1996年のF1世界選手権

1996年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1995 翌年: 1997
一覧: 開催国 | 開催レース

1996年のF1世界選手権(1996ねんのエフワンせかいせんしゅけん)は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第47回大会である。1996年3月10日オーストラリアで開幕し、10月13日日本で開催される最終戦まで、全16戦で争われた。

1996年のF1世界選手権

シーズン概要編集

 
ウィリアムズ・FW18(ジャック・ヴィルヌーヴ)

過去2年チャンピオン争いをしていたウィリアムズデイモン・ヒルが3度目の正直にて悲願のワールドチャンピオンに輝いたシーズンである。2年連続でチャンピオンになったミハエル・シューマッハフェラーリ移籍や往年の名ドライバーのジル・ヴィルヌーヴの息子であり、前年のインディチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴのウィリアムズへの加入など、開幕前のストーブリーグの話題が大きかったシーズンでもあった。この年はウィリアムズのマシンが頭一つ抜きん出てる速さを見せ、チャンピオン争いはヒルとヴィルヌーヴというウィリアムズ同士の2人で争われ、往年の名ドライバーの2世対決としても話題を呼んだ。ドライバーズチャンピオンシップは最終戦までもつれたものの、ヴィルヌーヴのリタイアによって決勝レース中にヒルの初めての戴冠が決定し、父親のグラハム・ヒルに続く史上初の親子2代のF1ワールドチャンピオンが実現している。ウィリアムズは前年ベネトンに奪われたコンストラクターズチャンピオンシップの奪還にも成功したが、これは2位以下にダブルポイント差をつける圧勝であった。エンジンを供給しているルノー92年シーズンから続けて5連覇を達成し安定した強さを見せたものの、一方で翌97年シーズンまででのF1ワークス活動の停止を発表している。

主要チーム概要編集

ウィリアムズ編集

デイモン・ヒルがウィリアムズで4年目のシーズンを迎え、チームメイトにはかつてのフェラーリ伝説のドライバージル・ヴィルヌーヴの息子であるジャック・ヴィルヌーヴが加入した。ヴィルヌーヴは前年のアメリカCART選手権の現役チャンピオンとしてF1に参戦することになった。

この年のウィリアムズFW18は前年のFW17の信頼性に欠けた部分を改善し、レーキ角(マシンの前傾角度)を高めに設定し空力面でも新たな挑戦をしたマシンであったが、他チームのマシンより頭一つ抜け出た性能を発揮し、16戦にて12勝を挙げチーム史上シーズン最多勝を記録した。

注目されたヴィルヌーヴは開幕戦のオーストラリアGPでいきなりポールポジション(PP)を獲得すると、決勝でもファステストラップ(FL)を叩き出し、残り5周のところまでトップを走行するなど、あわやデビュー戦でのハットトリック(PP、FL、優勝)達成の快挙かと思われたが、オイル漏れが激しくなりペースを落とさざるを得ず、トップをヒルに譲っての2位表彰台でのデビューとなった。待ち望まれたヴィルヌーヴの初優勝はドイツ・ニュルブルクリンクで開催された第4戦ヨーロッパGPであった。ヴィルヌーヴは予選2位からのスタートであったが、PPのヒルがスタートに失敗するとトップを快走。ヒルはピット作業も長引いてしまい脱落する展開となり、フェラーリのシューマッハと互いにFLを出し合う激しいマッチレースとなったものの、最後は猛追を振り切ってトップでゴールをしている。

開幕から4戦目で順調に初優勝を成し遂げたヴィルヌーヴであったが、長くアメリカでレース活動を行っていたヴィルヌーヴにとってはF1で初めて走るコースも多く、加えてCARTのローリングスタートとF1のスタンディングスタートの違いや、F3時代以来というウェットコンディションでのレースなど、まだまだ習熟すべきポイントも多く、ドライバーズチャンピオンシップはヒルがリードする展開となった。ヒルは第9戦フランスGP終了時点までで6勝を積み上げ、ポイントでも25ポイントヴィルヌーヴをリードしたが、第10戦イギリスGPから流れが変わり始めた。

イギリスGPでヒルはタイヤトラブルから来る単独スピンにてリタイアを喫してしまうと、レースはヴィルヌーヴが今季2勝目を挙げる展開となり、ポイント差を一気に縮められ、ヒルにとっては痛いリタイアとなった。その後の第11戦ドイツGPはヒルが優勝したものの、第12戦ハンガリーGPから第15戦ポルトガルGPまでヴィルヌーブは4戦連続でヒルよりも前でゴールをし続け、ドライバーズチャンピオンシップはヒルが優位な立場にいたものの最後の一手を決めきれずに、9ポイントの差で最終戦の日本GPまでもつれることとなった。

最終戦の日本GPでのチャンピオン決定の条件は、ヴィルヌーヴは優勝が絶対条件であり、かつヒルが7位以下又はリタイア(無得点)にならない限りヴィルヌーヴの逆転戴冠はないという、ヒルにとっては絶対的に有利な状況であった。予選ではヴィルヌーヴがPPを獲得しプレッシャーをかけたものの、ヴィルヌーヴは決勝スタートにて大きく出遅れてしまい1コーナーでは7位まで順位を下げてしまう。ヒルは悠々とトップを堅持して周回を重ねる中、ヴィルヌーヴもファステストラップを叩き出して着実に順位を上げながら追撃をしていたが、37周目に入る1コーナーにて左リアタイヤが外れてしまうアクシデントが発生しその場でリタイアとなり、レース終了を待たずにヒルのチャンピオンが決定している。

ヴィルヌーヴはこの年チャンピオンにこそなれなかったものの、F1初挑戦の中で3PP4勝11度の表彰台をマークし、ドライバーズランキング2位に入って実力の片鱗を見せた。一方のヒルはシーズンで9PP8勝の成績を残し、過去2年シューマッハに競り負けていたドライバーズチャンピオンシップを3度目の正直にてようやく手にしている。また、このヒルの戴冠は父親であるグラハム・ヒルに続くF1史上初の親子2代チャンピオンということになった。ウィリアムズはチームでもコンストラクターズチャンピオンシップで2位以下にダブルポイント以上をつける圧勝にて制し、ドライバーとダブルタイトル獲得となった。

チャンピオン戴冠したヒルの放出編集

チャンピオンを決めたデイモン・ヒルであったが、翌シーズンの契約に関しては交渉がスムーズに進まず、逆にチームからイタリアGPを目前に控えた8月26日に解雇通告を受ける事態となった。このヒルの解雇劇はウィリアムズチームがルノー撤退後にBMWエンジンとのジョイントを狙っており、ドイツ人ドライバーとの契約を欲していた面があると言われている。ヒルの元には、プロストグランプリやジョーダン、スチュワートグランプリから複数年のオファーがあったものの、翌シーズンオフにマシンデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイが移籍をしたマクラーレンへの移籍を見越して、ヒル自身が単年契約を望んでいたことから、結局中堅のアロウズへ移籍することになった[1]。この解雇劇はヒルに信頼を寄せていたデザイナーのエイドリアン・ニューウェイの逆鱗に触れ(チームからは事前の相談もなかった)、チーム方針を巡って意見の不一致もあり、ニューウェイはウィリアムズと決別しマクラーレンへ移籍を決断[2][3]。1996年は結果的に影響はなかったものの、1997年のマシン設計とその完成を見届けると以降の開発作業には関わらないとして出社拒否。1997年はチーム側はニューウェイ不在のままシーズンを迎えることとなり、逆に両者は法廷闘争に発展。当時はニューウェイの移籍騒動という程度の認識であったが、これらが後々ウィリアムズにとって大きな影響を及ぼす事になる。

フェラーリ編集

ミハエル・シューマッハは2年連続チャンピオンとなったベネトンを去り、フェラーリへ移籍。当時のチーム力からすぐさまタイトル争いに加わるのは無理と言い切るも、「3勝」を目標にシーズンを迎えた。第7戦スペインGPで雨のレースの状況を生かして移籍後初優勝を達成。その後の第13戦ベルギーGPと第14戦イタリアGPでも勝利し、目標の3勝を挙げ、しっかりと公約を果たした。また、PPも第5戦サンマリノGPで今季初のPPを獲得し計4回記録。イタリア国内のレースで結果を残しティフォシの声にもこたえた。しかしながら、この年のフェラーリ・F310はギアボックスの信頼性不足も含め、マシントラブルも多く、リタイアも多かったが、シューマッハの活躍によって、1990年以来のコンストラクターズ2位を記録することとなった。

ベネトンの凋落編集

前年ダブルタイトル獲得を果たしたベネトンだったが、シューマッハと入れ替わる形で元フェラーリコンビのジャン・アレジゲルハルト・ベルガーが加入。しかし、後述のプロテクター装備の義務化への対応に失敗など、今季のマシン開発が不振に終わり、アレジ・ベルガー共々扱いに苦心したシーズンと言われている。アレジはサバイバルレースとなったモナコGPではトップ走行中のトラブルでリタイアを喫し、ベルガーもドイツGPで残り3周までトップを走りながらエンジンブローにてリタイアとなり、信頼性の問題もあった。チームのコンストラクターズ順位こそ3位で踏みとどまったが、両ドライバーが優勝まであと一歩手が届く所までは持ち込んだものの、結局1988年シーズン以来の未勝利で終わってしまっている。さらにこのシーズン終了後に、シューマッハを追うようにテクニカルディレクターのロス・ブラウンがフェラーリに移籍。チーフデザイナーのロリー・バーンも今年度を以てベネトンを去り、本人はそのままF1引退をするつもりであったが、フェラーリ陣営からの熱心な勧誘によりフェラーリ加入を決断。チームからのスタッフの流出が目立ち始め、チーム力は下降期に入った。

トピック編集

  • ルノーが1997年一杯でのワークスエンジン供給終了を発表。フランスGPではルノーエンジン搭載車が1 - 4位に入賞(ヒル-ヴィルヌーヴ-アレジ-ベルガー)。1987年イギリスGPのホンダエンジン以来となる快挙を地元で達成した。
  • この年サバイバルレースとなったモナコGPにおいて、オリビエ・パニスがチームに1981年カナダGP以来15年ぶりの優勝をもたらし、自身初優勝も達成。この勝利は無限ホンダにとっても初優勝となった。ただし、チームはシーズン終了後にアラン・プロストに買収され、新チームとして再スタートすることを発表(のちのプロスト・グランプリ)。この買収によって、1976年から参戦し続けたリジェのコンストラクターとしての歴史にも幕が閉じられることとなった。
  • マールボロはスポンサー契約をフェラーリへ一本化する意向に変更したことに伴い、マクラーレンとのスポンサー契約は今年度で終了することが決定。23年間続いたマールボロカラーのマクラーレンのマシンが今季が最後となった。
  • イタリアGPではシケインにタイヤバリアが設置されたが、決勝でトップ独走中のヒルが接触しリタイアするなど、アクシデントが続出した。
  • 直近の2年で多数の参戦があった日本人ドライバーであったが、この年は片山右京のみが参戦。しかし、ミカ・サロ中心となっていたチーム体制やマシン設計に加え(シャシー設計がサロを基準としていたため片山の体型に合っていなかったと言われている)、財政難によるマシン開発の進まなかったことの戦闘力不足により前年に続き低迷。エースドライバー待遇で迎えてくれたミナルディへと移籍することとなった。
  • ジャック・ヴィルヌーヴ、ジャンカルロ・フィジケラがデビュー。井上隆智穂がスポンサーの金銭トラブルで開幕戦を前に参戦中止。マーティン・ブランドルペドロ・ラミーがシーズン終了後に引退。アンドレア・モンテルミーニも結果的に今年度でF1を去ることとなった。コンストラクターとしては前年に登場したフォルティがシーズン中に撤退した。
  • この年よりメルセデス・ベンツが公式セーフティカーを諸費用含めて無償提供を開始[4]

レギュレーション変更編集

 
この年からコクピット開口部の左右にプロテクターを装着することが義務付けられた。ウィリアムズのFW18はプロテクターの端にフィンを設けることで高さを稼いでいる。
  • 予選が金曜1回目・土曜2回目の2セッション方式から、土曜日の1セッションのみとなった。スケジュール進行は金曜午前がフリー走行1、金曜午後がフリー走行2、土曜午前がフリー走行3、土曜午後が予選という順番になる。
  • ポールポジションタイムの107%をクリアできないドライバーは予選落ち(厳密には主催者側が予選時のコースコンディションやフリー走行でのラップタイムなどから、審議の上で決勝出場の可否を決定)とする「107%ルール」が導入された。
  • レーススタート時の信号表示が「赤点灯→緑点灯」というグリーンシグナル方式から、「赤5つ点灯→全消灯」というブラックアウト方式に変更された。
  • ドライバーの側頭部保護のためコックピットの横にプロテクターの装備が義務付けられたが、その形状に関してチームごとに解釈が分かれた。フェラーリやベネトンは規定通り大型のものを取り付けたが(「概要」のフェラーリ・F310の画像参照)、ウィリアムズやジョーダンはフィンで高さを稼ぎ、プロテクター部分を小型化した(本節の画像を参照)。この形状はリアウイングへの整流に影響し、ウィリアムズ勢の独走の要因にもなった。
  • カーナンバー制度が変更された。チャンピオン在籍チームが1・2番を付けるのは同じだが、それ以外は前年度のコンストラクターズランキング順となった。これによりティレルの3・4番、ウィリアムズの5・6番、アロウズの9・10番、フェラーリの27・28番、ザウバーの29・30番といった馴染みの持ち番号が見られなくなった。(ただし、この年のウィリアムズは、チャンピオンのシューマッハがフェラーリへ移籍したことやそれに合わせてコンストラクターズランキング順に若い番号が割り当てられていったため、結果的にウィリアムズはカーナンバーは5・6が割り当てられることとなり、馴染みの番号となった)。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   オーストラリアグランプリ 3月10日 メルボルン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
2   ブラジルグランプリ 3月31日 インテルラゴス   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
3   アルゼンチングランプリ 4月7日 ブエノスアイレス   デイモン・ヒル   ジャン・アレジ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
4   ヨーロッパグランプリ 4月28日 ニュルブルクリンク   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
5   サンマリノグランプリ 5月5日 イモラ   ミハエル・シューマッハ   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
6   モナコグランプリ 5月19日 モナコ   ミハエル・シューマッハ   ジャン・アレジ   オリビエ・パニス   リジェ-無限ホンダ 詳細
7   スペイングランプリ 6月2日 バルセロナ   デイモン・ヒル   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
8   カナダグランプリ 6月16日 モントリオール   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
9   フランスグランプリ 6月30日 マニクール   ミハエル・シューマッハ   ジャック・ヴィルヌーヴ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
10   イギリスグランプリ 7月14日 シルバーストン   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
11   ドイツグランプリ 7月28日 ホッケンハイムリンク   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細
12   ハンガリーグランプリ 8月11日 ハンガロリンク   ミハエル・シューマッハ   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
13   ベルギーグランプリ 8月25日 スパ・フランコルシャン   ジャック・ヴィルヌーヴ   ゲルハルト・ベルガー   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
14   イタリアグランプリ 9月8日 モンツァ   デイモン・ヒル   ミハエル・シューマッハ   ミハエル・シューマッハ   フェラーリ 詳細
15   ポルトガルグランプリ 9月22日 エストリル   デイモン・ヒル   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   ウィリアムズ-ルノー 詳細
16   日本グランプリ 10月13日 鈴鹿   ジャック・ヴィルヌーヴ   ジャック・ヴィルヌーヴ   デイモン・ヒル   ウィリアムズ-ルノー 詳細

備考編集

1985年から最終戦としてアデレードで行われていたオーストラリアグランプリが、この年からメルボルンで開幕戦として行われた。

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ F310 フェラーリTipo046(V10 G 1. ミハエル・シューマッハ
2. エディ・アーバイン
 マイルドセブン・ベネトン・ルノー ベネトン B196 ルノーRS8(V10) G 3. ジャン・アレジ
4. ゲルハルト・ベルガー
 ロスマンズ・ウィリアムズ・ルノー ウィリアムズ FW18 ルノーRS8(V10) G 5. デイモン・ヒル
6. ジャック・ヴィルヌーヴ
 マールボロ・マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4/11 メルセデスFO110(V10) G 7. ミカ・ハッキネン
8. デビッド・クルサード
 リジェ・ゴロワーズ・ブロンド リジェ JS43 無限MF301HA(V10) G 9. オリビエ・パニス
10. ペドロ・ディニス
 ベンソン&ヘッジストタル・ジョーダン・プジョー ジョーダン 196 プジョーA12EV5(V10) G 11 ルーベンス・バリチェロ
12. マーティン・ブランドル
 レッドブル・ザウバー・フォード ザウバー C15 フォードZETEC-R(V10) G 14. ジョニー・ハーバート
15. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
 フットワーク・ハート フットワーク FA17 ハート830(V8 G 16. リカルド・ロセット
17. ヨス・フェルスタッペン
 ティレル・レーシングオーガナイゼーション ティレル 024 ヤマハOX11A(V10) G 18. 片山右京
19. ミカ・サロ
 ミナルディチーム ミナルディ M195B フォードED(V8) G 20. ペドロ・ラミー
21. ジャンカルロ・フィジケラ
(21.) タルソ・マルケス
(21.) ジョバンニ・ラバッジ
 フォルティ・コルセ フォルティ FG01B,FG03 フォードECA ZETEC-R(V8) G 22. ルカ・バドエル
23. アンドレア・モンテルミーニ

ドライバー変更編集

  • タルソ・マルケス - 第2戦ブラジルGPから第3戦アルゼンチンGPまでフィジケラの代役として出走
  • ジョバンニ・ラバッジ - 第11戦ドイツGPから第16戦日本GPまでフィジケラの代役として出走

1996年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
ポイント
1   デイモン・ヒル 1 1 1 4 1 Ret Ret 1 1 Ret 1 2 5 Ret 2 1 97
2   ジャック・ヴィルヌーヴ 2 Ret 2 1 11 Ret 3 2 2 1 3 1 2 7 1 Ret 78
3   ミハエル・シューマッハ Ret 3 Ret 2 2 Ret 1 Ret DNS Ret 4 9 1 1 3 2 59
4   ジャン・アレジ Ret 2 3 Ret 6 Ret 2 3 3 Ret 2 3 4 2 4 Ret 47
5   ミカ・ハッキネン 5 4 Ret 8 8 6 5 5 5 3 Ret 4 3 3 Ret 3 31
6   ゲルハルト・ベルガー 4 Ret Ret 9 3 Ret Ret Ret 4 2 13 Ret 6 Ret 6 4 21
7   デビッド・クルサード Ret Ret 7 3 Ret 2 Ret 4 6 5 5 Ret Ret Ret 13 8 18
8   ルーベンス・バリチェロ Ret Ret 4 5 5 Ret Ret Ret 9 4 6 6 Ret 5 Ret 9 14
9   オリビエ・パニス 7 6 8 Ret Ret 1 Ret Ret 7 Ret 7 5 Ret Ret 10 7 13
10   エディ・アーバイン 3 7 5 Ret 4 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret 11
11   マーティン・ブランドル Ret 12 Ret 6 Ret Ret Ret 6 8 6 10 Ret Ret 4 9 5 8
12   ハインツ=ハラルド・フレンツェン 8 Ret Ret Ret Ret 4 4 Ret Ret 8 8 Ret Ret Ret 7 6 7
13   ミカ・サロ 6 5 Ret DSQ Ret 5 DSQ Ret 10 7 9 Ret 7 Ret 11 Ret 5
14   ジョニー・ハーバート Ret Ret 9 7 Ret 3 Ret 7 DSQ 9 Ret Ret Ret 9 8 10 4
15   ペドロ・ディニス 10 8 Ret 10 7 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 6 Ret Ret 2
16   ヨス・フェルスタッペン Ret Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 8 Ret 11 1
-   片山右京 11 9 Ret DSQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 7 8 10 12 Ret 0
-   リカルド・ロセット 9 Ret Ret 11 Ret Ret Ret Ret 11 Ret 11 8 9 Ret 14 13 0
-   ジャンカルロ・フィジケラ Ret 13 Ret Ret Ret 8 Ret 11 0
-   ペドロ・ラミー Ret 10 Ret 12 9 Ret Ret Ret 12 Ret 12 Ret 10 Ret 16 12 0
-   ルカ・バドエル DNQ 11 Ret DNQ 10 Ret DNQ Ret Ret DNQ 0
-   ジョバンニ・ラバッジ DNQ 10 DNQ Ret 15 DNQ 0
-   アンドレア・モンテルミーニ DNQ Ret 10 DNQ DNQ DNS DNQ Ret Ret DNQ 0
-   タルソ・マルケス Ret Ret 0
順位 ドライバー AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
完走扱い(全周回数の90%以上走行)
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
欠場 (WD)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

リタイアしたがレース距離の90%以上を走行していたため完走扱い

1996年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
ポイント
1   ウィリアムズ-ルノー 5 1 1 1 4 1 Ret Ret 1 1 Ret 1 2 5 Ret 2 1 175
6 2 Ret 2 1 11 Ret 3 2 2 1 3 1 2 7 1 Ret
2   フェラーリ 1 Ret 3 Ret 2 2 Ret 1 Ret DNS Ret 4 9 1 1 3 2 70
2 3 7 5 Ret 4 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret
3   ベネトン-ルノー 3 Ret 2 3 Ret 6 Ret 2 3 3 Ret 2 3 4 2 4 Ret 68
4 4 Ret Ret 9 3 Ret Ret Ret 4 2 13 Ret 6 Ret 6 4
4   マクラーレン-メルセデス 7 5 4 Ret 8 8 6 5 5 5 3 Ret 4 3 3 Ret 3 49
8 Ret Ret 7 3 Ret 2 Ret 4 6 5 5 Ret Ret Ret 13 8
5   ジョーダン-プジョー 11 Ret Ret 4 5 5 Ret Ret Ret 9 4 6 6 Ret 5 Ret 9 22
12 Ret 12 Ret 6 Ret Ret Ret 6 8 6 10 Ret Ret 4 9 5
6   リジェ-無限ホンダ 9 7 6 8 Ret Ret 1 Ret Ret 7 Ret 7 5 Ret Ret 10 7 15
10 10 8 Ret 10 7 Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 6 Ret Ret
7   ザウバー-フォード 14 Ret Ret 9 7 Ret 3 Ret 7 DSQ 9 Ret Ret Ret 9 8 10 11
15 8 Ret Ret Ret Ret 4 4 Ret Ret 8 8 Ret Ret Ret 7 6
8   ティレル-ヤマハ 16 6 5 Ret DSQ Ret 5 DSQ Ret 10 7 9 Ret 7 Ret 11 Ret 5
17 11 9 Ret DSQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 7 8 10 12 Ret
9   フットワーク-ハート 18 Ret Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 8 Ret 11 1
19 9 Ret Ret 11 Ret Ret Ret Ret 11 Ret 11 8 9 Ret 14 13
-   ミナルディ-フォード 20 Ret 10 Ret 12 9 Ret Ret Ret 12 Ret 12 Ret 10 Ret 16 12 0
21 Ret Ret Ret 13 Ret Ret Ret 8 Ret 11 DNQ 10 DNQ Ret 15 DNQ
-   フォルティ-フォード 22 DNQ 11 Ret DNQ 10 Ret DNQ Ret Ret DNQ 0
23 DNQ Ret 10 DNQ DNQ DNS DNQ Ret Ret DNQ
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
BRA
 
ARG
 
EUR
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
ポイント
  • フォルティは第10戦イギリスGPを最後に撤退。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「デイモン・ヒルインタビュー」『GP CAR STORY』Vol.23 アロウズA18・ヤマハ、三栄書房、 78頁。
  2. ^ GPX(F1 Grand Prix Xpress)』 BELGIUM GP 山海堂、30-31頁、1997年。
  3. ^ 「質問があるなら直に訊け:フランク・ウィリアムズ」『F1 RACING 日本版』2008年7月号、三栄書房、 36頁。
  4. ^ メルセデス、2018年仕様のセーフティカーを発表 Formula Web 2018年3月21日。

外部リンク編集