メインメニューを開く

スリランカの鉄道

世界の鉄道一覧 > スリランカの鉄道

スリランカの鉄道(-てつどう)では、スリランカセイロン島)における鉄道について記す。

スリランカの鉄道
Sri Lankan train,Northern Line,Sri Lanka.JPG
広軌を走るスリランカの列車(2000年)
運営
国営鉄道 スリランカ鉄道局
主要事業者 スリランカ鉄道局
統計
乗客数 300,000人/日
距離
総延長 1,508km
軌間
主な軌間 1676mm (広軌)[1]
電化方式
電化 0km[2][3]
設備
駅数 320
最高標高 1900m Pattipolaにて (1676mm軌間の鉄道路線で世界最高)[1])
路線図

Sri Lanka Railroads Map.svg

テンプレートを表示

目次

概要編集

インドやセイロンを植民地にしていたイギリス大英帝国)が、1858年に島内におけるコーヒー紅茶などの農産物輸送を目的に敷設を開始したのが創始である。

その後、山岳地帯や海岸地帯への路線も建設され、2005年現在の総延長は約1500kmとなっている。だがそのうちいくつかの路線は、「タミル・イーラム解放のトラ」などによる国内紛争の影響で運休になっている。かつては軌間762mm(狭軌)の軽便鉄道規格線も存在したが、現在は1676mmの広軌線に統一されている。運営は運輸省の直轄である。

電化区間は存在しないが、複線化区間は主要路線を中心にいくつか存在する。蒸気機関車が全廃された後は、ドイツ日本アメリカイギリスハンガリーなど諸国から輸入されたディーゼル機関車が使用されている。輸送は自動車に押されがちであるが、キャンディコロンボ間121kmを2時間半で結ぶ「Intercity Express」(都市間列車)など、速達列車を運行して対抗している。

なお、食堂車(ビュッフェ)、寝台車が存在する。また、外国人旅行者が多い地域へ向かう列車には展望車も連結されている。朝夕はコロンボ付近では通勤客輸送で大混雑する。

事業者編集

主要路線編集

メインライン
コロンボ - ポルガハウェラ英語版 - キャンディ - バンダラウェラ英語版 - バドゥッラ
ポルガハウェラ以東は山岳路線であり、速度も余り出せない。沿線にはヌワラ・エリヤなどの紅茶畑が広がり、高所から見下ろす景色は美しい。
コーストライン
コロンボ - ゴール - マータラ
コロンボから南部へ向かう路線。全線約160kmが殆ど海岸沿いに敷設されている。そのため海の景観を1日中楽しめる路線となる。
プッタラムライン
ラーガマ英語版 - プッタラム
コロンボから真北へ向かう路線。沿線にバンダラナイケ国際空港があり、「Air-port」行きの列車も設定されている。だが本数は日2往復程度しかなく、空港関係者向けの輸送が中心である。
ケラニバレィーライン英語版
コロンボ - アビッサウェッラ英語版
コロンボから南東に向かい、コロンボ県内のアビッサウェッラで終端する近距離路線。
マータレーライン英語版
キャンディ - マータレー
メインラインの支線で、中央高地のキャンディ-マータレー間を繋ぐ。
ノーザンライン英語版
ポルガハウェラ- バブニヤ - ジャフナ - カンカサントゥレイ英語版
スリランカ北部のジャフナへ向かう路線。
マンナールライン英語版
メダワッチチーヤ英語版 - マンナール - タライマンナール英語版
インドへの航路があったタライマンナールへ向かう路線。
バッティカロアライン英語版
マーホ英語版 - ポロンナルワ - バッティカロア
ノーザンラインの支線で、スリランカ東海岸のバッティカロアへと続いている。
トリンコマリーライン英語版
ガル・オヤ - トリンコマリー
バッティカロアラインの支線で、スリランカ東海岸北部のトリンコマリーへと続いている。

車両の等級編集

  • 3等車
2~3人が座れる対面シートが通路をはさんで両側にある。木製かソフトシート。
  • 2等車
2人がけの座席(対面ではない)が通路を挟んで両側にある。ソフトシート。
  • 1等車
コロンボ~キャンディ間のインターシティなど限られた列車に連結。
  • 寝台車にも1~3等車がある。

車内販売編集

  • kalada 大豆のような豆。茹でて薄い塩味がつけてある

画像編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b “The Island”. Rampala regime in the local Railway History. (2010年7月19日). http://www.island.lk/2008/07/23/features5.html 
  2. ^ “The Island”. Railway Electrification: Let us Start, at least now. (2010年3月27日). http://www.slrfc.org/2010/03/27/railway-electrification-let-us-start-at-least-now 
  3. ^ “Daily News”. IESL proposes railway electrification project. (2010年12月25日). オリジナル2012年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308023320/http://www.dailynews.lk/2010/12/25/bus04.asp 

外部リンク編集