メインメニューを開く

タイトスポット (Tight Spot)

  1. 1987年生のアメリカ合衆国競走馬。主な勝鞍にアーリントンミリオンステークスなど。本稿で解説する。
  2. 1955年制作のアメリカ映画『消された証人en)』の原題。監督フィル・カールソン、主演ジンジャー・ロジャース

タイトスポット
欧字表記 Tight Spot
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1987年
His Majesty
Premium Win
母の父 Lyphard
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Verne H. Winchell
馬主 Anderson & VHW Stable & Whitham
調教師 Ronald McAnally
競走成績
生涯成績 21戦12勝
獲得賞金 1,566,100ドル
テンプレートを表示

タイトスポット (Tight Spot) は、1987年生まれのアメリカ合衆国競走馬で、日本種牡馬として輸出された馬。毛色は鹿毛

父はアメリカでリーディングサイアーにも輝いたヒズマジェスティ。さらにその父はイタリアの大種牡馬のリボー。母はアメリカやフランスで5勝を挙げたプレミアムウィン。母父はノーザンダンサー直仔のリファール。母系にネアルコの5×5のインブリードを持っている。

通算成績21戦12勝。うち、グレード競走7勝(G1・2勝、G2・3勝、G3・2勝)。連対率、7割1分4厘。

経歴編集

2歳の9月にデビューするも大差で惨敗。その年の12月に出走した5戦目で未勝利を脱却した。デビューから9戦はダートを走り、着外はデビュー戦のみであるものの2勝(2着3回)と勝ち星に恵まれなかったのだが、の競走に出走するようになると才能が開花し、芝初戦となった3歳6月のスターダストステークスから4歳の9月にかけて8連勝を飾った。その中にはアーリントンミリオンエディリードハンデキャップのG1を2勝している。(他はG2・3勝、G3・1勝、その他2勝)

4歳時には5勝(6戦)しているうちの3勝はコースレコードで、エディリードハンデキャップでは9ハロン(約1811メートル)の世界タイ記録であった。この年エクリプス賞芝牡馬チャンピオンを受賞している。

連勝はブリーダーズカップ・マイルで敗れて止まったが、後に2勝し、5歳の8月に前年タイ記録を出したエディリードハンデキャップ(4着)を最後に引退した。引退後は日本にて種牡馬となり、日高軽種馬農協門別種馬場に繋養されていたが、種牡馬として大きな成功を収めることなく、2002年に中国の北京龍頭牧場へと輸出された。現在は同牧場の動向が不明瞭なため、現況を確認することはできない。

代表産駒編集

母の父としての産駒編集

血統表編集

タイトスポット血統リボー系 / Nearco 母内5x5=6.25%) (血統表の出典)

His Majesty
1968 鹿毛 アメリカ
父の父
Ribot
1952 鹿毛 イタリア
Tenerani Bellini
Tofanella
Romanella El Greco
Barbara Burrini
父の母
Flower Bowl
1952 鹿毛 アメリカ
Alibhai Hyperion
Teresina
Flower Bed Beau Pere
Boudoir

Premium Win
1981 鹿毛 アメリカ
Lyphard
1969 鹿毛 アメリカ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
母の母
Classic Perfection
1972 青鹿毛 アメリカ
Never Bend Nasrullah
Lalun
Mira Femme Dumpty Humpty
Mlle. Somebody F-No.5-f


外部リンク編集