メインメニューを開く

千 昌夫(せん まさお、本名:阿部 健太郎(あべ けんたろう)、1947年4月8日 - )は、日本演歌歌手実業家[1]。血液型はO型。

千 昌夫
出生名 阿部 健太郎
生誕 (1947-04-08) 1947年4月8日(71歳)
出身地 岩手県の旗岩手県陸前高田市
学歴 水沢第一高等学校中退
ジャンル 演歌
職業 演歌歌手
活動期間 1965年 -
レーベル ミノルフォン→徳間ジャパン
事務所 第一プロダクション→(有)ジュクネン      
共同作業者 遠藤実
公式サイト 千昌夫 公式ウェブサイト

目次

来歴編集

岩手県陸前高田市出身。農家の次男に生まれた。父親を小学校4年の時に亡くした。1965年作曲家遠藤実に入門。同年9月5日、「君が好き」でデビュー。「星影のワルツ」(1966年3月24日発売)が1967年秋頃より大ヒット、ミリオンセラーとなり[1]、1968年『NHK紅白歌合戦』に初出場する。その後「君がすべてさ」、「アケミという名で十八で」「懐かしの人」などが10万枚を超えるヒットとなる。

1972年、アメリカ人歌手ジョーン・シェパードと結婚し、松下電器(現・パナソニック)のパナカラー・クイントリックス[1]いすゞ自動車アスカ象印マホービンのCMに夫婦で出演したが、1988年に離婚した。後に18歳年下の外国人女性(アマンダ夫人)と再婚し、3人の子供をもうける。次女のダニエラは2009年9月に芸能界にデビューしている[2]

1979年、1977年4月5日発売の「北国の春」が大ヒット[3]、二作目のミリオンセラーとなり[1]第21回日本レコード大賞ロングセラー賞受賞。その他に「望郷酒場」「夕焼け雲」「味噌汁の詩」「津軽平野」などのヒット曲も生まれ、歌手としての黄金時代を迎える。

1970年仙台市郊外にある五万坪の山林を四千万円で購入した[1]。その後、東北新幹線の着工決定も手伝い、その土地を含めた周辺が市街化区域に編入されたことで地価は十倍にも上昇した。このことがきっかけとなり、1972年には「アベインターナショナル」を設立。次第に不動産業に傾倒するようになり、やがてバブル期には歌手を休業し不動産業に専念した。この時期「歌う不動産王」「ホテル王」と呼ばれるほど、世界各地にマンションやビルなどを所有していた。一時はホノルルの殆どのホテルが千昌夫の持ち物と揶揄されるほどで、物真似でもよく「おら金もってんどー」というネタが使われたが、1991年バブル崩壊とともに借金が膨れ上がり、2000年2月4日に個人事務所「アベインターナショナル」は経営破綻した(東京地裁特別清算を申請、負債総額は1,034億円)。

1991年3月「おやじ先生」をリリースし、歌手活動を再開する。以降デュエット曲を発表するなど積極的な姿勢を見せているが、「北国の春」のヒット以来1986年まで連続出場してきたNHK紅白歌合戦にも1989年を最後に落選(その後2011年にカムバック)。近年は大きなヒットもないが、代名詞とも言える「星影のワルツ」「北国の春」「望郷酒場」などは国民的愛唱歌として歌番組で歌われ続けている。

上記「-インターナショナル」社の債務を個人保証していたことから、最盛期には3,000億円を超える借金を抱えていた。なお、その殆どは旧長銀からの借り入れであった。その後、同行の経営破綻と一時国有化による公的資金投入で借金は1,000億円程度に棒引きされたが、それでも個人で返済可能な金額を遙かに上回るものであった。そのため、個人向け民事再生法を適用して2002年、「6年間で約1億5,000万円を返済すればよい」という形で一応の決着を見た。

2011年3月11日に起きた東日本大震災に対するジャッキー・チェンが発起人となった香港でのチャリティーイベントにエリック・ツァンアンディ・ラウリッチー・レンアグネス・チャン中村雅俊AKB48前田亜美梅田彩佳松井咲子らと参加[4]、このイベントには義捐金2億9000万円が集まった[5]

エピソード編集

歌手活動編集

  • 大ヒット曲「北国の春」は発売当初の売れ行きは低調だったが(1977年度オリコン年間シングルチャート139位)、同曲を歌い続け、1978年(同年度オリコン年間シングルチャート55位)、1979年の紅白で歌った結果じりじりと売れ始め、1979年度オリコン年間シングルチャート5位の超ロングヒットとなった。
  • 「北国の春」をテレビで披露する際は、よれよれのレインコートと古びた中折れ帽、丸縁の眼鏡、長靴、手ぬぐいを着用し、くたびれたトランクを提げるという奇抜なスタイルで歌唱していた。師匠である遠藤実からは「みっともないから止めろ」と言われていたが、それにも関わらず千は、「演歌歌手は滅多にテレビに出られないから、出た以上は目立たなくちゃ」とこの格好で歌い続けた。
  • ユニークなフレーズを織り込むこともあり、「味噌汁の詩」冒頭では、息で唇を震わせる音(「あっぷるるー」)を入れたり、その前のシングル「ふるさとの祭り」では、冒頭に「ガガニコニンニン」という千の掛け声が織り込まれている。

バブル期編集

  • 人気絶頂時に超高級車ロールス・ロイスを所有していたが、真夏の暑い時でもクーラーは切ったまま運転していたという。
  • 子息が通学していた横浜インターナショナルスクール、「セント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジ」が経営難で廃校されることになった際には、廃校反対デモに参加した。
  • 千の事業はホテルや不動産投資が有名だが、その他にも居酒屋も経営しており、「安くて旨い」と業界内外を問わず評判が高く、かなりの繁盛であったが前述の借金から店を閉めざるを得なくなった。
  • 不動産投資の失敗で膨れ上がった借金について、「利子は一日5,000万円です」と本人が困った様子もなく、開き直ったようなコメントを当時のテレビ番組で語っている。
  • マスコミの借金報道が過熱した結果、「俺はマスコミのおもちゃじゃない。男は余計なことをしゃべらない!」と激怒。以来しばらく、マスコミとは距離を置いていた。
  • 陸前高田市には「キャピタルホテル1000」という千昌夫が関与したホテルが存在するが2011年の東日本大震災により被災、犠牲者こそ出なかったものの営業を停止した[6]。その後ホテルは同じ名称のまま、別の場所で営業を再開したが[7]、千は2000年にホテルの経営から手を引いており、再オープンには一切関与していない。

その他編集

  • トレードマークの額のほくろはものまねタレントのコロッケが頻繁に真似ていたが、2000年に開運の意味も込めてレーザー手術で除去している。その後細木数子にほくろは取らないほうがよかったと指摘されている。なおコロッケはその後もほくろありの千昌夫の真似をしている。
  • 高校中退から1965年以前まで北海道岩見沢市にて同郷の左官業者のもとで左官職人志望として働いていた時期がある。
  • プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスファンクラブ名誉会員(会員No.7)。
  • インコを数羽と烏骨鶏を飼っている大の愛鳥家で、地方公演では楽屋にも連れて行き、2018年4月2日放送の徹子の部屋ではスタジオにも連れてきていた。

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1968年(昭和43年)/第19回 星影のワルツ 03/23 ペギー葉山 初出場
1969年(昭和44年)/第20回 2 君がすべてさ 02/23 いしだあゆみ
1970年(昭和45年)/第21回 3 心の旅路 10/24 小川知子
1971年(昭和46年)/第22回 4 わが町は緑なりき 19/25 渚ゆう子
1977年(昭和52年)/第28回 5 北国の春 12/24 和田アキ子 6年ぶりの出場
1978年(昭和53年)/第29回 6 北国の春(2回目) 13/24 和田アキ子(2)
1979年(昭和54年)/第30回 7 北国の春(3回目) 18/23 小林幸子
1980年(昭和55年)/第31回 8 味噌汁の詩 20/23 森昌子
1981年(昭和56年)/第32回 9 望郷酒場 05/22 松田聖子
1982年(昭和57年)/第33回 10 北国の春(4回目) 11/22 島倉千代子
1983年(昭和58年)/第34回 11 夕焼け雲 08/21 牧村三枝子
1984年(昭和59年)/第35回 12 津軽平野 03/20 高田みづえ
1985年(昭和60年)/第36回 13 あんた 03/20 テレサ・テン
1986年(昭和61年)/第37回 14 望郷旅鴉 16/20 松原のぶえ
1989年(平成元年)/第40回 15 北国の春(5回目) 第1部に出演 (対戦相手なし) 3年ぶりの出場
2011年(平成23年)/第62回 16 北国の春(6回目) 16/25 平原綾香 22年ぶりの出場
  • 対戦相手の歌手名の(  )内の数字はその歌手との対戦回数。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

音楽編集

シングル編集

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲
1960年代
1 1965年
9月5日
君が好き 若山かほる 遠藤実 只野通泰
2 1965年
12月5日
若い恋人たち 山口あかり 遠藤実 只野通泰
3 1966年
3月24日
君ひとり[8] 遠藤実 只野通泰
4 1968年
7月10日
青い月の恋 遠藤実 只野通泰
5 1968年
12月1日
君がすべてさ 稲葉爽秋 遠藤実 只野通泰
6 1969年
5月1日
涙のとなり 沢みね登 遠藤実 只野通泰
7 1969年
9月1日
懐かしの人 有馬三恵子 三木たかし
8 1969年
11月1日
花のワルツ 白鳥園枝 遠藤実 只野通泰
1970年代
9 1970年
4月21日
俺だって君だって 星野哲郎 叶弦大 成田征英
10 1970年
8月10日
心の旅路 太田ゆきお 吉田博久 B.Summers
11 1971年
2月1日
なみだ川 なかにし礼 遠藤実 河合英郎
12 1971年
6月1日
わかれ 遠藤実 斉藤恒夫
13 1971年
9月2日
わが町は緑なりき 阿久悠 平尾昌晃 小谷充
14 1972年
4月10日
あきらめの朝 井沢満
平尾昌晃
平尾昌晃 馬飼野俊一
15 1973年
2月25日
アケミという名で十八で 西沢爽 遠藤実 只野通泰
16 1973年
9月1日
焼けぼっくいに火がついた 西沢爽 遠藤実 只野通泰
17 1973年
12月1日
ゆうべの女によろしくな 西沢爽 遠藤実 斉藤恒夫
18 1974年
4月1日
ほんとのアケミを知らないか 西沢爽 遠藤実 只野通泰
19 1974年
10月1日
嘆きのボス なかにし礼 遠藤実 斉藤恒夫
20 1976年
3月20日
夕焼け雲 横井弘 一代のぼる 馬場良
21 1976年
10月1日
流れ雲 横井弘 一代のぼる 京建輔
22 1977年
4月5日
北国の春 いではく 遠藤実 京建輔
23 1977年
11月10日
さよなら三角また来て四角 喜多條忠 徳久広司 京建輔
24 1978年
3月1日
呂宋助左の歌 吉秋雅規 遠藤実 斉藤恒夫
25 1978年
10月21日
与作 七沢公典 薗広昭
26 1978年
12月20日
めざしのコンチェルト 中山大三郎 若草恵
27 1979年
9月5日
男の哀歌 いではく 遠藤実 薗広昭
1980年代
28 1980年
7月1日
ふるさとの祭り いではく 遠藤実 斉藤恒夫
29 1980年
11月5日
味噌汁の詩[9] 中山大三郎 若草恵
30 1981年
9月1日
望郷酒場 里村龍一 桜田誠一 京建輔
31 1984年
3月25日
津軽平野 吉幾三 京建輔
32 1985年
4月25日
あんた 吉幾三 京建輔
33 1986年
5月25日
望郷旅鴉 里村龍一 森山慎也 京建輔
1990年代
34 1991年
3月1日
おやじ先生 いではく 遠藤実 馬場良
35 1993年
6月25日
めおとの旅[10] いではく 千昌夫 薗広昭
36 1994年
4月25日
夢追い人 荒木とよひさ 杉本真人 川村栄二
37 1994年
12月21日
上野に五時半[11] S.JUNIOR 金田一郎 丸山雅仁
金田一郎
38 1995年
6月25日
ふるさとの四季をうたう 遠藤実 野村豊
39 1996年
7月24日
きんぴら 木下龍太郎 あらい玉英 竜崎孝路
40 1998年
1月21日
酒暦 坂口照幸 佐瀬寿一 川村栄二
41 1998年
11月25日
やいま 宮城衛 京建輔
42 1999年
7月21日
夢のしずく 星野哲郎 叶弦大 馬場良
2000年代
43 2000年
8月22日
あした天気になーれ[12] もず唱平 大谷明裕 伊戸のりお
44 2000年
9月27日
屋台 万城たかし 高野かつみ 若草恵
45 2001年
10月23日
帰ってきたヨ アベ・イチロー 杉原里史 池多孝春
46 2002年
8月21日
人生ふたり旅 いではく 弦哲也 前田俊明
47 2005年
10月5日
若き日の歌 いではく 遠藤実 伊戸のりお
48 2007年
2月21日
還暦祝い唄 神谷まみ 池多孝春
49 2009年
8月5日
おふくろ さいとう大三 泉八汐 池多孝春
2010年代
50 2011年
11月2日
いっぽんの松 喜多條忠 船村徹 蔦将包
51 2014年
4月2日
長持祝い唄 横内淳 丸山雅仁
52 2016年
5月25日
古希祝い いではく 千昌夫 岩上峰山

主な出演番組編集

他多数

CM編集

パチンコ編集

  • CR北国の春 - 藤商事 大当たりの映像で、妻のアマンダ夫人と共演している

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 千昌夫の教訓”. 2011年4月3日閲覧。
  2. ^ 千昌夫の娘・ダニエラも登場 モデル12人が渋谷パレード”. 朝日新聞 (2009年10月1日). 2011年4月3日閲覧。
  3. ^ 河北春秋”. 河北新報 (2011年3月29日). 2011年4月3日閲覧。
  4. ^ 香港スターの日本応援イベント、義援金2億円集める”. サーチナ (2011年4月2日). 2011年4月3日閲覧。
  5. ^ ジャッキー発起イベントで2億9000万円”. サンケイスポーツ (2011年4月3日). 2011年4月3日閲覧。
  6. ^ 東日本大震災に関するお知らせ”. キャピタルホテル1000 (2011年3月12日). 2011年4月3日閲覧。
  7. ^ キャピタルホテル1000
  8. ^ B面の「星影のワルツ」は、2年後の1968年にA面として再リリースされた。
  9. ^ 珍道中の「みそ汁の詩」のカバー。
  10. ^ 阿部三登里とのデュエット。
  11. ^ コロッケとのデュエット。
  12. ^ 八代亜紀とのデュエット。

関連項目編集

先代:
玉置宏
(1958年5月 - 1977年8月)
ロッテ 歌のアルバムシリーズ 司会者
2代目(1977年8月 - 1979年3月)
千昌夫
小島一慶
次代:
村野武範
(1985年4月 - 1986年5月)

外部リンク編集