セサル・ロドリゲス・アルバレス

スペインのサッカー選手

セサル・ロドリゲス・アルバレス(César Rodríguez Álvarez,1920年6月29日)はスペインレオン出身のサッカー選手。元スペイン代表である。ポジションはFW

セサル・ロドリゲス・アルバレス Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 César Rodríguez Álvarez
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1920年6月29日
出身地 レオン
没年月日 1995年
選手情報
ポジション FW
代表歴
1943-1954 スペインの旗 スペイン 12 (6)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リーガ・エスパニョーラでは226得点を記録している。

経歴編集

選手時代編集

レオンのクラブでユース時代を過ごした後、1939年にFCバルセロナに加入した。レンタル先のグラナダCFで1部昇格を果たし、1941-42シーズンにプリメーラ・ディビシオンデビューした。彼だけで6得点を奪って勝利したCDカステリョン戦などもあり、得点王争いでは2位につけた。1942-43シーズンにバルセロナに戻り、1944-45シーズンにはリーグ優勝した。バルセロナ時代の同僚にはアントニ・ラマレッツエスタニスラオ・バソララディスラオ・クバラなどがいた。1948-49シーズンは28得点し、ピチーチ賞のタイトルを手に入れた。1951年のコパ・デル・レイ決勝のレアル・ソシエダ戦では彼の2得点が優勝を決めた。1951-52シーズンのバルセロナは、1シーズンだけで5つのトロフィーを獲得した。コパ・デル・レイの決勝のバレンシアCF戦、ラテン・カップ決勝のOGCニース戦と、彼は大舞台でよく得点した。結局バルセロナでは5度のリーグタイトルと2度のコパ・デル・レイ優勝を果たした。

バルセロナを離れてからは、CD LeonesaやPerpignan FCを経てエルチェCFに在籍した。テルセーラ・ディビシオン(当時3部)に所属していたクラブを、3シーズンでプリメーラ・ディビシオン(1部)に引き揚げた。選手生活最後のシーズンは監督を兼任した。

代表編集

1945年から1952年まで、スペイン代表として12試合に出場し、6得点した。1945年3月11日のポルトガル代表戦で初出場し、初得点も決めた。1950年にはブラジルW杯に出場した。

1943年から1954年まで、カタルーニャ選抜として10試合に出場し、5得点した。1947年10月19日に行われたカタルーニャ選抜とスペイン代表の試合ではカタルーニャ選抜で出場し、彼の2得点もあって3-1で勝利している。

指導者時代編集

エルチェCFで選手兼任監督で1年過ごした後、レアル・サラゴサの監督に就任した。1960-61シーズンは3位に導き、1961-62、1962-63シーズンはそれぞれ4位と5位で終えた。1963年のコパ・デル・レイではFCバルセロナに次いで準優勝した。翌シーズンに就任したバルセロナでは、85試合を率いただけで成功しなかった。

所属クラブ編集

1940-1942 →  グラナダCF(loan)

指導者経歴編集

タイトル編集

※いずれも選手時代

  •   FCバルセロナ
ピチーチ賞 1949
リーグ 1945, 1948, 1949, 1952, 1953
コパ・デル・レイ 1951, 1952
ラテン・カップ 1949, 1952
スーペルコパ・デ・エスパーニャ 1945, 1948, 1952, 1953
  •   グラナダCF
セグンダ・ディビシオン 1941
  •   エルチェCF
セグンダ・ディビシオン 1959


外部リンク編集