スレイド (バンド)

イングランドのグラムロックバンド

スレイド英語: Slade)は、1966年イングランドウェスト・ミッドランズ州ウルヴァーハンプトンで結成されたロックバンドである。1970年初頭にグラムロック・ブームの一翼を担いつつヒット・チャートを席巻し、1980年代に入っても人気を得た。

スレイド
Slade - TopPop 1973 19.png
1973年撮影。左からジム・リー、ドン・パウエル、ノディ・ホルダー、デイヴ・ヒル
基本情報
別名
  • イン・ビトゥインーズ
  • アンブローズ・スレイド
  • スレイドII
出身地 イングランドの旗 イングランド ウェスト・ミッドランズウルヴァーハンプトン[1]
ジャンル
活動期間 1966年 -
レーベル
公式サイト Slade公式サイト
メンバー
  • デイヴ・ヒル
  • ジョン・ベリー
  • ラッセル・キーフ
  • アレックス・バインズ
旧メンバー
  • ノディ・ホルダー
  • ジム・リー
  • スティーヴ・ウァーリー
  • スティーヴ・マーキン
  • クレイグ・フェニー
  • トレヴァー・ホリデイ
  • デイヴ・グローヴァー
  • マル・マクナルティ
  • ドン・パウエル

1992年にリード・ボーカルとギターのノディ・ホルダーとベースのジム・リーが脱退したことにより、バンドは停滞。その後、「スレイドII」として活動を再開し、後にグループ名を戻した。

キッスジーン・シモンズが、スレイドからの影響を公言している[注釈 1]

なお、スレイドの楽曲には「Coz I Luv You」「Skweeze Me Pleeze Me」など、間違ったスペリングをタイトルに用いた曲が多いが、これは意図的なものである[3]

経歴編集

1970年代まで編集

イン・ビトゥイーンズ英語: The N' Betweens)というで1966年結成。同年キム・フォーリーのプロデュースでシングルをリリースしているが、この時点では単発に終わる。

その後元アニマルズチャス・チャンドラーに見出され、1969年、アンブローズ・スレイド英語: Ambrose Slade)名義でファースト・アルバム『ビギニングス英語版』を発表。しかしながら、同作前後に発売されたシングルと同様に、チャートインすることはなかった[4]。なお、このアルバムはスレイドのディスコグラフィでもファースト・アルバムとして扱われている。

ここまではビート・ロックやサイケデリック・ロックの影響下にあるサウンドを聴かせていたが、チャンドラーの指導によりイメージ改革に乗り出すこととなる。スレイドへ改名し、派手な衣装をまとい、ポップなメロディーに豪快かつタイトなリズムを合わせたサウンドを創出[1]ティーンエイジャーから厚い人気を得るようになり、1971年のシングル『だから君が好き』で全英シングルチャート1位を初めて獲得。

また、時期を同じくしてライブ・パフォーマンスに対する評価が上がり、1972年発表のライブ・アルバム『スレイド・アライブ英語版』は英国アルバムチャート2位まで上昇。すかさず発表したスタジオ盤『スレイド?』は1位を獲得。以降『スレイデスト英語版』『大狂乱スレイド一座英語版』の2枚のアルバムも1位を獲得。シングル盤『だから君が好き』や『恋のバックホーム』『クレイジー・ママ』『カモン!!』『スクゥイーズ・ミー、プリーズ・ミー』『メリー・クリスマス・エヴリバディ』と1973年までに計6枚が1位に入った。特に『メリー・クリスマス・エヴリバディ』は、100万枚を超えるベストセラーとなった[5]

1974年にバンド主演の映画『スレイド・イン・フレイム英語版』の制作を開始。映画はスレイドをはじめとしたバンドの間で起こった音楽業界での出来事に基づいた内容であった[4]。映画のサウンドトラック盤からの先行シングルとして発売された『ファー・アウェイ』は、全英シングルチャートで最高位2位を獲得し[6]、ノルウェーのチャートでも上位にチャートインした[7]。同作はホルダーのお気に入りの楽曲ともなった。11月にサウンドトラック盤『狂乱の炎』が発売され、多くの批評家から肯定的な評価を得た一方、翌年1月に公開された映画は芳しい成果は得られなかった[4]

1975年に入ると、T・レックスデヴィッド・ボウイスウィートスージー・クアトロなどと並ぶ人気ミュージシャンになり、圧倒的な人気に乗りアメリカ進出も目論むが、芳しい成果は得られないまま終わる。イギリス国内においても、映画のテーマ曲「ハウ・ダズ・イット・フィール」が1975年2月にシングルとして発売されるも、シングルチャートでは最高位15位と[8]、チャートアクションが鈍り始めた。

1977年にはポリドールとの契約も切られ、チャンドラーとも意見の相違から決別することとなる[4]。同時にスレイドのサウンドと相対する面があるパンク・ロック全盛の時代においては、しばらく低迷を味わうことになる。

1980年以降編集

1980年にパンクのブームが終わり、NWOBHMの勢いが増すと、スレイド自体も徐々に人気を取り戻し、レディング・フェスティバルでの演奏も高く評価され、再びシングルがチャート上位に顔を出すようになる。

そしてスレイドの復活を決定的にしたのは、1983年にクワイエット・ライオットが「カモン!!」をカヴァーして大ヒットさせたことだった。これによりオリジナルのスレイドへの注目度が上がり、『マイ・オー・マイ英語版』『ラン・ラン・アウェイ英語版』が英国チャートトップ10入り。アメリカでも『ラン・ラン・アウェイ』が20位に入り、同地では1970年代を超える成功を収めた。

1992年、ホルダーがバンド内における議論や不満に嫌気が差したことにより脱退。同時にホルダーがスレイドにとって不可欠なメンバーだとしていたリーも脱退したことにより、23年間の活動を終えた。この間一度もメンバー交代を行わなかった。それから間もなくして、残ったパウエルとヒルが新メンバーを迎え、スレイドII英語: Slade II)を結成[9]

2002年にスレイドにバンド名を戻し、アルバム『キープ・オン・ロッキン英語版』を新曲を追加し、タイトルを「Cumon Let's Party」に改題して発売された[10]

2005年にスレイドII結成時からのボーカリストであるスティーヴ・ウァーリーが脱退し、入れ替わりでマル・マクナルティが加入。11月にコンピレーション・アルバム『ヴェリー・ベスト・オブ・スレイド』を発売し、全英アルバムチャートで最高39位を獲得[11]。同年にはミュージック・ビデオ集も発売された[12]

2006年にサルーボ・レコードよりボックス・セット『The Slade Box - Four CD box anthology 1969-91』とライブ・アルバム『スレイド・アライヴ英語版』が発売された[13]。また、同年から2007年にかけてサルーボ・レコードよりオリジナル・アルバムのリマスター盤が発売され、日本で発売された一部のリマスター盤にボーナス・トラックが追加収録された[14]

2020年、パウエルがヒルによってバンドを解雇されたことを告白。同時に公式サイト上でドンは、元メンバーのクレイグ・フェニーとともに「ドン・パウエルズ・スレイド」を結成してスレイドの楽曲を演奏することを発表[15]

メンバー編集

名前 担当 在籍期間
デイヴ・ヒル
Dave Hill
ギター
ボーカル
1966年 - 現在
ジョン・ベリー
John Berry
ベース
ヴァイオリン
リード・ボーカル[注釈 2]
2003年 - 現在
ラッセル・キーフ
Russell Keefe
リード・ボーカル
キーボード
2019年 - 現在
アレックス・バインズ
Alex Bines
ドラムス 2020年 - 現在
旧メンバー
ノディ・ホルダー
Noddy Holder
リード・ボーカル
ギター
1966年 - 1992年
ジム・リー
Jim Lea
ベース
ボーカル
1966年 - 1992年
ドン・パウエル
Don Powell
ドラムス 1966年 - 2020年
スティーヴ・ウァーリー
Steve Whalley
リード・ボーカル
ギター
1992年 - 2005年
スティーヴ・マーキン
Steve Makin
ギター 1992年 - 1996年
クレイグ・フェニー
Creig Fenney
ベース
ボーカル
1992年 - 2005年
トレヴァー・ホリデイ
Trevor Holliday
ベース
ボーカル
1994年 - 2000年
デイヴ・グローヴァー
Dave Glover
ベース
ボーカル
2000年 - 2003年
マル・マクナルティ
Mal McNulty
リード・ボーカル
ギター
2005年 - 2019年

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売年 タイトル 最高位 初収録アルバム
UK[16] AUS[17] SWE[18] BEL[19] US[20]
1966年 (1966) ユー・ベター・ラン
(イン・ビトゥインーズ名義)
アルバム未収録
1969年 (1969) ジェネシス
(アンブローズ・スレイド名義)
ビギニングス
ワイルド・ウィンズ・アー・ブローイング
(ザ・スレイド名義)
アルバム未収録
1970年 (1970) シェイプ・オブ・シングス プレイ・イット・ラウド
ノウ・フー・ユー・アー
(イギリス限定発売)
1971年 (1971) ゲット・ダウン 16 78 30 アルバム未収録
だから君が好き 1 7 7
恋の赤信号 4 43 12
1972年 (1972) 恋のバック・ホーム 1 11 11 97
クレイジー・ママ 1 14 11 76 スレイド?
グッバイ・ジェーン 2 11 5 68
1973年 (1973) カモン!! 1 12 5 98 アルバム未収録
スクゥイーズ・ミー、プリーズ・ミー 1 39 11
レット・ザ・グッド・タイムス・ロール
(アメリカ限定発売)
114[21] スレイド?
マイ・フレンド・スタン 2 44 7 大狂乱スレイド一座
ムーヴ・オーヴァー
(日本限定発売)
スレイド?
メリー・クリスマス・エヴリバディ 1 55 3 アルバム未収録
1974年 (1974) グッド・タイム・ギャルズ
(アメリカ限定発売)
大狂乱スレイド一座
エヴリデイ 3 13 22
ホエン・ザ・ライツ・アー・アウト
(アメリカ限定発売)
バンギング・マン 3 48 18 アルバム未収録
ファー・アウェイ 2 17 24 狂乱の炎
1975年 (1975) ハウ・ダズ・イット・フィール 15
メモリー 7 アルバム未収録
イン・フォー・ア・ペニー 11 14 ノーボディズ・フール
1976年 (1976) レッツ・コール 11
ノーボディズ・フール 53[22]
1977年 (1977) ジプシー・ロードホッグ 48 衝撃の炎
バーニング・イン・ザ・ヒート・オブ・ラブ アルバム未収録
マイ・ベイビー・レフト・ミー 32
1978年 (1978) ギブ・アス・ア・ゴール
ロックンロール・ボレロ
イッツ・オールライト・バイ・ミー
(フランス限定発売)
1979年 (1979) ジニー・ジニー リターン・トゥ・ベース
アイム・ア・ロッカー
(ベルギー限定発売)
サイン・オブ・ザ・タイムズ
(イギリス限定発売)
オーケイ・コーキー
(イギリス限定発売)
アルバム未収録
1981年 (1981) ウィール・ブリング・ザ・ハウス・ダウン 10 ブリング・ザ・ハウス・ダウン
ホイールズ・エイント・カミング・ダウン
(イギリス限定発売)
60
ナックル・サンドウィッチ・ナンシー
(イギリス限定発売)
ティル・デフ・ドゥ・アス・パート
ロック・アップ・ユア・ドーターズ 29
1982年 (1982) ルビー・レッド
(イギリス限定発売)
51
ロック・アンド・ロール・プリーチャー
(ドイツ限定発売)
60
(アンド・ナウ-ザ・ワルツ)セ・ラ・ビ 神風シンドローム
1983年 (1983) マイ・オー・マイ 2 65 1 4 37
カモン!!
(再発売)
98 アルバム未収録
1984年 (1984) ラン・ランナウェイ 7 17 4 33 20 神風シンドローム
オール・ジョイン・ハンズ 15 19 ローグス・ギャラリー
1985年 (1985) セヴン・イヤー・ビッチ 60
ミステリアス・ミスター・ジョーンズ 50
リトル・シーラ 86
ドゥ・ユー・ビリーブ・イン・ミラクルズ クラッカーズ
1987年 (1987) スティル・ザ・セイム 73 ボーイズ・メイク・ビッグ・ノイズ
ザッツ・ホワット・フレンズ・アー・フォー 95
ユー・ボーイズ・メイク・ビッグ・ノイズ
(イギリス限定発売)
94
ウー・ラ・ラ・イン・L.A.
ウイ・ウォント・ギヴ・イン
(イギリス限定発売)
1988年 (1988) レッツ・ダンス'88
(イギリス限定発売)
アルバム未収録
1991年 (1991) ラジオ・ウォール・オブ・サウンド 21 21 ウォール・オブ・ヒッツ
ユニバース
1998年 (1998) メリー・クリスマス・エヴリバディ ('98リミックス)
(スレイド vs フラッシュ名義)
30 アルバム未収録
2013年 (2013) エヴリデイ
(再発売)
69
「―」はチャート圏外を示す。

スタジオ・アルバム編集

タイトル 原題 発売日 備考
ビギニングス Beginnings 1969年5月9日 (1969-05-09)
  • アンブローズ・スレイド名義
  • フォンタナ・レコードから発売された。
  • アメリカでは「Ballzy」というタイトルで発売された。
プレイ・イット・ラウド Play It Loud 1970年11月28日 (1970-11-28)
  • 本作よりアーティスト名義が「スレイド」となった。
  • 本作から『ノーボディズ・フール』までポリドール・レコードからの発売。
スレイド? Slayed? 1972年11月1日 (1972-11-01)
大狂乱スレイド一座 Old, New, Borrowed and Blue 1974年2月15日 (1974-02-15)
  • 英国レコード産業協会よりゴールド認定を受けた[24]
  • アメリカでは「Stomp Your Hands, Clap Your Feet」というタイトルで発売された。
狂乱の炎 Slade in Flame 1974年11月29日 (1974-11-29)
ノーボディズ・フール Nobody's Fools 1976年3月5日 (1976-03-05)
衝撃の炎 Whatever Happened To Slade? 1977年3月21日 (1977-03-21)
リターン・トゥ・ベース Return to Base 1979年10月1日 (1979-10-01)
  • バーン・レコードからの発売。
ブリング・ザ・ハウス・ダウン We'll Bring the House Down 1981年3月13日 (1981-03-13)
ティル・デフ・ドゥ・アス・パート Till Deaf Do Us Part 1981年11月13日 (1981-11-13)
神風シンドローム The Amazing Kamikaze Syndrome 1983年12月3日 (1983-12-03)
  • RCAレコードからの発売。
  • 1984年に原題が改められて、CBSレコードより再発売された。
  • 再発盤はCRIAよりゴールド認定を受けた[25]
Keep Your Hands Off My Power Supply 1984年4月2日 (1984-04-02)
ローグス・ギャラリー Rogues Gallery 1985年3月29日 (1985-03-29)
  • RCAレコードからの発売。
クラッカーズ Crackers: The Party Album 1985年11月18日 (1985-11-18)
ボーイズ・メイク・ビッグ・ノイズ You Boyz Make Big Noize 1987年4月27日 (1987-04-27)
  • RCAレコードからの発売。
  • スレイド名義では最後となるスタジオ・アルバム。
キープ・オン・ロッキン Keep on Rockin' 1987年4月27日 (1987-04-27)
  • Play That Beat!からの発売。
  • スレイドII名義
  • 2002年に「Cum On Let's Party」に改題されて再発売された。

コンピレーション・アルバム編集

  • Coz I Luv You』(1972年3月 (1972-03)、ポリドール)
  • スレイデスト』 - Sladest(1973年9月28日 (1973-09-28)、ポリドール)
  • Slade Smashes![注釈 3] (1980年11月1日 (1980-11-01)、ポリドール)
  • Slade Greatz』(1984年5月12日 (1984-05-12)、ポルドール)
  • スレイド・コレクション81-87』 - The Slade Collection 81-87(1991年3月 (1991-03)、RCA/BMG)
  • ウォール・オブ・ヒッツ』 - Wall of Hits(1991年11月11日 (1991-11-11)、ポルドール)
  • ザ・スレイド・コレクション Vol.2 79-87』 - The Slade Collection Vol. 2, 79-87(1993年12月 (1993-12)、RCA/BMG/ポルドール)
  • The Genesis of Slade』(1996年3月3日 (1996-03-03)、ミュージック・コーポレーション)
  • グレイテスト・ヒッツ』 - Feel the Noize - Greatest Hits(1997年2月 (1997-02)、ポルドール)
  • Get Yer Boots On: The Best of Slade』(2004年3月23日 (2004-03-23)、Shout! Factory)
  • ヴェリー・ベスト・オブ・スレイド』 - The Very Best of Slade(2005年11月28日 (2005-11-28)、ポリドール)
  • B-Sides』(2007年3月5日 (2007-03-05)、サルーボ)
  • Rockers』(2007年4月17日 (2007-04-17)、サルーボ)
  • In for a Penny: Raves & Faves』(2007年4月17日 (2007-04-17)、Shout! Factory)
  • Merry Xmas Everybody: Party Hits』(2009年11月23日 (2009-11-23)ユニバーサル

ボックス・セット編集

  • The Slade Box - Four CD box anthology 1969-91』(2006年10月2日 (2006-10-02)、サルーボ)
  • When Slade Rocked the World』(2015年11月13日 (2015-11-13)、サルーボ)
  • Feel The Noise - The Singlez Box!』(2019年5月31日 (2019-05-31)、BMG)

ライブ・アルバム編集

  • スレイド・アライブ』 - Slade Alive(1972年3月24日 (1972-03-24)、ポリドール)
  • スレイド・アライブVol.2』 - Slade Alive, Vol. 2(1978年10月27日 (1978-10-27)、バーン)
  • スレイド・オン・ステージ』 - Slade On Stage(1982年12月11日 (1982-12-11)、RCA)
  • Slade Alive! - The Live Anthology』(2006年8月21日 (2006-08-21)、サルーボ)
  • Live at the BBC』(2009年9月28日 (2009-09-28)、サルーボ)

EP編集

  • Six of the Best』(1980年5月24日 (1980-05-24)、スーパー)
  • Alive at Reading』(1980年9月26日 (1980-09-26)、チープスケイト)
  • Xmas Ear Bender』(1980年11月5日 (1980-11-05)、チープスケイト)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ “Rock and Roll all Nite‘ is a direct bastard child of Slade's ‘Mama Weer All Crazee Now’.”(「『ロックンロール・オールナイト』は、スレイドの『クレイジー・ママ』の"私生児"なんだよ」)」とシモンズが述べる箇所がある[2]
  2. ^ 2019年から担当。
  3. ^ オーストラリアで「The Very Best of Slade」というタイトルで発売された。

出典編集

  1. ^ a b c d Prato, Greg. Slade|Biography & History - オールミュージック. 2020年3月5日閲覧。
  2. ^ Kiss Founder Gene Simmons Says Band’s ‘Heart and Soul Lies in England’”. ultimateclassicrock (2011年11月9日). 2014年3月31日閲覧。
  3. ^ Du Noyer, Paul (2003). The Illustrated Encyclopaedia of Music (1st ed.). Fulham, London: Flame Tree Publishing. ISBN 978-1-904041-96-2 
  4. ^ a b c d Charlesworth, Chris (1984). Slade, Feel the Noize!: an illustrated biography. London: Omnibus Press. ISBN 0-7119-0538-X 
  5. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 506. ISBN 978-1-904994-10-7 
  6. ^ Official Singles Chart Top 50 (20 October 1974 - 26 October 1974)”. Official Charts Company (1974年10月20日). 2020年6月24日閲覧。
  7. ^ Steffen Hung. “Slade – Far Far Away”. norwegiancharts.com. 2020年6月24日閲覧。
  8. ^ Official Singles Chart Top 50 (02 March 1975 - 08 March 1975)”. Official Charts Company (1975年3月2日). 2020年6月24日閲覧。
  9. ^ Powell, Don; Falkenberg, Lise Lyng (2013-10-11). Look Wot I Dun: Don Powell of Slade. Omnibus Press. ISBN 9781783230006. https://books.google.com/?id=3jj_AgAAQBAJ&pg=PT335&dq=%22walk+this+way%22+don+powell#v=onepage&q=%22walk+this+way%22+don+powell&f=false 2017年10月28日閲覧。 
  10. ^ Cum on Let's Party! by Slade : Reviews and Ratings”. Rate Your Music (2010年7月26日). 2020年6月24日閲覧。
  11. ^ Official Albums Chart Top 100 (04 December 2005 - 10 December 2005)”. Official Charts Company (2005年12月4日). 2020年6月24日閲覧。
  12. ^ Thompson, Dave. The Very Best Of... Slade [Video] - Slade | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年6月23日閲覧。
  13. ^ Salvo”. Salvo-music.co.uk. 2020年6月24日閲覧。
  14. ^ “スレイド、リマスター紙ジャケを全16タイトル発売に”. CDJournal ニュース (株式会社シーディージャーナル). (2006年12月7日). https://www.cdjournal.com/main/news/-/13619 2020年6月24日閲覧。 
  15. ^ “スレイドのドラマー、50年以上在籍したにもかかわらずEメールでバンドを解雇されたと主張”. NME Japan (BandLab UK Limited.). (2020年2月6日). https://nme-jp.com/news/85379/ 2020年3月5日閲覧。 
  16. ^ UK chart peaks”. Official Charts Company. 2020年6月23日閲覧。
  17. ^ Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970-1992 (Illustrated ed.). St. Ives, N.S.W.: Australian Chart Book. p. 277. ISBN 0-646-11917-6  N.B. The Kent Report chart was licensed by ARIA between mid-1983 and 19 June 1988.
  18. ^ Swedish chart peaks”. swedishcharts.com. 2020年6月23日閲覧。
  19. ^ Belgian (Flanders) chart peaks”. ultratop.be. 2020年6月23日閲覧。
  20. ^ Slade”. Billboard. Prometheus Global Media. 2020年6月23日閲覧。
  21. ^ (English) Billboard. Books.google.co.uk. (1 September 1973). https://books.google.co.uk/books?id=JQkEAAAAMBAJ&pg=RA1-PA49&dq=slade+let+the+good+times+roll+114&hl=en&sa=X&redir_esc=y#v=onepage&q=slade%20let%20the%20good%20times%20roll%20114&f=false 2020年6月23日閲覧。 
  22. ^ Chartwatch magazine. Chartwatch. (December 1990). pp. Breakers 1976 section 
  23. ^ Finnish chart peaks” (Finnish). Sisältää Hitin - Suomen listalevyt (Timo Pennanen). 2020年6月23日閲覧。
  24. ^ a b c BPI Certification”. British Phonographic Industry. 2020年6月23日閲覧。
  25. ^ Canadian Certification”. Music Canada. 2020年6月23日閲覧。

外部リンク編集