トゥヴァ共和国

ロシア連邦を構成する共和国
トゥヴァ共和国
ロシア語Республика Тыва
トゥヴァ語Тыва Республика
トゥヴァ共和国の旗トゥヴァ共和国の紋章
国旗国章
トゥヴァ共和国の位置
国歌Мен—тыва мен
公用語ロシア語トゥヴァ語
首府クズル
政府議長ヴラディスラフ・ホバルグロシア語版(代行)
首相(廃止)
構成体種別共和国
連邦管区シベリア連邦管区
経済地区東シベリア経済地区
面積
 - 総計
国内第21位
170,500km2
人口(2010年[1]
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第77位
307,930人
1.8人/km2
53.1% : 46.9%
時間帯UTC +7(DST: なし)
クラスノヤルスク時間
ISO 3166-2:RURU-TY
番号17
ウェブサイトhttp://gov.tuva.ru/

トゥヴァ共和国(トゥヴァきょうわこく、Республика Тываトゥバ共和国とも)は、アジアの中央部に位置し、ロシア連邦を構成する共和国の1つ。1990年12月12日、トゥヴァ自治ソビエト社会主義共和国はトゥヴァソビエト最高会議第7会議で国家主権宣言を採択し、1991年11月に独立を宣言した[2]。国歌は我、トゥヴァ人なり

Tuva republic map.png

東はブリヤート共和国、南はモンゴル国、西はアルタイ共和国、北西はハカス共和国、北はクラスノヤルスク地方、北東はイルクーツク州と接している。

概要編集

地理編集

 
トゥヴァ共和国の風景

北はサヤン山脈によってハカス共和国、クラスノヤルスク地方と接し、南はほぼタンドゥ山脈トゥヴァ語: Таңды-Уула)によってモンゴル国と接する。

国内を流れるほとんどの河川はエニセイ川の水系である。主要河川はウルグ=ヘム川トゥヴァ語: Улуг-Хем、上エニセイ河)と、その左岸支流のヘムチク川ロシア語版英語版トゥヴァ語: Хемчик)である。さらに上エニセイ川は、クズル市で合流するビー=ヘム川ロシア語版トゥヴァ語: Бий-Хем、Bii-Khem、大エニセイ川)とカー=ヘム川ロシア語版トゥヴァ語: Каа-Хем、Kaa-Khem、小エニセイ川)よりなっている。共和国には多くの湖が存在する。

サヤン山脈と、タンドゥ山脈に挟まれた大きな盆地ともいえる地勢で、「盆地」の平均標高はほぼ1000m。最低標高は、ウルグ=ヘム川(上エニセイ河)がクラスノヤルスク地方に流出する550mで、最高地点は3,976mのムンギュン・タイガ山ロシア語版英語版トゥヴァ語: Мөңгүн-Тайга - Silver Mountain)である。

標準時編集

  この地域は、クラスノヤルスク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+7時間で、夏時間はない(2011年3月までは標準時がUTC+7で夏時間がUTC+8、同年3月から2014年10月までは通年UTC+8であった)。

行政区画編集

直轄地が2都市と17地区からなる。

直轄市
地区
  • バイ=タイガ地区
  • バルーン=ヘムチク地区
  • スュット=フル地区
  • チューン=ヘムチク地区
  • チャー=フル地区
  • ウルグ=ヘム地区
  • ピー=ヘム地区
  • テレ・フル地区
  • トジュ地区
  • クズル地区
  • チェディ=フル地区
  • タンドゥ地区
  • カー=ヘム地区
  • ムンギュン=タイガ地区
  • ウブュル地区
  • テス=ヘム地区
  • エルズィン地区

歴史編集

この地域は、代のタンヌ・ウリャンハイ英語版(漢字表記:唐努烏梁海)に相当する地域で、元滅亡後はオイラトジュンガル・ホンタイジ国ホトゴイドハルハのアルタン・ハン国に支配される複雑な歴史を送ってきた。

清代になると、オイラトと東モンゴルを支配するハルハに対してがタンヌ・ウリャンハイを巡って争った。

1755年乾隆帝がジュンガル・ホンタイジ国を滅亡させて、清がタンヌ・ウリャンハイを併合した。しかし、緩衝国となっていたジュンガルが無くなったことでロシアの進出が始まった。

1727年キャフタ条約を切っ掛けに、清朝が国境警備兵をサヤン山脈からタンドゥ山脈トゥヴァ語: Таңды-Уула)に移していた。

1839年になるとロシア帝国がこの地域に入植を開始し、サヤン山脈に2つの金鉱山を開いた。それでも1911年辛亥革命まで名目上はの領土であったが、ロシア帝国トゥバ人の分離主義運動を扇動しトゥバを形式的に独立させ、その後1914年にロシアの保護領とした。

1917年ロシア革命に伴う混乱は、トゥバを再び独立させた。

1921年に、ロシア共産党によって一般的にはタンヌ・トゥバと呼ばれているトゥバ人民共和国(露:Тувинская Народная Республика)が建国された。

トゥバ人民共和国は、1944年ソビエト連邦に自治州として編入され、1961年にはトゥヴァ自治ソビエト社会主義共和国として自治共和国に昇格した。

1991年12月25日にソ連が崩壊しロシア連邦が成立すると、トゥヴァ共和国にロシア共和国から独立権を得ていたが、ロシア連邦に加盟するという意向となり、ロシア連邦の構成国になることとなった。

1992年3月31日にトゥバ共和国はロシア連邦条約に調印し、ロシア連邦の連邦構成主体となってからは、共和国の名称もロシア語表記の Туваからトゥバ語表記の Тываに変更された。

中華民国は、現在でもトゥバが自国領であると主張しており、最近まで発行されていた官製の「中華民国全図」には、自国領として中華人民共和国統治区域・モンゴル国などに加えトゥバが含まれていた。当時の地図では「唐努烏梁海」という表記であった。

政治編集

政府議長(元首格)は、ショルバン・カラ=オール2007年から)。かつては首相職も設置されていたが1992年に廃止されている[4]

経済編集

 
トゥヴァの炭鉱

産業編集

主要産業は鉱工業であり、他に金属加工や食品工業、林業、畜産、毛皮獣捕獲などがある。工業生産の大部分は首府クズルアク=ドブラクロシア語版に集中している。

資源編集

非鉄金属希金属石炭アスベスト鉄鉱イリジウム雲母岩塩グラファイト大理石マグネサイト硫黄

教育編集

大学編集

観光編集

名所・旧跡編集

文化編集

民族編集

2010年の国勢調査[5]では、居住する民族の割合はトゥバ人82.0%、ロシア人16.3%、ハカス人0.3%、その他1.4%であった。ロシア国内で最も合計特殊出生率が高い地域であり、2014年の出生率が3.49人となっている。

その他編集

 
1936年発行の8コペイカ切手

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ロシア国勢調査 人口と分布
  2. ^ Тува-Онлайн: 16 лет назад тувинский парламент принял Декларацию о государственном суверенитете
  3. ^ https://www.gks.ru/free_doc/doc_2018/bul_dr/mun_obr2018.rar 2019年12月7日閲覧。
  4. ^ worldstatesmen.org - Administrative Divisions of the Russian Federation - Tyva (Tuva)”. worldstatesmen.org. 2017年4月13日閲覧。
  5. ^ ロシア国勢調査 人口と分布
  6. ^ “プーチン露大統領、「強い指導者」アピール?シベリアの湖で釣りや水泳/水温17度以下で「2時間近く魚追い続けた」”. 産経新聞ニュース. (2017年8月6日). http://www.sankei.com/world/news/170310/wor1703100011-n1.html 
  7. ^ 日本テレビ. “今年は控えめ…プーチン大統領の夏休み映像|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年4月30日閲覧。
  8. ^ 側近らがプーチン大統領にお願い、危険な冒険はやめて” (日本語). jp.sputniknews.com. 2021年4月30日閲覧。

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集