ダンプリング英語: dumpling)とは、小麦粉をねってゆでただんご、果物入り焼き団子のこと[1]、ないしは卵・牛乳で練り、団子状にしてゆでたものでシチューやスープに浮かす[2]もの。あるいはゆでたじゃがいも小麦粉、または両方に塩と水を加えて練り上げ、丸型に整えてから茹でたり、蒸したりしたもの。また、小麦粉などの生地で肉、野菜、果物などを包んだ料理もダンプリングと呼ばれる。

定義編集

英語では小麦粉に水を加えて調製したものをドウ(dough)といい、これを応用した料理は薄く伸ばして餡などを包んだ料理(ダンプリング、dumpling)と、切る、伸ばす、ちぎる、穴や型から押し出すなどの方法で成形した料理(ヌードル、noodle)に大別される[3]。dumpは動詞「ぐちゃぐちゃに(混ぜる・捨てる)」「どさっと(投げる・捨てる)」、dump-yは形容詞「ずんぐりした」dump-ingは(動)名詞「投げ捨てること、ダンピング」。dump-lingには「ころっと丸い動物、ずんぐりした人」の寓意もある[4]

日本のすいとん蕎麦がき中国餃子粽子イタリアニョッキなども英語ではダンプリングに分類される。特にユーラシア大陸の各地で多様なダンプリング料理が作られている[3]

主なダンプリング編集

ドイツ編集

ポーランド編集

 
ピエロギ

チェコ編集

主な原料は小麦粉ないしジャガイモである。小麦粉で作る場合は水、卵、重曹を加えてこね、茹でる。ジャガイモの場合は蒸してつぶしたジャガイモに卵や小麦粉を混ぜ、スプーンなどで一口大にすくい、茹でてつくる。ジャガイモのクネードリキについてはオーストリアの影響が強い。

小麦粉のクネードリキはメインディッシュ(グラーシュなど)の付け合わせとしてソースを絡めて食べ、ジャガイモのものはソースが少ない肉料理と食べることが多い。いずれも水分は少なめでもっちりとしており、腹持ちがよい。

ハンガリー編集

ロシア編集

ウクライナ編集

 
ヴァレーヌィク

ジョージア編集

東欧ユダヤ民族(アシュケナジム)編集

 
クネイドラハ
  • クネイドラハ (Knaydlach):マッツァー、卵、油脂、調味料、水などを捏ねて丸め、スープで煮た料理。英語でマッツォ・ボール (Matzo Balls) と呼ばれる。
  • クレプラハ (Kreplach)

フィンランド編集

スウェーデン編集

イタリア編集

 
トルテッリーニのスープ

ダンプリング状のパスタには、次のようなものがある。

アメリカ合衆国編集

カナダ編集

日本編集

 
ほうとう

中国編集

 
粽子

など

朝鮮半島編集

モンゴル編集

ベトナム編集

チベット編集

 
モモ

ネパール編集

トルコ・中央アジア編集

 
中央アジアのマンティ

マシュリク・アラブ民族編集

ハイチ編集

脚注編集

  1. ^ goo辞書「dumpling
  2. ^ goo辞書「ダンプリング
  3. ^ a b 吉田宗弘. “うどん類の歴史と分類”. 関西大学. 2020年11月8日閲覧。
  4. ^ goo辞書「dump