォルティ・コルセ フォルティ FG01B,FG03 フォードECA ZETEC-R(V8) G 22. ルカ・バドエル
23. アンドレア・モンテルミーニ

ドライバー変更編集

  • タルソ・マルケス - 第2戦ブラジルGPから第3戦アルゼンチンGPまでフィジケラの代役として出走
  • ジョバンニ・ラバッジ - 第11戦ドイツGPから第16戦日本GPまでフィジケラの代役として出走

1996年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
ポイント
1   デイモン・ヒル 1 1 1 4 1 Ret Ret 1 1 Ret 1 2 5 Ret 2 1 97
2   ジャック・ヴィルヌーヴ 2 Ret 2 1 11 Ret 3 2 2 1 3 1 2 7 1 Ret 78
3   ミハエル・シューマッハ Ret 3 Ret 2 2 Ret 1 Ret DNS Ret 4 9 1 1 3 2 59
4   ジャン・アレジ Ret 2 3 Ret 6 Ret 2 3 3 Ret 2 3 4 2 4 Ret 47
5   ミカ・ハッキネン 5 4 Ret 8 8 6 5 5 5 3 Ret 4 3 3 Ret 3 31
6   ゲルハルト・ベルガー 4 Ret Ret 9 3 Ret Ret Ret 4 2 13 Ret 6 Ret 6 4 21
7   デビッド・クルサード Ret Ret 7 3 Ret 2 Ret 4 6 5 5 Ret Ret Ret 13 8 18
8   ルーベンス・バリチェロ Ret Ret 4 5 5 Ret Ret Ret 9 4 6 6 Ret 5 Ret 9 14
9   オリビエ・パニス 7 6 8 Ret Ret 1 Ret Ret 7 Ret 7 5 Ret Ret 10 7 13
10   エディ・アーバイン 3 7 5 Ret 4 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret 11
11   マーティン・ブランドル Ret 12 Ret 6 Ret Ret Ret 6 8 6 10 Ret Ret 4 9 5 8
12   ハインツ=ハラルド・フレンツェン 8 Ret Ret Ret Ret 4 4 Ret Ret 8 8 Ret Ret Ret 7 6 7
13   ミカ・サロ 6 5 Ret DSQ Ret 5 DSQ Ret 10 7 9 Ret 7 Ret 11 Ret 5
14   ジョニー・ハーバート Ret Ret 9 7 Ret 3 Ret 7 DSQ 9 Ret Ret Ret 9 8 10 4
15   ペドロ・ディニス 10 8 Ret 10 7 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 6 Ret Ret 2
16   ヨス・フェルスタッペン Ret Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 8 Ret 11 1
-   片山右京 11 9 Ret DSQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 7 8 10 12 Ret 0
-   リカルド・ロセット 9 Ret Ret 11 Ret Ret Ret Ret 11 Ret 11 8 9 Ret 14 13 0
-   ジャンカルロ・フィジケラ Ret 13 Ret Ret Ret 8 Ret 11 0
-   ペドロ・ラミー Ret 10 Ret 12 9 Ret Ret Ret 12 Ret 12 Ret 10 Ret 16 12 0
-   ルカ・バドエル DNQ 11 Ret DNQ 10 Ret DNQ Ret Ret DNQ 0
-   ジョバンニ・ラバッジ DNQ 10 DNQ Ret 15 DNQ 0
-   アンドレア・モンテルミーニ DNQ Ret 10 DNQ DNQ DNS DNQ Ret Ret DNQ 0
-   タルソ・マルケス Ret Ret 0
順位 ドライバー AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

リタイアしたがレース距離の90%以上を走行していたため完走扱い

1996年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
ポイント
1   ウィリアムズ-ルノー 5 1 1 1 4 1 Ret Ret 1 1 Ret 1 2 5 Ret 2 1 175
6 2 Ret 2 1 11 Ret 3 2 2 1 3 1 2 7 1 Ret
2   フェラーリ 1 Ret 3 Ret 2 2 Ret 1 Ret DNS Ret 4 9 1 1 3 2 70
2 3 7 5 Ret 4 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret
3   ベネトン-ルノー 3 Ret 2 3 Ret 6 Ret 2 3 3 Ret 2 3 4 2 4 Ret 68
4 4 Ret Ret 9 3 Ret Ret Ret 4 2 13 Ret 6 Ret 6 4
4   マクラーレン-メルセデス 7 5 4 Ret 8 8 6 5 5 5 3 Ret 4 3 3 Ret 3 49
8 Ret Ret 7 3 Ret 2 Ret 4 6 5 5 Ret Ret Ret 13 8
5   ジョーダン-プジョー 11 Ret Ret 4 5 5 Ret Ret Ret 9 4 6 6 Ret 5 Ret 9 22
12 Ret 12 Ret 6 Ret Ret Ret 6 8 6 10 Ret Ret 4 9 5
6   リジェ-無限ホンダ 9 7 6 8 Ret Ret 1 Ret Ret 7 Ret 7 5 Ret Ret 10 7 15
10 10 8 Ret 10 7 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 6 Ret Ret
7   ザウバー-フォード 14 Ret Ret 9 7 Ret 3 Ret 7 DSQ 9 Ret Ret Ret 9 8 10 11
15 8 Ret Ret Ret Ret 4 4 Ret Ret 8 8 Ret Ret Ret 7 6
8   ティレル-ヤマハ 16 6 5 Ret DSQ Ret 5 DSQ Ret 10 7 9 Ret 7 Ret 11 Ret 5
17 11 9 Ret DSQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 7 8 10 12 Ret
9   フットワーク-ハート 18 Ret Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 8 Ret 11 1
19 9 Ret Ret 11 Ret Ret Ret Ret 11 Ret 11 8 9 Ret 14 13
-   ミナルディ-フォード 20 Ret 10 Ret 12 9 Ret Ret Ret 12 Ret 12 Ret 10 Ret 16 12 0
21 Ret Ret Ret 13 Ret Ret Ret 8 Ret 11 DNQ 10 DNQ Ret 15 DNQ
-   フォルティ-フォード 22 DNQ 11 Ret DNQ 10 Ret DNQ Ret Ret DNQ 0
23 DNQ Ret 10 DNQ DNQ DNS DNQ Ret Ret DNQ
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
ポイント
  • フォルティは第10戦イギリスGPを最後に撤退。

外部リンク編集