片平なぎさ

日本の女優 (1959-)

片平 なぎさ(かたひら なぎさ、1959年7月12日 - )は、日本女優タレント。元アイドル歌手[1]東京都品川区二葉町出身[2]血液型はO型。ホリプロ所属。

かたひら なぎさ
片平 なぎさ
本名 片平 なぎさ
生年月日 (1959-07-12) 1959年7月12日(64歳)
出生地 日本の旗 日本東京都品川区[1]
身長 167 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
配偶者 なし(独身)
主な作品
テレビドラマ
大空港
スチュワーデス物語[1]
小京都ミステリー』シリーズ
赤い霊柩車シリーズ
Ns'あおい
凪のお暇
映画
トリック劇場版2
テンプレートを表示

略歴 編集

東京都品川区に生まれ[2]、不動産会社経営の両親、姉の4人家族の中で育つ。生後まもなく富山県高岡市[2]新潟県糸魚川市筒石[2]福島県福島市と一家は引っ越しを繰り返し[2]、なぎさの保育園入園と同時に東京品川に戻った[2]。小学校入学と同時に大田区六郷へ転居し[2]高畑小学校に通うが、一年の一学期で品川区中延へ転居したため[2]、中延小学校へ転校。どこへ行っても転校生といじめられ毎日泣いた[2]。友達を作る機会はほぼなく[2]、両親が共働きのカギっ子で、唯一の楽しみは手のり文鳥と遊ぶことだったという[2]。大人になったら、学校帰りに優しく声をかけてくれるみどりのおばさんになろうと思っていた[2]。あまりの寂しさに耐えられず、小学3年生のとき、母親に抗議し、母は仕事を辞めて家にいてくれるようになった[2]。のち区立荏原第二中学校に進学。堀越高等学校卒業。

1974年日本テレビのオーディション番組『スター誕生!』に出演し合格[1][3]1975年東芝から「純愛」で、当初はアイドル歌手としてデビュー[4]。同年に「美しい契り」で第17回日本レコード大賞新人賞、新宿音楽祭銀賞などを受賞した。

歌手デビューの1975年、映画『青い山脈』で女優デビュー。その3年後には歌手活動を休止し本格的に女優業へ転向[4][1]。ホリプロからは山口百恵二世として期待された[5]。ヒットドラマ『スチュワーデス物語』(1983年 - 1984年)では、当時ホリプロの後輩で主人公役を務めた堀ちえみをいじめる悪女役を演じ一躍評判となる[1]。だが、若者世代を中心に高視聴率だったこともあり、この時期は街を歩けば揶揄されるなど苦悩している。

1990年代から、清楚感溢れる聡明な女性や、気丈で正義感の強い女性探偵役が増え始める。『火曜サスペンス劇場』(日本テレビ)の『小京都ミステリー』シリーズ、『山村美紗サスペンス 赤い霊柩車シリーズ』(フジテレビ)、『土曜ワイド劇場』(テレビ朝日)の『子づくり旅行』シリーズなど2時間ドラマの主演シリーズが多数続いた。以降「2時間ドラマの女王」等の異名で知られるようになる[1][3][4][6]

1989年、『わたしは女優・貞奴恋の漫遊記』で舞台デビュー。以後、2000年まで年一度のペースで1ヶ月の座長公演をこなしつつ、女優としてはテレビドラマを中心に活動し、映画から遠ざかっていた。しかし、『TRICK-劇場版2-』(2006年)にて、『瞳の中の訪問者』(1977年)以来、29年ぶりの映画出演を果たした[6]

トーク番組新婚さんいらっしゃい!』(朝日放送〈現:朝日放送テレビ〉制作・テレビ朝日系)では、1981年11月15日から1992年5月17日までの10年半にわたり、桂三枝(現・六代桂文枝)の4代目アシスタントを務めた[1]。番組アシスタントとしては、事務所の後輩である山瀬まみ2008年1月6日放送分で更新するまで最長出演を記録。女優メインの活動の中では異例の長期起用で人気も高かったが、これ以外に司会の仕事は少ない。

2023年3月、『赤い霊柩車』(フジテレビ)シリーズの終了をもって2時間ドラマの主演が全てなくなった。

人物 編集

  • 2時間ドラマの女王として君臨し、同事務所である船越英一郎とも多数の2時間ドラマで共演していたが、2001年の松居一代との結婚後は、2時間ドラマでの共演はなくなっている。
  • 数多くの2時間サスペンス / ミステリードラマで主役を務めた片平が、かつて唯一出演経験がなかったのがテレビ東京系列の水曜21時枠であった。しかし、2007年2月28日水曜ミステリー9『黒い骨』の主演を果たし、5大基幹局全ての2時間ミステリードラマ枠での主演を達成(ライバルの船越は先に達成)。なお、テレビ東京系列で特別番組として不定期に制作されていた長編ドラマ作品への出演はこれよりも約15年早い。1992年11月16日放送分の『プレイガール'92・黒真珠殺人事件』にて主演を務めているため、片平にとってはこの作品が事実上テレビ東京系列における2時間サスペンスドラマの初主演である。
  • デビューのきっかけになった『スター誕生!』は、応募していた同級生が出場直前で怖気づき、「勝手に欠席したら怒られる」とみなで熟考した結果、学芸会でミュージカルの主役経験があった片平が代役にふさわしいという経緯で出場。優勝したものの、父親が芸能界入りに大反対で一度は辞退している。しかし、森昌子山口百恵など、過去の優勝者が芸能界で活躍していることを鑑み、「3年やってみて」という約束で歌手デビューをした。
  • 本人曰く歌は嫌いだという。「歌が下手」「衣装がおかしい」と客は捉えていると疑心暗鬼になり、徹底したネガティブ思考に陥った。仕事場までは常に足取りが重かったという[4]。歌手と俳優業を並行していくうちに芝居への適性を自覚し、のちに本格的に俳優業へ転向した。
  • 青い山脈』で映画デビューした際、作品を作り上げる過程の楽しさ、自分とは違う人間になれることに気づいたという。約束の3年が終わり、芝居の道に進む決心をするが、当時ホリプロには俳優専門スタッフがおらず退社も覚悟していた。しかし、片平の行動をきっかけに社内でドラマ専門のセクションが設立され晴れて女優に転身する。
  • 柔和な人柄で知られ[4]、学生時代を知る人は「真面目で勉強もよくできた」と口を揃える。大成した現在でもファンやスタッフ、投宿先の従業員にまで挨拶や気遣いを欠かさないという。
  • スチュワーデス物語』出演時は、劇中の名シーンのひとつである「歯で手袋を脱ぎ、義手を見せつける」シーンなど、役柄の非情さも相まって、生々しく恐ろしいイメージが定着。そのため街を歩く際や撮影中には、「魔女」「バケモノ」と罵詈雑言を浴びせられ、さらには石を投げられるなど暴行を受け苦悩した[4]。しかし、共演する若手から「(『スチュワーデス物語』を)観てました」と声をかけられることが増え、会話のきっかけになることも多い。今では「出演して良かったと実感している」と肯定的に捉えている。
  • 体を動かすことが大の苦手。休日は家で過ごすか、行き先を決めず車でキャンプに出かけ自然の中でたたずむのを好む[4]
  • 映画初主演作となった『瞳の中の訪問者』の撮影中、シャワーシーンを控えた片平が共演者の志穂美悦子とともに大林宣彦監督から別室に呼び出され、「次のシーンは(片平演じる)千晶が瞳で恋をする人と初めて会う大事なシーンだ。とても綺麗に撮りたい。美しい映像にしたい。(少し沈黙の後)脱いでくれないかな?」と伝えられた。その後、大林から数時間にわたり穏やかな口調で説得されるも悩み続ける両者であったが、まず志穂美が「なぎさちゃんが脱ぐんだったら私も脱ぐ」と発言。片平は大林の映像や監督手腕を敬っており、作品の撮影意図も理解できたが当時高校生だった片平には荷が重かった。また、芸能界入りの条件として「絶対に脱がない」と父親と盟約を交わしており、その場では判断できず一晩熟考した末にヌードのシーンは断っているが、同作品には前述と同じ役のまま志穂美悦子と出演している。それ以降、現在に至るまで片平が撮影で脱ぐことはなかった[7]
  • 同事務所(ホリプロ)に所属し、2期下の1977年デビューである榊原郁恵とは堀越高校時代の同級生であり親友。互いに名前で呼び合う仲。

出演 編集

テレビドラマ 編集

NHK 編集

日本テレビ系 編集

TBS系 編集

フジテレビ 編集

テレビ朝日 編集

テレビ東京系 編集

映画 編集

舞台 編集

  • わたしは女優・貞奴恋の漫遊記(名鉄ホール)(1989年10月) - 座長公演・川上貞奴
  • 雪の華(帝劇)(1990年12月)
  • 新橋芸者列伝「いきな女たち(名鉄ホール)(1991年10月) - 座長公演
  • 初姿おんな鼠小僧(名鉄ホール)(1993年1月) - 座長公演
  • 風林火山(明治座)(1993年9月)
  • 更紗夫人(名鉄ホール)(1994年3月) - 座長公演
  • たそがれ色の微笑(名鉄ホール)(1995年6月) - 座長公演
  • 旗本退屈男(飛天)(1995年11月)
  • 紅屋お乱捕物秘帖(名鉄ホール)(1996年1月) - 座長公演
  • 旗本退屈男-名残り雪-(明治座)(1996年9月)
  • 徳川の夫人たち(帝劇)(1997年1月)
  • 徳川の夫人たち(飛天)(1997年7月)
  • 女優・貞奴(福岡)(1997年10月) - 座長公演
  • 晶子曼陀羅(帝劇)(1998年1月)
  • 西鶴一代女(帝劇)(1999年11月)
  • 縁は異なもの恋なもの(名鉄ホール)(2000年9月) - 座長公演
  • ワーニャおじさん(新国立劇場)(2002年5月)
  • こまつ座&ホリプロ公演 木の上の軍隊(2013年4月 - 6月)

ドキュメンタリー番組 編集

  • ベネチアが危ない!〜水の都からの緊急メッセージ〜(2011年3月6日、テレビ静岡

バラエティ 編集

他多数

CM 編集

テレビアニメ 編集

ディスコグラフィ 編集

シングル 編集

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
東芝EMI
1 1975年
1月20日
A面 純愛 山上路夫 三木たかし TP-20090
B面 甘いさまよい
2 1975年
5月5日
A面 異性 TP-20130
B面 くちづけ
3 1975年
8月5日
A面 美しい契り 千家和也 TP-20164
B面 ひとつの事実
4 1975年
11月5日
A面 頬にかかる涙 TP-20196
B面 肌寒い雨
5 1976年
2月5日
A面 陽だまりの恋 有馬三恵子 TP-20225
B面 さよならからはじまる
6 1976年
5月5日
A面 ぬくもり 及川恒平 すぎやまこういち TP-20262
B面 隙間風
7 1976年
8月5日
A面 オリーブの華麗な青春 阿久悠 三木たかし TP-10039
B面 渚にひとり
8 1976年
11月5日
A面 愛のセレナーデ 岩谷時子 鈴木邦彦 高田弘 TP-10108
B面 恋する私
9 1977年
2月5日
A面 恋のかげろう あかのたちお TP-10165
B面 なかなおり
10 1977年
5月5日
A面 心のひびわれ さいとう大三 神保正明 TP-10203
B面 おこってますか
11 1977年
7月20日
A面 私のいちばん美しい時を 藤公之介 佐瀬寿一 矢野立美 TP-10264
B面 田園調布の珈琲店 馬飼野俊一
12 1977年
10月20日
A面 二人の青春 東海林良 梅垣達志 TP-10330
B面 街角
13 1978年
4月5日
A面 ウィークエンドは雨ばかり 喜多條忠 森田公一 若草恵 TP-10395
B面 嫌われ上手
14 1978年
8月5日
A面 渚の出来事 TP-10448
B面 気がかり
15 1979年
2月5日
A面 じょっぱり 花登筐 小川寛興 TP-10543
B面 ノナ
キングレコード
16 1982年
10月21日
A面 二人のシンフォニー 来生えつこ 来生たかお 矢島賢 K07S-345
B面 風の呼吸

デュエット・シングル 編集

発売日 デュエット 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
1984年
10月5日
桂三枝 A面 幸せにキッスしたら 荒木とよひさ いけたけし 若草恵 K07S-614
B面 あいあい愛 Love You 熊谷安廣
1989年
3月5日
財津一郎 01 ラストデイト なかにし礼 三木たかし 川口真 K10X-23058
02 父の日 娘の日

アルバム 編集

LP
CD
  • なんてったってアイドルポップ~純愛~(1993年6月30日 TOCT-8063)
  • ベスト~純愛(1996年6月19日 TOCT-9483)
  • ゴールデン☆ベスト(2002年11月20日 TOCT-10880)
  • なみだ色の匂い(2003年11月27日 TOCT-25234) 完全限定盤 紙ジャケ 24bitリマスター
  • NEW BEST 1500(2005年8月24日 TOCT-11030)
  • 美しい契り~私は今、生きています(2008年08月27日 TOCT-26623) 紙ジャケ仕様
  • 片平なぎさ ゴールデン☆ベスト(2011年11月23日 TOCT10880)
  • 「なみだ色の匂い」+「美しい契り~私は今、生きています」(2013年11月13日 TYCN60040/1)
  • ゴールデン☆ベスト 片平なぎさ【スペシャル・プライス盤】(2013年11月27日 TYCN60157)

タイアップ曲 編集

楽曲 タイアップ
1977年 私のいちばん美しい時を TBS系テレビドラマ「白い波紋」主題歌
1979年 じょっぱり フジテレビ系テレビドラマ「じょっぱり」主題歌
ノナ フジテレビ系テレビドラマ「じょっぱり」挿入歌
1982年 二人のシンフォニー テレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」テーマソング
1984年 幸せにキッスしたら
1989年 ラストデイト TBS系テレビドラマ「小春の春」主題歌

著書 編集

  • 片平なぎさ責任編集『片平なぎさの全国ゴールデンワイド旅劇場』(メディアファクトリー、1999年9月、ISBN 978-4-88991-857-1

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.100.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 「手のり文鳥と遊んだ『カギッ子』なぎさの憂うつ スター秘話〈2〉 片平なぎささん」『月刊平凡』1976年1月号、平凡出版、130–131頁。 
  3. ^ a b 片平なぎさ プロフィール詳細”. タレントデータバンク. 2016年5月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 【片平なぎさ】“2時間ドラマの女王”実はワイルド派!”. zakzak. 夕刊フジ (2012年9月28日). 2016年5月27日閲覧。
  5. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編
  6. ^ a b “天才奇術師・山田奈緒子が中に浮く!『トリック 劇場版2』完成報告会見”. CINEMA TOPICS ONLINE. (2006年5月10日). http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=1961 2016年5月27日閲覧。 
  7. ^ 瞳の中の訪問者』片平なぎさのインタビューより。
  8. ^ “片平なぎさ:新ドラマで広瀬アリスの命を狙う“ラスボス”に”. MANTANWEB. (2018年6月25日). https://mantan-web.jp/article/20180625dog00m200022000c.html 2018年6月25日閲覧。 
  9. ^ “超豪華脚本家&キャスト集結!オムニバスドラマ『まとわりつくオンナ』3・5放送”. TVLIFE (Gakken). (2020年3月4日). https://www.tvlife.jp/drama/264332 2020年5月11日閲覧。 
  10. ^ “ドラマ「18/40」片平なぎさ&美村里江がWヒロインの母親に、松本若菜も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年6月11日). https://natalie.mu/eiga/news/528149 2023年6月11日閲覧。 
  11. ^ “『赤い霊柩車』30年の歴史に幕 片平なぎさ「やはり老いには勝てませんでした(笑)」”. マイナビニュース (マイナビ). (2023年2月21日). https://news.mynavi.jp/article/20230221-2597965/ 2023年2月21日閲覧。 
  12. ^ “草なぎ剛主演ドラマのタイトルは「罠の戦争」、井川遥や杉野遥亮ら共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年11月15日). https://natalie.mu/eiga/news/501416 2022年11月15日閲覧。 
  13. ^ キャラクター”. 映画『リクはよわくない』オフィシャルサイト. 2022年11月30日閲覧。

外部リンク 編集