デレク・ベイリー

イギリスのギタリスト

デレク・ベイリー (Derek Bailey1930年1月29日 - 2005年12月25日[1]) は、イングランドサウス・ヨークシャーシェフィールド出身のギター奏者、インプロヴァイザー(即興演奏者)。

デレク・ベイリー
Derek Bailey
Bailey1.jpg
デレク・ベイリー(1991年)
基本情報
生誕 (1930-01-29) 1930年1月29日
出身地 イングランドの旗 イングランド シェフィールド
死没 (2005-12-25) 2005年12月25日(75歳没)
ジャンル フリー・インプロヴィゼーション
アヴァンギャルド
フリー・ジャズ
職業 ミュージシャン、レコード・レーベル・オーナー
担当楽器 ギター
活動期間 1950年代 - 2000年代
レーベル Incus Records
共同作業者 ジョセフ・ホルブルック
スポンティニアス・ミュージック・アンサンブル
トニー・オクスレイ
エヴァン・パーカー
Iskra
カンパニー
ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ
ハン・ベニンク

来歴編集

11歳よりギターを始め、1950年代には地元シェフィールドでプロのギタリストとして活動する[1]。1960年代初頭、ギャヴィン・ブライアーズトニー・オクスレイと共に「ジョセフ・ホルブルック」というトリオで活動[2]1966年にロンドンに移り、その後エヴァン・パーカー等のフリー・フォーム系の奏者と共演し、また、ジョン・スティーヴンスの率いるスポンティニアス・ミュージック・アンサンブルのレギュラー・メンバーとなる[1]1970年、エヴァン・パーカーやトニー・オクスレイと共に「Incus Records」というレコードレーベルを立ち上げる[2]

1976年にはカンパニーを結成。このグループはメンバーが流動的で、アンソニー・ブラクストン英語版ハン・ベニンクスティーヴ・レイシーを含む多くのミュージシャンが出入りした[2]

1994年9月、日本のルインズと共にレコーディングを行い、この時の音源はデレク&ザ・ルインズ名義のアルバム『Saisoro』(1995年)として発表された[3]。また、1997年4月にもルインズと共演し、アルバム『Tohjinbo』(1998年)として発表される[4]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『トポグラフィー・オブ・ザ・ラングス』 - The Topography of the Lungs (1970年、Incus) ※with ハン・ベニンクエヴァン・パーカー
  • 『ザ・ミュージック・インプロヴィゼーション・カンパニー』 - The Music Improvisation Company 1968-1971 (1971年、Incus) ※with the Music Improvisation Company
  • 『チェロとギターのための即興曲』 - Improvisations For Cello And Guitar (1971年、Incus) ※with デイヴ・ホランド
  • 『ロンドン・コンサート』 - The London Concert (1971年、ECM) ※with エヴァン・パーカー
  • Solo Guitar Volume 1 (1971年、Incus)
  • 『ギター・ソロII』 - Solo Guitar Volume 2 (1972年、Incus)
  • 『ファーストコンサート1974』 - First Duo Concert (1974年、Emanem) ※with アンソニー・ブラクストン
  • Lot 74 - Solo Improvisations (1974年、Incus)
  • 『インプロヴィゼーション』 - Improvisation (1975年、Cramps Records)
  • 『デュオ&トリオ・インプロヴィゼイション』 - Duo & Trio Improvisation (1978年、Kitty)
  • 『デレク・ベイリー・ソロ』 - Solo (1978年、Incus)
  • 『未在のアナルキィア』 - New Sights, Old Sounds / Solo Live (1979年、Morgue)
  • Time (1979年、Incus) ※with トニー・コー
  • Aida (1980年、Incus)
  • Views from Six Windows (1980年、Metalanguage) ※with クリスティン・ジェフリー
  • Dart Drug (1981年、Incus) ※with ジェイミー・ミューア
  • 『ヤンキース』 - Yankees (1983年、Celluloid) ※with ジョージ・ルイスジョン・ゾーン
  • Notes: Solo Improvisations (1985年、Incus)
  • Compatibles (1986年、Incus) ※with エヴァン・パーカー
  • Moment Précieux (1987年、Victo) ※with アンソニー・ブラクストン
  • Cyro (1988年、Incus) ※with シロ・バプティスタ
  • Figuring (1990年、Incus) ※with バール・フィリップス
  • Village Life (1992年、Incus) ※with ルイス・モホロ、Thebe Lipere
  • 『インプロヴァイズド・ミュージック・ニューヨーク1981』 - Improvised Music New York 1981 (1992年、MuWorks) ※with フレッド・フリスソニー・シャーロック、ジョン・ゾーン、ビル・ラズウェル、チャールズ・ノーイエス
  • Wireforks (1993年、Shanachie) ※with ヘンリー・カイザー
  • Playing (1993年、Incus)
  • Drop Me Off at 96th (1994年、Scatter)
  • Saisoro (1995年、Tzadik) ※with ルインズ
  • 『ハラス』 - Harras (1995年、Avant) ※with ウィリアム・パーカー、ジョン・ゾーン
  • Banter (1995年、OODiscs) ※with グレッグ・ベンディアン
  • Close to the Kitchen (1996年、Rectangle) ※with ノエル・アクショテ
  • Lace (1996年、Emanem)
  • 『ギター、ドラムス&ベース』 - Guitar, Drums 'n' Bass (1997年、Avant)
  • Music & Dance (1997年、Revenant)
  • And (1997年、Rectangle) ※with パット・トーマス、スティーヴ・ノーブル
  • Takes Fakes and Dead She Dances (1997年、Incus)
  • Trio Playing (1997年、Incus)
  • 『サイン・オブ4』 - The Sign Of 4 (1997年、Knitting Factory Works) ※with パット・メセニー、グレッグ・ベンディアン、ポール・ワーティコ
  • 『寄り添い合いし 秩序と無秩序の気配かな』 - Drawing Close, Attuning - The Respective Signs Of Order And Chaos (1997年、J-Factory) ※with 灰野敬二
  • Tohjinbo (1998年、Paratactile)
  • 『ヴァイパー』 - Viper (1998年、Avant) ※with ミン・シャオ・ファン
  • 『ノー・ウェイティング』 - No Waiting (1998年、Potlatch) ※with ジョエル・レアンドル
  • Dynamics of the Impromptu (1998年、Entropy Stereo) ※with ジョン・スティーヴンス、トレヴァー・ワッツ
  • Arch Duo (1999年、Ratascan) ※with エヴァン・パーカー
  • Playbacks (1999年、Bingo)
  • 『アウトカム』 - Outcome (1999年、Potlatch) ※with スティーヴ・レイシー。1983年録音
  • Daedal (1999年、Incus) ※with スージー・イバラ
  • Locational (2000年、Incus) ※with アレックス・ワード
  • String Theory (2000年、Paratactile)
  • Mirakle (2000年、Tzadik) ※with ジャマラディーン・タクマ、カルヴィン・ウェストン
  • Songs (2000年、Incus) ※with 灰野敬二
  • 『Live In Okayama 1987』 - Live In Okayama 1987 (2000年、 Improvised Company) ※with 豊住芳三郎ペーター・ブロッツマン
  • Llaer (2001年、Sofa) ※with インガ―・ツァッハ
  • Fish (2001年、PSF) ※with 羽野昌二
  • Ore (2001年、Arrival) ※with エディ・プレヴォ
  • Barcelona (2002年、Hopscotch) ※with アグスティ・フェルナンデス
  • 『バラッズ』 - Ballads (2002年、Tzadik)
  • Right Off (2002年、Numerica) ※with カルロス・ベシェガス
  • Duos, London 2001 (2002年、Incus)
  • Bailey/Hautzinger (2002年、Grob) ※with フランツ・ホウツィンガー
  • 『ピーシズ・フォー・ギター』 - Pieces for Guitar (2002年、Tzadik) ※1965年-1966年録音
  • New Sights Old Sounds (2002年、Incus)
  • Soshin (2003年、Ambiances Magnetiques) ※with フレッド・フリス、アントワーヌ・バーサウム[5]
  • Nearly a D (2003年、Emanem) ※with フロデ・イェシュタード
  • Scale Points on the Fever Curve (2004年、Emanem) ※with マイロ・ファイン
  • Carpal Tunnel (2005年、Tzadik)
  • 『トゥ・プレイ〜ザ・ブレミッシュ・セッションズ』 - To Play: The Blemish Sessions (2006年、Samadhisound)
  • Derek (2006年、Amulet) ※with シロ・バプティスタ
  • Standards (2007年、Tzadik)
  • Tony Oxley Derek Bailey Quartet (2008年、Jazzwerkstatt)
  • More 74: Solo Guitar Improvisations (2010年、Incus)
  • Close to the Kitchen (2011年、Rectangle)
  • Derek Bailey Plus One Music Ensemble (2012年、Nondo)
  • The Complete 15th August 2001 (2013年、Confront) ※with Simon H. Fell
  • 28 Rue Dunois Juillet 1982 (2014年、Fou) ※with ジョエル・レアンドル、ジョージ・ルイス、エヴァン・パーカー
  • Playing With A Dead Person (2016年、Bôłt) ※with ジョン・ティルバリー
  • L'Astrolab (1994 02-1) (2016年、Noël Akchoté Downloads) ※with ノエル・アクショテ
  • Royal Volumes 1 & 2 (2017年、Honest Jon's Records) ※with アンソニー・ブラクストン
  • Extracting Fish-Bones From The Back Of The Despoiler (2017年、The Beak Doctor) ※with グレッグ・グッドマン
  • Klinker (2018年、Confront)
  • Topographie Parisienne (Dunois, April 3d, 1981) (2019年、Fou) ※with ハン・ベニンク、エヴァン・パーカー
  • Rainbow Family (2020年、Carrier) ※with ジョージ・ルイス、スティーヴ・レイシー
  • Live At FarOut, Atsugi 1987 (2020年、NoBusiness) ※with 高木元輝
  • Leeds 08/11/1996 (2020年、Scatter) ※with the XIII Ghosts
  • Derek Bailey, Trevor Watts & Terry Day At LTC – Amazing Band At N.E.Poly (2020年、Terry Day Archives) ※with トレヴァー・ワッツ、テリー・デイ
  • 1993+1992 (2020年、Scatter) ※with ジョン・スティーヴンス

スポンティニアス・ミュージック・アンサンブル編集

  • 『カリョウビン』 - Karyobin (1968年、Island records)

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • ベン・ワトソン『デレク・ベイリー:インプロヴィゼーションの物語』(木幡和枝=訳、工作舎 2014) ISBN 978-4-87502-454-5

外部リンク編集