メインメニューを開く

スクテロサウルスScutellosaurus=小さな楯の爬虫類の意)は、中生代ジュラ紀前期の北アメリカ大陸に生息していた草食恐竜の一つ。最早期の鳥盤類恐竜である。

スクテロサウルス
Scutellosaurus
スクテロサウルス
スクテロサウルス想像図
地質時代
ジュラ紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
: スクテロサウルス科 Scutellosauridae
: スクテロサウルス属 Scutellosaurus
学名
Scutellosaurus
Colbert1981

全長は約1.2メートル。全身が多数の小さな骨盤で覆われており、剣竜下目曲竜下目に分化する前の祖先、またはそれに近い種と考えられている。の形状は木の葉型で縁部が刃状になっていた。背面には骨質の突起が300余り列をなして並ぶ。四肢は細く、前肢は比較的長かった。また尾も長い。これは二次的に四足歩行へと移行する途上の形態であると推定されている[1]。おそらくは普段四足歩行し、捕食者から逃れる時などは尾で装甲とのバランスをとりながら二足歩行していたのではないかとされる[2]

脚注編集

参考文献編集

  • エドウィン・ハリス・コルバート、マイケル・モラレス、イーライ・C・ミンコフ 『脊椎動物の進化』 田隅本生(訳)、築地書館、2004年。ISBN 4-8067-1295-7
  • ヘーゼル・リチャードソン、ディビッド・ノーマン(監修) 『恐竜博物図鑑』 出田興生(訳)、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年。ISBN 4-7875-8534-7

関連項目編集