ティファニー (アメリカの歌手)

ティファニー (歌手)から転送)

ティファニー: Tiffany1971年10月2日 - )は、アメリカの女性歌手。本名はティファニー・レニー・ダーウィッシュ(Tiffany Renee Darwish)。1987年から1989年にかけて米国で6曲(トップ40内5曲)、英国で6曲がチャートイン。米国で4曲(1位2曲)、英国で3曲(1位1曲)がトップ10ヒットを記録している。

ティファニー
Tiffany
Tiffany on stage 2003.jpg
2003年、フロリダ州のガルフストリーム・パークにて。ダニエル・R・トビアス撮影
基本情報
出生名 Tiffany Renee Darwish
生誕 (1971-10-02) 1971年10月2日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ポップ・ミュージック
ダンス・ポップ
ポップ・ロック
カントリー・ミュージック
職業 歌手ソングライター女優
活動期間 1981年 -
レーベル MCAレコード、Backroom、Water Music
共同作業者 トミー・ペイジ
キャンプ・フレディ
ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
デビー・ギブソン
公式サイト tiffanytunes.com

略歴編集

カリフォルニア州ノーウォークにて、レバノンシリアにルーツがある父とチェロキー族が入ったアイルランド系の母との間に生まれる。幼少時からのど自慢荒らしとして有名で、素人ながら相当の稼ぎがあったという。1986年MCAレコードと契約し、1987年に15歳でデビューした。

1986年にMCAと契約。ファースト・アルバムの制作にかかるときに、カントリー・ミュージックではなくポップ・フィールドで勝負しようという方針が立てられた。アルバムを2枚出して売れなかったら、カントリーの分野に戻ろうという話であった。しかしながら、2曲目の「ふたりの世界 (I Think We're Alone Now)」はいきなりビルボード1位の大ヒットを記録、続く「思い出に抱かれて (Could've Been)」も1位となり、一躍トップアイドルとしてスターダムにのし上がった。「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」は7位、「フィーリングス・オブ・フォーエヴァー」は50位。当時は同じく成功をおさめた十代の女性歌手としてデビー・ギブソンがティファニーより先にデビューしており、ライバル関係と目されるようになる。ファースト・アルバムの『TIFFANY』は日本でもオリコン洋楽アルバムチャートで1988年2月15日付から3週連続1位を獲得した[1]

1988年秋に来日し両国国技館でコンサートを開催した。

エピソード編集

  • デビュー前に母親はカントリーの歌を歌わせたかった。プロデューサーのジョージ・トビンは母親にカントリー・ソングをレコーディングして第2のロレッタ・リンになると持ち上げて芸能界入りの許可をとった。
  • ティファニーはショッピングモール・ツアーをニュージャージーからスタートさせる。16都市、1都市1箇所にて25分ほどのショーで曲の合間にお喋り、その後にサイン会でファン一人一人とお喋りをこなした。当時にしては画期的なツアーであった。MCAから最初のニュージャージー・ツアーの現地であるレコード店にLPを何枚置けばいいのか見当がつかず20枚ほど入れておこうかとの提案にジョージは60枚入れてくれと提案。MCAのスタッフはまるっきり来ない寂しいプロモーションであったがライブの翌日の昼には完売した。MCAはジョージが買い占めたと思っていたという。
  • 「ふたりの世界 (I Think We're Alone Now)」
PV制作時、映画やドラマを専門とした監督を起用。監督もティファニーもPV制作が初めてだったため、かなり困惑した慌ただしい撮影になったという。とりあえずショッピングモール・ツアーを中心に撮影することした。
  • 「思い出に抱かれて (Could've Been)」
大人すぎる歌詞が当時16歳の年齢に合わないとして周囲が選曲から外そうとしたがティファニーの切なる希望によりレコーディングされた。しかしながらPV撮影は歌詞と10代のルックスがミスマッチなために作成はされなかった。代わりとしてライブ映像をアレンジしてPVを作成。周囲の心配を吹き飛ばすほどのヒットを記録したと同時にアドルト・コンテンポラリー・チャートでも一位を記録。幅広いファンを獲得し、その効果もあってデビュー・アルバムを1位の座に押し上げた。

10代アイドルブームを背景に編集

1987年11月7日付の『ビルボード』誌シングル・チャートでティファニーの歌がナンバー1に輝いたことは象徴的な事件ではある。ことの発端をどこに定めるかは難しい。1983年のニュー・エディションか、それとも1986年のチャーリー・セクストンザ・ジェッツか。いずれにしても、1987年から次々と10代の歌手が名乗りをあげてきた時代。ティファニーは16歳。デビー・ギブソンも16歳。シャニース・ウィルソンANAにいたっては各々14歳、13歳で、エリサ・フィオリロの18歳という若さがかすむほどである。 

こうした10代の突然の活躍に関して、ひとつにはポピュラー・ミュージックがあまりにも成熟してしまったことへの反動がある。例えば若者の音楽といわれたロックでさえファンとともに成長し、今では大人までもが聴ける。逆の見方をすれば、ロックをもっとも支持する10代のファンにとって、時にはそれがかけ離れたものになりかねない。このころの1960年代や1970年代前半からのスターたちが全般的に人気が下降気味なのも無関係ではないだろう。 

もう一つあげるとすれば、MTVの影響も考えられる。ビデオ・クリップがアーティストに必要不可欠のものになれば、ビジュアル面が重視されてくるわけで、そうなるとますます若さが最大の武器となる。それでなくとも、若いということ、ファンと同年代であるということはいつでも刺激的で、新鮮な魅力にあふれていたことがこの10代のアイドルブームの流れになったと考えられる。

先にあげた5人の若手女性歌手の中ではティファニーの成功が注目に値する。なにしろ、10代の歌手が全米ナンバー1になったのは1977年7月にショーン・キャシディ以来の快挙。女性歌手になると、1967年10月の「いつも心に太陽を」のルルまでさかのぼる。ただし、ティファニー自身は「ナンバー1ヒットを出したけれど、あまりピンとこないの。学校で友だちから言われて、初めて有名人になったのかなと思ったぐらいだもの」と初々しい感想を述べるにすぎない素直で純粋な面を伺わせた。

デビューの背景編集

そもそも彼女がこの世界に入るきっかけとなったのは14歳の時、ショッピングモールで買い物をしているところを音楽プロデューサーのジョージ・トビンにスカウトされたという日本的なパターン。幸い彼女は小さいころから歌手になることだけが夢で毎日ラジオを聴きながら好きな歌手のマネばかりしていた音楽少女だった。

アルバム『TIFFANY』は放課後や休日を利用して1年がかりで録音した約40曲の中からベストの10曲を選んで完成させている。その中にはトミー・ジェイムス&ザ・ションデルスの「ふたりの世界」、ビートルズの「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」(タイトル及び歌詞は「アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア」に変更)といったカバー・ソングもある。ティファニーは「私が生まれる前のヒット曲で、ジョージ・トビンが選んでくれた曲なんだけど、古い歌を歌っている感覚がまったくなかった」という無心さが、はつらつとした魅力の作品に仕上がった要因と言える。

また、彼女のボーカルスタイルにはスティーヴィー・ニックスを意識した面やカントリー系の女性歌手に通じる魅惑的な声と色気の持ち主でもあるので、スローからミディアム・テンポの曲となると、大人びた表情を見せるのも興味深い。

ショッピングモール・ツアーについて彼女は「まだまだ私には大きなステージは無理」と、小さな街のショッピングモールを地道にツアーしてまわる冷静さも彼女の成功につながった理由のひとつである。

ゴシップによる低迷編集

彼女の成功によりプロデューサーのジョージに全面的なマネージメントを任せることになった彼女は、ジョージによる商業的な管理をされることになる。順調に2曲のナンバー1ヒットを出した後、セカンド・アルバムのレコーディングを始める。

その頃のティファニーは、完全なるジョージからの洗脳により彼女の両親の許可なく仕事を進めていたため、彼女と両親の関係が上手くいかなくなり彼女は家を出てしまう。心配した彼女の母親は警察に家出の捜索願いを出した。成功し始めた彼女は、母親が芸能活動の邪魔をしないよう裁判所に訴えた。一時的に彼女の1番の応援者であった祖母が彼女の保護者となることを裁判所が任命した。当時、飛ぶ鳥を落とす勢いのティファニーは、このスキャンダルでティーンアイドルに必要な清純なイメージを崩された。

彼女の4thシングルは期待されていたが、スキャンダルの効果で思ったほど成功はできなかった。彼女の資産管理を巡って父親と母親が訴訟を起こすと、彼女のマネジメントを巡りマネージャーと両親との法廷闘争となる。ティファニーはマネージャーのジョージ・トビンと契約を結び、完全なコントロールのもとで7枚のアルバムを作ることに同意させられていた。ティファニーの母親は未成年者のティファニーのために代わって契約に署名。彼女は離婚する際の担当弁護士にそのことを相談したのだった。後に専門弁護士に相談しなかったことをとても後悔したと語っている。契約の条件は、異常なほどトビンに有利なものとなっていた。当時のトビンのパートナーはブラッド・シュミットで、この2人がティファニーの稼ぎの80%をピンハネしているような状況だった。彼女を取り巻く大人たちが、彼女の成功に対応できないだけではなく自分自身の利益に走るようになってしまい、彼女を取り巻く環境のイメージダウンをさらに加速させ、修復できないものにしていった。

5thシングルの売上はさらに下降。そんな中、当時かけだし中のニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックを、周囲の反対を押し切り彼女のコンサートに前座として迎えることにした。しかしこれが彼らに人気を奪われる皮肉な結果にも繋がった。なんと彼女のツアー中、人気絶頂を迎えたニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックにコンサートのメインを奪われることになってしまう。ティファニーは前座へと交代。ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックにファンを丸ごとうけわたす事態となる。彼らのグループの一員と交際したことが相乗効果となって、さらに人気は下降。彼女の保護者やプロデューサーの誤解により、熱狂的なファンの1人を彼女の意志とは関係なくストーカーとして告訴するということもあった。

1990年クリスマスに公開予定だった人気アニメ『スペースファミリー/ジェットソンズ』で、彼女がサウンドトラックの3曲を担当。彼女のマネージャーがその中のメインキャラクターであるジュディ・ジェットソンの声優をさせることをゴリ押し。ジュディ・ジェットソン役の声優であるジャネット・ウォルドの録音部分をすべてティファニーの声で再録音することを発表し、多くのアニメファンから避難の声が殺到した。映画は半年後まで公開を先延ばしされることになり、結果、散々な酷評を受け興行的に失敗で終わった。

ティファニーはジョージ・トビンのマネージメントと決別。ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックを管理していた、ニューヨークを拠点とするエンターテイメント・マネージャーのディック・スコットと契約する。その後、MCAはトビンに対して契約違反訴訟を提起する事態になる。トビンが未発表のティファニーの曲を別のレコード会社に売却しようとしていた。 ティファニーはMCAとトビンの訴訟に巻き込まれてしまった。その後、ティファニーにその権利を獲得し訴訟に勝利している。

その後、マネージメント会社の交代により「ティファニー・ファン・クラブ」はサービスを終了。彼女の悪循環は終わりなく、そのスキャンダルは当時止まることはなかった。

2枚目のアルバム『フレンズ』を約一年後にリリース。スキャンダルのために短い期間で制作され、完成度の低いアルバムと各紙が評価。商業的には成功と言えるが人気の下降は止められなかった。

「オール・ディス・タイム」6位、「ラジオ・ロマンス」35位、「フレンズ 」ACチャート37位、「It's the Lover (Not the Love)」ランク外。「Oh,ジャッキー」は日本のみで発売。

3枚目のアルバム『ニュー・インサイド』をリリース。この頃から音楽性や容姿を変更。新しいティファニーとして、外見だけではなく歌い方も当時のR&B調に変更。しかし、カントリー・フレーバーを漂わせることで、彼女の個性は消えていった。彼女は精力的に多くのトークショーに参加してプローモーションに励んだが、セールスに繋がらず商業的には失敗で終わった。

1991年4月、商業的な失敗によりディック・スコットら経営陣がティファニーとの契約を打切り。彼女は大金を失い、歌手としての人気がなくなり、そのショックと失望からドラッグ中毒となってしまう。立ち直るためには、しばらく時間を要さなければならなかった。最終的に彼女は薬物の使用をやめ、将来の夫に出会い、安定した家庭生活を始める。そして妊娠も経験。仕事面ではレコード会社側のバックアップを誰からも得られず、次のアルバム・リリースの予定は一向に立たなかった。表舞台からいったん姿を消した。

1993年、ティファニーはジョージ・トビンと和解し、アルバム『ドリームス・ネヴァー・ダイ』を日本先行発売。アジア中心にツアーを始める。1994年に新たな曲を加えたバージョンを本国で発売そしてツアーを計画していた。

しかし1994年、アルバムのためにジョージ・トビンが用意した曲の大部分が盗作と判明。ティファニーはジョージ・トビンと決別。その後のアメリカでのニュー・アルバムのリリースやツアーの計画をキャンセルした。2000年8月のインタビューによると、曲は実際には新しい曲ではなく、PC Questというバンドが既に録音して売り出されていたという。彼女の復帰はまたしても失敗に終わる。

1995年、シンガポールにてベスト・アルバム『オール・ザ・ベスト』をMCAよりリリース。トミー・ペイジとのデュエット「Close Our Eyes」、ティファニーが作曲に携わった「Winding Road」という2曲の新曲が収録されている。

この頃、ティファニーはナッシュビルへ移住。カントリー・ミュージックへの転身のために新しいマネージャーのパム・ルイスを起用した。彼は以前、ガース・ブルックストリーシャ・イヤウッドのマネージメントをしていた。

何曲かのレコーディングをしたがレーベルからの契約が得られず上手く話は進まなかった。2年ほどでロサンゼルスへ戻ることになった。1998年にポップス界に戻りレコーディングを始めると共にパム・ルイスとの契約を終了。1999年 昔のマネージャーであるブラッド・シュミットと契約し、本格的な復帰を目指す。

イメージの苦悩編集

彼女は、過去のブランクをうめるために沢山のメディア出演やゲスト・ボーカルでのレコーディング参加を精力的に行っていった。1980年代に人気を博した彼女のティーンポップ・パフォーマンスからはかけ離れたイメージ・チェンジのため、当時30歳で母親でもあったティファニーが、『PLAYBOY』誌の2002年4月号の表紙をヌードで飾った。1987年に行なわれたティファニーのティーン時代のショッピングモール・ツアーが、その当時のファンの思い出にしっかりと刻み込まれているため、15年経った今でもティファニーにとって“モールの女王”というイメージを振り払うことは難しかったための対策だった。「もし今回のことでイメージを壊すことができなかったら、何をやっても無理だと思う」と彼女はインターネットの掲示板で述べる。

アルバム『カラー・オブ・サイレンス』を、2000年11月21日にリリース。ファースト・シングルの「I'm Not Sleeping」もビルボードお墨付きをゲット。アルバムのビルボードの評価もとても良かった。

「多分このアルバムが、最低でも1度はほとんどのレーベルのデスクに渡ってると思うんだけど」。

「結局、資料の上では良く見えるんだけど、悲しいことに私が歌っていることが単純に“クール”ではないっていう現実があるの。私は“クール”ではないから、イメージがブレイクしづらい、って言われたわ」。

「今回の写真を誇りに思っているし、出来栄えもとっても気に入ってる。みんなも、私と同様に気に入ってもらえるといいな」。

好調なカムバックを果たすがセールスには繋がらなかった。ラジオのエアプレイに苦戦を強いられる。しかしながらメディアの注目は集まり、精力的な活動のおかげでメディアでの露出は多くなり始めた。中でも『That '80s Show』への出演は好評。残念ながら、彼女が歌手であるための活動やアルバムの宣伝のために動いていたことが『PLAYBOY』でのヌードにより、色物のメディア露出しかオファーがないことにうんざりして仕事をキャンセルすることもあった。彼女の思惑とは違うメディアからの注目は彼女に失望を与えた。

その後編集

離婚と再婚をした2004年に、マネージメントを破棄。この失敗後から体重の増加がみられ、現在に至っても以前の様なスレンダーな身体にはなっていない。

2005年にイギリスの1980年代の歌手が復活する番組『Hit Me Baby 1 More Time』で見事、予選第一パートを優勝したが決勝では敗れることになる。しかし話題に上がったことで、大いにメディアに取り上げられた。このことにGirls Aroundが感化され「I Think We're Alone Now」をカバーし、イギリスでヒットを記録した。

主にクラブなどのライブに力をいれており、その効果もあり「Higher」「Just Another Day」「Dust Off And Dance (Feat. Hydra Productions)」はビルボード・ダンス・チャートでチャートに返り咲いている。

2011年 デビー・ギブソンと共に「Syfy movies」にて『メガ・パイソンVSギガント・ゲイター』(原題:Mega Python VS. Gatoroid)に主演。昔のデビーとのライバル関係を皮肉ったコメディに仕上がっている。この映画だが、ティファニーは『メガ・ピラニア (原題:Mega Piranha)』にヒロインで出演し、一方でデビーは『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス (原題:Mega Shark vs Giant Octopus)』に主演しており、それが話題となって『メガ・パイソンVSギガント・ゲイター』の制作に繋がった。近年は女優としても活躍中。

2012年、「ふたりの世界 (I Think We're Alone Now)」が、セス・マクファーレン監督のコメディ映画『テッド』と2015年公開の続編『テッド2』の挿入歌として採用された。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

タイトル リリース情報 最高位 セールス枚数
カナダ
TIFFANY
Tiffany
  • リリース日: 1987年9月15日
  • レーベル: MCA
1 2 7 5
  • RIAA認可 400万枚
フレンズ
Hold an Old Friend's Hand
  • リリース日: 1988年10月21日
  • レーベル: MCA
17 56 13 18
  • RIAA認可 200万枚
ニュー・インサイド
New Inside
  • リリース日: 1990年10月2日
  • レーベル: MCA
- - - 17
ドリームス・ネヴァー・ダイ
Dreams Never Die
  • リリース日: 1993年11月21日
  • レーベル: MCA
- - - -
カラー・オブ・サイレンス
The Color of Silence
  • リリース日: 2000年11月7日
  • レーベル: Azil / Eureka
- - - -
Dust Off and Dance
  • リリース日: 2005年3月31日
  • レーベル: Backroom
- - - -
Just Me - - - -
Rose Tattoo
  • リリース日: 2011年3月1日
  • レベール: Only The Girl Inc. Productions
- - - -
A Million Miles
  • リリース日: 2016年3月31日
  • レベール:
- - - -
Pieces of Me
  • リリース日: 2018年9月21日
  • レベール: Go On Then
- - - -

コンピレーション・アルバム編集

タイトル リリース情報 最高位
カナダ
ときめきハート
I Saw Him Standing There EP
  • Remix EP (日本のみ)
  • リリース日: 1988年5月11日
  • レーベル: MCA / Warner Music Japan
- - - 15
ベスト16
BEST 16
  • Hits compilation (日本のみ)
  • リリース日: 1992年11月26日
  • レーベル: MCA Victor
- - - -
BEST OF BEST
Best of Best
  • Hits compilation (日本のみ)
  • リリース日: 1994年10月26日
  • レーベル: MCA Victor
- - - -
ティファニー
Best One
  • Hits compilation (日本のみ)
  • リリース日: 1995年10月27日
  • レーベル: MCA Victor
- - - -
オール・ザ・ベスト
All the Best
  • Hits compilation w/ 新曲 2曲
    (アジアのみ)
  • リリース日: 1996年2月21日
  • レーベル: MCA
- - - -
Greatest Hits
  • Hits compilation
  • リリース日: 1996年10月22日
  • レーベル: Hip-O
- - - -
I Think We're Alone Now: '80s Hits and More
  • Re-recordings of hits of the 1980s
  • リリース日: 2007年3月3日
  • レーベル: Cleopatra
- - - -

シングル編集

タイトル 収録アルバム U.S. U.S. AC UK Dance
1987 "Danny" Tiffany - - - -
ふたりの世界 - "I Think We're Alone Now" 1 38 1 23
1988 思い出に抱かれて - "Could've Been" 1 1 4 -
アイ・ソー・ヒム・スタンディング・ゼア - "I Saw Him Standing There" 7 - 8 -
フィーリングス・オブ・フォーエヴァー - "Feelings of Forever" 50 43 52 -
オール・ディス・タイム - "All This Time" Hold An Old Friend's Hand 6 10 47 -
1989 ラジオ・ロマンス - "Radio Romance" 35 - 13 -
フレンズ - "Hold an Old Friend's Hand" - 37 - -
"It's the Lover (Not the Love)" - - - -
Oh,ジャッキー - "Oh Jackie" - - - -
1990 "I Always Thought I'd See You Again" Jetsons: The Movie Soundtrack - - - -
ニュー・インサイド - "New Inside" New Inside - - - -
ヒア・イン・マイ・ハート - "Here in My Heart" - - - -
1991 "Back in the Groove" - - - -
1993 イフ・ラヴ・イズ・ブラインド - "If Love Is Blind" Dreams Never Die - - - -
1994 "Can't You See" - - - -
2000 "I'm Not Sleeping" The Color of Silence - - - -
"Open My Eyes" - - - -
2005 "Be with U Tonite" Dust Off and Dance - - - -
2006 "Na Na Na" - - - -
2007 "Feels Like Love" Just Me - - - -
"Higher" Single Only - - - 19
2008 "Just Another Day" Single Only - - - 28
2009 "Dust Off And Dance (Feat. Hydra Productions)" Hydra Productions: Liquid - - - 19

フィルモグラフィ編集

公開年 タイトル 役名 備考
2010 メガ・ピラニア
Mega Piranha
サラ・モンロー
2011 メガ・パイソンVSギガント・ゲイター
Mega Python VS. Gatoroid
テリー・オハラ デビー・ギブソン共演

脚注編集

外部リンク編集