メインメニューを開く

ジョーン・シェパード(Joan Shepherd、1944年9月5日-)は、アメリカ人の女性歌手タレント。日本で成功した外国人タレントの一人。

経歴編集

1960年代にグレン・ミラー・オーケストラの専属歌手をするなど、アメリカのショー・ビジネスの世界で活動していたが、1971年にレコード発売された「サマー・クリエーション Summer Creation」(夏の日の出逢い)が大ヒット、日本で有名になった。 「サマー・クリエーション」は化粧品マックスファクターのテレビCMソングでもあった。「サマー・クリエーション」の歌詞は英語だが、次のヒット曲「白い想い出」では日本語の歌詞を歌っている。

1972年に歌手の千昌夫と結婚、夫婦でいくつかの有名企業のテレビCMに出演した。千昌夫のヒット曲のひとつ「味噌汁の詩」(1980年)の台詞部分の中に「金髪?きん・・・金髪だけはいいんじゃないべかねえ」とあるのは、白人妻ジョーン・シェパードを前提としたギャグである。

また、人気テレビ番組『新婚さんいらっしゃい!』のアシスタント司会を1978年から1981年までつとめていた。アシスタント司会者としては江美早苗梓みちよに次ぐ第3代。第4代は片平なぎさである。なお「新婚-」の「ペアマッチ」でシェパードは毎回、ルール説明を英語で行っていたほか、開けたパネルの番号も英語でコールしていた。

千昌夫の女性関係のため1988年に離婚。慰謝料として千から分与された東京広尾の家屋は、名義の問題から後に立ち退くことになる。離婚やこの家屋のことは、当時テレビや週刊誌で何度も報道された。

家屋を立ち退いた後は日本を離れて、現在はハワイ在住。

出演していた番組編集