メインメニューを開く

スチュワート氏族 (ゲール語: Stiùbhard) はスコットランド低地方の氏族である。この氏族はスコットランド紋章院によって認められているものの、スコットランド紋章院総裁によって認められた氏族長はいない。何故ならば氏族長を有していない氏族は「紋章氏族」と見做されうるからである。ただし、ギャロウェイ伯爵が現在、スチュワート氏族の「支族の頭目」と見做されており [2]、ギャロウェイ伯爵の紋章クレストモットーにはスチュワート氏族のクレスト・バッジが用いられている。スコットランド紋章院は、これとは別にスチュワート・ビュート氏族スチュワート・アッピン氏族の2つの氏族を'スチュワート' 氏族として認めている。スチュワート・ビット氏族は今日、承認された氏族長を有する唯一の'スチュワート' 氏族である[3]

Clan Stewart
Stiùbhard[1]
Clan member crest badge - Clan Stewart.svg
クレスト: Due to a lack of a chief, members sometimes use the badge belonging to the Earl of Galloway. A pelican Argent, winged Or, in her nest feeding her young, Proper.
座右の銘 Virescit vulnere virtus (Courage grows strong at a wound)[1]
概要
地域 Lowlands and Highlands
地区 Renfrewshire, Teviotdale and Lauderdale.
プラント・バッジ Thistle[1]
パイプ音楽 Bratach Bhan nan Stiubhartach (The white banner of the Stewarts)[1]
Arms of Stewart.svg
Clan Stewartは氏族長が存在しない紋章氏族である。
司令官 The Earl of Galloway is considered to be the senior cadet, but is not chief. The senior cadet is Randolph Stewart, 13th Earl of Galloway.

目次

歴史編集

氏族の起源編集

スコットランド君主となったスチュワート氏族は、フランスブルターニュドルにて執事を務めた一族の子孫であった[4]ノルマン・コンクエストの後はイングランドにて領地を得ている[4]執事(Steward) であった ウォルター・フラードルないしウォルター・フィッツアランは、デイヴィッド1世聖王がスコットランド王位を請求した時に同国にやって来た[4]Stewartという姓は一族の官職であるStewards から来ている[5]スコットランド王室執事長(High Steward of Scotland)に任命されてレンフルーシャーイースト・ロージアンにて広大な所領を与えられた[4]。ウォルターは、1164年レンフレーフの戦いアイルランド王ソマーレド (ドナルド氏族の祖先)を破った王軍の指揮官の1人であった[4]。(en:Walter fitz Alanを参照のこと)。

スコットランド独立戦争編集

スコットランド独立戦争中、第5代王室執事長ジェイムズ・スチュワートイングランド国王エドワード1世長脛王に忠誠を誓った[4]。しかしながら、後にウィリアム・ウォレス及びスコットランド国王ロバート1世によるスコットランド独立を目指す戦いを支持している[4]

スチュワート(ステュアート)王家編集

第6代王室執事長ウォルター・スチュワートはロバート1世の娘であるマージョリーと結婚した[4]。ロバート1世の息子であるデイヴィッド2世が死ぬと、ウォルター・スチュワートの息子であるロバート2世が継承して国王となった[4]。ロバート2世には多くの子供がおり、長男であるジョンがロバート3世として王位を継いだ[4]。スコットランド王家としてのスチュワート氏族、いわゆるスチュワート朝の男系はメアリー1世による統治まで途切れることがなかったが[4]、彼女の代にスチュワートからフランス語に基づくステュアート(Stuart)へと綴りを変更している。王家としてのステュアート氏族は、スコットランド王位、後にはイングランド王位を1714年アン が死ぬまで保持していた[4]

オールバニ=スチュワート編集

 
1842年に出版された内容が疑わしい『en:Vestiarium Scoticum』によるスチュワート氏族 タータン

オールバニ公は、スコットランド及び後のイギリス王室において年少の男子に授けられた貴族号であり、とりわけスチュワート家がそうであった。ロバート2世の3男である初代オールバニ公ロバート・スチュワートは、父王、兄王、そして甥であるジェームズ1世の統治期間中は摂政を務めていた[4]。ロバート2世の4男であるバカン伯アレグザンダー・スチュワートWolf of Badenochとして有名であり、エルギン大聖堂の破壊に寄与している[4]

ジェームズ1世の親政が始まると、新国王は従兄弟であるオールバニ=スチュワート一族の力を抑制した[4]。ジェームズ1世は初代オールバニ公の息子であるマードックの首を刎ねたのである[4]。マードックの息子であるウォルターとアレグザンダーも同様に処刑された [6][7]

氏族の主な分枝編集

 
1845年に出版されたen:R. R. McIan著『スコットランド・ハイランド地方の氏族』によるヴィクトリア朝時代のロマン主義に基づいて描かれた氏族の者。

スコットランド王家以外のスチュワート氏族の主な分枝に14世紀から15世紀にかけてハイランド地方 に定住したスチュワード・オブ・アッピン、スチュワート・オブ・アサル、スチュワート・オブ・バルクハイダーがある[4]。今日、ギャロウェイ伯爵 がスチュワート氏族の主流と見做されている[4]

スチュワート・オブ・アッピン編集

スチュワート・オブ・アッピン氏族は、第4代王室執事長アレグザンダー・スチュワートの息子であるジョン・スチュワート・オブ・ボンキル卿の子孫である[4]。ジョン卿の息子であるジェイムズ・スチュワートは1333年ハリドン・ヒルの戦いで戦死した[4]。そのマクドルガㇽ氏族長の保持するローン領主の相続人と結婚し[4]、スチュワート氏族で最初のローン領主となった[4]。スチュワート・オブ・アッピン氏族は17世紀内戦時には王党派を支持し、ジャコバイトによる 1715年の蜂起並びに1745年の蜂起の時は追放されたステュアート王家を支持した[4]

スチュワート・オブ・アサル編集

スチュワート・オブ・アサル氏族はスコットランド王ロバート2世王子バカン伯アレグザンダー・スチュワート (Wolf of Badenoch)の庶子の子孫である[4]。ジェイムズ・スチュワートはガースの地に強力な城を築いて14世紀末にそこに定住した[4]。ジェームズ1世の未亡人であるジョウンは、第4代王室執事長の子孫にあたるローンの黒騎士ことジェイムズ・スチュワートと再婚した[4]。2人の息子である ジョン・スチュワート・オブ・バルヴェニーは異父兄であるスコットランド国王ジェームズ2世からアサル伯を授けられた[4]。初代アサル伯は王軍を指揮して 島の太守による反乱と向かい合うことで兄王を助けた[4]。第5代アサル伯は男子を残すことなく死去し、その娘が第2代タリバーディン伯ウィリアム・マレーと結婚し、彼がアサル伯として後を継いだ[4]Wolf of Badenochの子孫を主張する多くのスチュワート氏族がアサル地区に住んでいる[4]。彼らの多くがアサル伯マレーへの忠誠によって移され、アサルの人として知られている[4]。これは、ヨーロッパにおける唯一の合法的な私軍であるアサル・ハイランダーズとともに今日でも維持されている[4]ヴィクトリア朝時代の アサルの人であるデイヴィッド・スチュワート・オブ・ガース元帥はブラック・ウォッチ連隊の将校であり、その著作である『Sketches of the Highlanders and Highland Regiments』は一族の故郷では人気を博した [4]

スチュワート・オブ・バルクハイダー編集

バルクハイダーにスチュワート氏族が来たのは 1490年頃であり、この時、ジェームズ1世による迫害から逃れることの出来たオールバニ公マードックの唯一の息子の孫であるウィリアム・スチュワート は同地における王冠領の市官吏に任命されている[4]

スチュワート・オブ・ビュート編集

スチュワート・オブ・ビュート氏族の長はロバート2世の庶子であるサー・ジョンの子孫である[8]

系図編集

 
アラン
ドルの執事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラン
ドルの執事
 
フラールド
モンマス領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラン
オズウェストリー領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム
 
ウォルター
(1177年没)
初代ハイ・スチュワード
 
ジョーダン
ドルの執事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィッツアラン家
 
アラン
(1204年没)
2代ハイ・スチュワード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウォルター
(1246年没)
3代ハイ・スチュワード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェイン
(ビュート卿ジェームス娘)
 
アレグザンダー
(1283年没)
4代ハイ・スチュワード
 
ジョン
(1249年没)
 
 
 
 
 
ウォルター
 
メアリー
メンテイス女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ
(1309年没)
5代ハイ・スチュワード
 
 
 
 
 
ジョン
(1298年没)
スチュワート・オブ・アッピン氏族祖
 
エリザベス
=サー・ウィリアム・ダグラス
(ダグラス伯家祖)
 
アレグザンダー
メンテイス伯家祖
 
 
 
 
 
ジョン
 
エリン
(マー伯ガルトナイト娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドリュー
 
ウォルター
(1292-1326)
6代ハイ・スチュワード
 
マージョリー
(スコットランド王ロバート1世娘)
 
アレグザンダー
アンガス伯家祖
 
アラン
レノックス伯家祖
 
ウォルター
ギャロウェイ伯家祖
 
ジェームズ
ローン卿家祖
 
 
 
クリスティナ
=サー・エドワード・キース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロバート2世
スコットランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャネット
=サー・トマス・アースキン
(マー伯家祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロバート
オールバニ公
スチュワート・オブ・バルクハイダー氏族祖
 
アレグザンダー
バカン伯
スチュワート・オブ・アサル氏族祖
 
ジョン(庶子)
スチュワート・オブ・ビュート氏族祖
 
 
 
 
 
 
ジョーン
(スコットランド王ジェームズ1世寡婦)
 
ジェームズ・ステュワート
ローンの黒騎士
アサル伯家祖
バカン伯家祖
トラクエア伯家祖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ステュアート朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

城址編集

スチュワート・オブ・スチュワート ステュアート・オブ・オールバニ バカン伯ステュアート
スチュワート・オブ・バルクリー スチュワート・オブ・ガーリーズ スチュワート・オブ・ミント
スチュワート・オブ・フィスギル スチュワート・オブ・ビュート ステュアート・オブ・ビュート
マリー伯ステュアート スチュワート・オブ・アサル スチュワート・オブ・ロスシー
キャリック伯スチュワート ロス公スチュワート ストラサーン伯スチュワート
ギャロウェイ伯スチュワート ステュアート・オブ・ダーンリー ステュアート・オブ・レノックス
スチュワート・オブ・アルドヴォリッチ アヴァンデイル伯ステュアート オチルツリー領主ステュアート

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Clan Stewart Profile scotclans.com. Retrieved 13 December 2013.
  2. ^ myclan.com
  3. ^ Nelker, Gladys P., The Clan Steuart, 1970
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah Way, George and Squire, Romily. Collins Scottish Clan & Family Encyclopedia. (Foreword by The Rt Hon. The Earl of Elgin KT, Convenor, The Standing Council of Scottish Chiefs). Published in 1994. Pages 459 - 461.
  5. ^ Clan Stewart rampantscotland.com. Retrieved 11 November 2013.
  6. ^ Walter Stewart familysearch.org. Retrieved 16 June 2013.
  7. ^ Alexander Stewart familysearch.org. Retrieved 16 June 2013.
  8. ^ Way, George and Squire, Romily. Collins Scottish Clan & Family Encyclopedia. (Foreword by The Rt Hon. The Earl of Elgin KT, Convenor, The Standing Council of Scottish Chiefs). Published in 1994. Pages 330 - 331.

参考文献編集

  • T.F.Henderson The Royal Stewarts William Blackwood and Sons, 1914.

外部リンク編集