メインメニューを開く

トヨタ・D-4(Direct Injection 4-Stroke)は、トヨタ自動車が開発したガソリン直噴エンジン技術。

目次

歴史編集

D-4は1996年平成8年)に3S-FSEに搭載される形で登場した。その後、新たな燃焼コンセプトとして1999年(平成11年)には「第二世代D-4燃焼系」が2JZ-FSEに採用され[1]、その後のD-4エンジンに適用された。第一世代と第二世代の大きな違いとしては、第一世代では燃料の噴霧形状は円錐状であったが、第二世代では貫徹力の高い状の噴射を行うファンスプレーとし、ピストン頂部に凹みを作り貝型の燃焼室にした点などがある。

なお1JZ-FSEおよび2JZ-FSEエンジンにおいて、長時間のアイドリングなど特定のエンジン回転域を多用されるような運転により、インテーク側にカーボンが徐々に堆積して吸気の流れが変化し、アイドル不調が発生することがあり、当該現象については保証期間が5年または10万 Km以内から9年以内に延長されている[2]

2005年には、世界で初めて直噴とポート噴射の2つを同時採用する新燃料噴射システムの『D-4S』を開発。低負荷域をポート噴射、ノッキングの恐れのある高負荷域を直噴にすることで燃費を向上させた。また排気再循環により燃費を向上させるにあたり、吸気インジェクターに残る直噴の煤がネックとなっていたが、ポート噴射で洗い流すことでこれを解決した。2012年にはターボエンジン向けのD-4Tを開発した。


該当エンジン編集

(3500)以上はD-4S

搭載車種編集

脚注編集

  1. ^ 外部リンク参照
  2. ^ https://toyota.jp/recall/kaisyu/071101.html クラウンなど8車種 1JZ-FSEおよび2JZ-FSEエンジンの保証期間延長 2008年

関連項目編集

外部リンク編集