カーヴド・エアCurved Air)は、イングランドプログレッシブ・ロックバンド1970年代前半に活動。女性ボーカリストとヴァイオリニストを含む編成が特徴で、後にロキシー・ミュージックUKで活動するエディ・ジョブソンポリスを結成するスチュワート・コープランドが在籍した。その後、幾度か再結成している。

カーヴド・エア
Curved Air
ロンドン公演(2018年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 ロンドン
ジャンル
活動期間
レーベル
公式サイト Curved Air
メンバー
  • ソーニャ・クリスティーナ
  • カービー・グレゴリー
  • クリス・ハリス
  • ロバート・ノートン
  • アンディ・トゥィーン
  • グレッグ・ガジオムスキー
旧メンバー

来歴 編集

デビュー前 編集

フロリアン・ピルキントン・ミクサ、ロブ・マーティン、王立音楽アカデミーの学生だったフランシス・モンクマンが組んでいたアマチュア・バンドに、王立音楽大学ヴァイオリンを学んでいたダリル・ウェイが加わる。当初はシシファス(Sisyphus)と名乗っていたが、テリー・ライリーの楽曲「レインボー・イン・カーヴド・エア」に因んでカーヴド・エアと改名した[2]

 
ソーニャ・クリスティーナ(1970年)

1970年、ミュージカル『ヘアー』の音楽で知られるガルト・マクダーモットが手掛けたミュージカル"Who the Murder Was"の演奏に参加し、その後、ソーニャ・クリスティーナ英語版を迎えた。彼女は『ヘアー』のオリジナル・ロンドン・キャストの一員だった[3]

デビュー - 1972年 編集

1970年、イギリスのバンドでは初めてワーナー・ブラザース・レコードと契約した[2]。その後マーティンが脱退するというトラブルに見舞われたものの、11月にデビュー・アルバム『エア・コンディショニング』を発表。全英8位という成功を収める[4]。同作はデビュー・シングル「今日突然に(It Happened Today)」や、ウェイのテクニックを生かしたインストゥルメンタル「ヴィヴァルディ(Vivaldi)」といった代表曲を収録。

2作目『セカンド・アルバム』(1971年)は全英11位に達し、シングル「バック・ストリート・ラヴ(Back Street Luv)」も全英4位のヒットとなった[4][注釈 1]。3作目『ファンタスマゴリア -ある幻想的な風景-』(1972年)は、後にクリスティーナがソロ・アルバム"Songs from the Acid Folk"(1991年)で取り上げたフォーク・ナンバー「メリンダ(Melinda (More or Less))」や、モンクマンが主導権を握った前衛的な楽曲「前にいるのは誰(Whose Shoulder Are You Looking over Anyway?)」を含む多彩な内容で、全英20位に達した[4]。しかし同作の発表に伴うツアーの途中でモンクマンが脱退。後任にカービー・グレゴリーが加入するが、続いてウェイとピルキントン・ミクサも脱退[注釈 2]。クリスティーナたちはエディ・ジョブソンとジム・ラッセルを迎えてツアーの残りを消化する[5]

1973年 - 解散 編集

クリスティーナとマイク・ウェッジウッド(ベース)の2人に、前述のツアーの途中で加入したグレゴリー、ジョブソン、ラッセルを加えた新編成で『エア・カット』(1973年)発表[注釈 3]。この頃のアウトテイクは、後に編集盤『ラヴ・チャイルド』(1990年)として発表された。その後、一度解散状態となり、ジョブソンはブライアン・イーノの後任としてロキシー・ミュージックに加入。クリスティーナは再び『ヘアー』に出演した。

1974年、オリジナル・メンバーのウェイ、モンクマン、ピルキントン・ミクサが復帰し、新たにフィル・コーン(ベース)を迎えて、11月からツアーを開始。12月5日のカーディフ公演と6日のブリストル公演での演奏を収録したライブ・アルバム『ライヴ』(1975年)を、BTMレコード[注釈 4]から発表した[注釈 5]。クリスティーナはボーカル・スタイルをアグレッシヴに変化させ、「バック・ストリート・ラヴ」のサビをオリジナルより1オクターヴ高く歌った。

その後、クリスティーナとウェイ以外のメンバーは脱退[注釈 6]。残った二人は、スチュワート・コープランド[6]らを迎えて『ミッドナイト・ワイアー』(1975年)、『エアボーン』(1976年)を発表した[注釈 7]。その後、ウェイも脱退してアレックス・リッチマン(キーボード)が加入するが、新編成での音源発表はなく、1976年12月には解散した[注釈 8]

その後 編集

1990年、ピルキントン・ミクサ、マーティン[注釈 9]、モンクマン、ウェイ、クリスティーナのオリジナル・メンバー5人が再び揃い、ライブ活動を行う。9月23日の演奏は、2000年に『アライヴ1990』として発表された。

2007年、再々結成の話が持ち上がるが、クリスティーナが当時MASKで活動していたため、一旦延期となる[7]。そして2008年、クリスティーナ、ウェイ、ピルキントン・ミクサの3人と、アンディ・クリスティ(ギター)、クリス・ハリス(ベース)の2人の新メンバーで再々結成。昔の曲の再録音版と新曲2曲を収録した32年ぶりのスタジオ・アルバム『リボーン』を発表。2009年1月16日と17日には、CLUB CITTA'で初の日本公演を行なう[8]

 
唯一のオリジナル・メンバーとして活動するクリスティーナ(2015年)

その後、ウェイが再度の脱退をし、後任にジョブソンが加入してツアーに参加したが直ぐに脱退。2009年後半以降は、クリスティーナとピルキントン・ミクサの二人に新メンバーを入れての6人編成で活動を継続していたが、2017年にピルキントン・ミクサが降板しオリジナル・メンバーはクリスティーナだけになる。

2021年、ピルキントン・ミクサが死去[9]

メンバー 編集

現ラインナップ(2021年5月時点) 編集

  • ソーニャ・クリスティーナ (Sonja Kristina) - ボーカル (1970年–1976年、1984年、1988年、1990年、2008年–)
全作に参加。
  • カービー・グレゴリー (Kirby Gregory) - ギター (1972年–1973年、2013年–2016年、2019年–)
『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』に参加。
  • クリス・ハリス (Chris Harris) - ベース (2008年–)
『リボーン』以降の作品に参加。
  • ロバート・ノートン (Robert Norton) – キーボード (2009年–)
  • アンディ・トゥィーン (Andy Tween) – ドラムス (2017年–)
  • グレッグ(グジェゴシュ)・ガジオムスキー (Grzegorz "Greg" Gadziomski) – ヴァイオリン (2019年–)

旧メンバー 編集

  • ダリル・ウェイ (Darryl Way) - ヴァイオリン、キーボード (1970年–1972年、1974年–1976年、1984年、1988年、1990年、2008年–2009年)
『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』、2010年以降の作品を除く全作に参加。
初期3作品、『ライヴ』『アライヴ1990』に参加。
  • ロブ・マーティン (Rob Martin) - ベース (1970年、1990年スポット参加)
『エア・コンディショニング』制作後に脱退。『アライヴ1990』にゲスト参加。
初期3作品、『ライヴ』『アライヴ1990』『リボーン』に参加。
  • イアン・アイアー (Ian Eyre) - ベース (1970年–1971年)
『セカンド・アルバム』に参加。
『ファンタスマゴリア-ある幻想的な風景-』『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』に参加。
『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』に参加。
  • ジム・ラッセル (Jim Russell) - ドラムス (1972年–1973年)
『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』に参加。
  • フィル・コーン (Phil Kohn) - ベース (1974年–1975年)
『ライヴ』に参加。
『ミッドナイト・ワイアー』『エアボーン』に参加。
  • ミック・ジャック (Mick Jacques) - ギター (1975年–1976年)
『ミッドナイト・ワイアー』『エアボーン』に参加。
『ミッドナイト・ワイアー』にゲスト参加。
コロシアムグリーンスレイド。『エアボーン』に参加。
  • アレックス・リッチマン (Alex Richman) - キーボード (1976年)
1976年後半のライブのみ参加。
  • アンディ・クリスティ (Andy Christie) - ギター (2008年–2009年)
『リボーン』に参加。
  • キット・モーガン (Kit Morgan) - ギター (2009年–2013年、2016年-2018年)
  • ポール・サックス (Paul Sax) – ヴァイオリン (2009年–2019年)
  • ジョージ・ハドソン (George Hudson) - ギター (2018年-2019年)

ディスコグラフィ 編集

スタジオ・アルバム 編集

  • 『エア・コンディショニング』 - Airconditioning (1970年)
  • 『セカンド・アルバム』 - Second Album (1971年)
  • 『ファンタスマゴリア -ある幻想的な風景-』 - Phantasmagoria (1972年)
  • 『エア・カット』 - Air Cut (1973年)
  • 『ミッドナイト・ワイアー』 - Midnight Wire (1975年)
  • 『エアボーン』 - Airborne (1976年) ※旧邦題『空中漂流』
  • 『ノース・スター』 - North Star (2014年)

ライブ・アルバム 編集

  • 『ライヴ』 - Curved Air – Live (1975年)
  • 『ライヴ・イン・コンサート』 - Live at the BBC (1995年) ※BBCでのスタジオ・ライブのアーカイヴ。録音は1970年、1971年、1976年。後に『エア・ウェイヴス - ライヴ'70S』 (Air Waves)のタイトルで再発。
  • 『アライヴ1990』 - Alive, 1990 (2000年)
  • 『リボーン』 - Reborn (2008年) ※スタジオ録音の新曲を含む。
  • 『ライヴ・アトモスフィア』 - Live Atmosphere (2012年)

コンピレーション・アルバム 編集

  • 『ラヴ・チャイルド』 - Lovechild (1990年) ※1973年録音のアウトテイク集
  • 『ベスト・オブ・カーヴド・エア』 - Retrospective (2010年) ※ベスト・アルバム

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ a b Thompson, Dave. Curved Air | Biography & History - オールミュージック. 2021年5月29日閲覧。
  2. ^ a b Curved Air - Music Biography, Credits and Discography : AllMusic - Biography by Dave Thompson
  3. ^ Various - Hair - Original Cast Recording Of London Production (Vinyl, LP) at Discogs
  4. ^ a b c ChartArchive-Curved Air-
  5. ^ 『セカンド・アルバム』日本盤CD(WPCP-4223)ライナーノーツ(伊藤秀世、1991年3月)
  6. ^ Copeland (2009), pp. 27–32.
  7. ^ BURRN!』2009年2月号p.45
  8. ^ CURVED AIR JAPAN TOUR 2009
  9. ^ カーヴド・エアのオリジナル・ドラマー、フロリアン・ピルキントン・ミクサが死去”. amass (2021年5月27日). 2021年5月29日閲覧。

注釈 編集

  1. ^ 収録曲「ユー・ノウ(You Know)」は後にカテドラルが日本企画のミニ・アルバム『ホプキンス』でカヴァーした。
  2. ^ ウェイは、ジョン・エサリッジ(後にソフト・マシーン)やイアン・モズレイ(後にマリリオン)と共にダリル・ウェイズ・ウルフを結成した。
  3. ^ 同作は、カーヴド・エアの作品の中では唯一、CD化が2000年代にまで遅れ、長い間廃盤となっていた。
  4. ^ マイルス・コープランド3世が設立した。
  5. ^ 配給はデラム。
  6. ^ モンクマンはフィル・マンザネラらと共演。
  7. ^ コープランドはカリフォルニア州での学生生活を終えようとしていた1975年、ロンドンで音楽マネージメントに携わっていた長兄のマイルス・コープランド3世から、ウェイが新しいバンドのドラマーを探していることを聞いた。彼はロンドンに渡ってウェイらに合流したが、ウェイやカーヴド・エアの他のオリジナル・メンバーが税金対策の為に急遽再結成ツアーを行なうことになったので、そのツアー・マネージャーを務めることになった。ツアーが終了するとウェイとクリステイーナがカーヴド・エアに残り、彼とギタリストのミック・ジャックスをメンバーに迎えて活動を継続することになった。彼等は、マイルスが設立したBTMレコードから2作のアルバムを発表した。
  8. ^ クリスティーナは1980年にソロ・デビュー。コープランドは1977年にポリスを結成して成功を収める。二人は1982年に結婚したが、1991年に離婚した。
  9. ^ ゲストとしての参加。

参考文献 編集

  • Copeland, Stewart (2009), Strange Things Happen: A Life With The Police, Polo And Pygmies, HarperCollins, ISBN 978-0-00-733940-2 

外部リンク 編集