メインメニューを開く

トリツカレ男』(トリツカレおとこ)は、いしいしんじによる短編小説。ビリケン出版より2001年10月に刊行された。後に2006年新潮社より文庫化された。

あらすじ編集

ジュゼッペはみんなから「トリツカレ男」とよばれていた。一度何かにとりつかれると、ほかのことにいっさい気がむかなくなる。そのせいでなんどもあぶない目にあっても、こりずにとことん取りつかれるのだ。

そんなある秋の日、ジュゼッペは風船売りの少女・ペチカと出会った。ペチカにとりつかれてしまったジュゼッペは、彼女の笑顔にある“くすみ”をぬぐい去る為に奮闘する。

登場人物編集

ジュゼッペ
皆から「トリツカレ男」と呼ばれている青年。一度何かに夢中になると、トコトンやり続ける。そのおかげで、数々の部門を極めている。
ペチカ
風船売りの少女。3年前に東の外国から母親のやって来た。インコを飼っている。
ハツカネズミ
ジュゼッペがハツカネズミの繁殖に取りつかれていた時に産まれた、言葉を理解するネズミ。
レストランの主人
ジュゼッペが働いているレストランの主人。
ツイスト親分
ツイストが好きなギャング。
ペチカのお母さん
喘息が酷く、治療院に入院する為にペチカと一緒にやって来た。
タタン
年齢40歳の中学教諭で、ペチカの婚約者。ホッケーが得意。

ジュゼッペがトリツカレた物編集

  • オペラ
  • 三段跳び - 地区大会で競技用の砂場を飛び越し、世界記録を大きく更新し1位。続く勢いで地方大会も1位になるが、全国大会直前で別の物に取りつかれて大会をすっぽかした。
  • 探偵 - 全国の探偵と知り合い、実際にいくつかの事件を解決した。が、不法侵入や名誉棄損で牢屋に入れられた回数の方が多かった。
  • 昆虫採集
  • 外国語の通信教育 - 15か国語の語学を身に付る。
  • なぞなぞ
  • カメラ収集
  • 潮干狩り
  • 潮干狩りで拾った貝や石を磨く
  • 綱渡り
  • 腹筋/背筋運動
  • サングラス収集 - 自分でかける事なく、ただ集めるだけ。
  • ナッツ投げ - 最高で一度に5個のピーナッツを投げて食べた。
  • 使い古しの封筒集め
  • ガラス吹き
  • 誰も見た事がないほどでっかい雪だるまづくり
  • 雪細工
  • 競歩
  • 息を止める - 結果、いきなり泡を吹いて倒れた。
  • ハツカネズミの飼育
  • バスクラリネット
  • 刺繍
  • 長くてぶあついサンドイッチ作り

舞台編集

演劇集団キャラメルボックス版編集

2007年と2012年に上演された。また、2012年版は一部ダブルキャスト。脚本・演出は成井豊

舞台はイタリアの架空の街「アルコバレーノ」(イタリア語と言う意味)。ヴェネツィアで行われる仮面祭を題材にしたシーンがあり、ジュゼッペは仮面作りにも取りつかれていたという設定が追加されている。そのシーンにおいて、ジャグリング(リング・ポイ・シガーボックス・フラッグ)も披露される[1]

出演編集

アトリエ・ダンカンプロデュース版編集

2009年音楽劇として上演された。脚本:倉持裕・演出:土田英生・振付:小野寺修二・音楽:青柳拓次/原田郁子

東京公演が行われた天王洲銀河劇場のロビーでは坂元健児の発案で、トリツカレ男特製ドリンク(「トリツカレ男」・「ジュゼッペ」・「ペチカ」の3種類)が発売された[2]

出演編集

  • ジュゼッペ - 坂元健児
  • ペチカ - 原田郁子
  • ペチカのママ - 浦嶋りんこ
  • タタン - 小林正寛
  • ハツカネズミ - 尾方宣久
  • ツイスト親分 - 尾藤イサオ
  • ほか - 江戸川卍丸、大熊隆太郎、榊原毅、鈴木美奈子、中村蓉、藤田桃子

参考編集

  1. ^ 演劇集団キャラメルボックス『キャラメルボックス2012スプリングツアー1 トリツカレ男 トーク&フォトブック』株式会社ネビュラプロジェクト、2012年初版、35・36頁より引用
  2. ^ 音楽劇「トリツカレ男」ブログ『わらし通信14』”. アトリエ・ダンカン. 2012年9月20日閲覧。

外部リンク編集