メインメニューを開く

トレバー・フィリップス

トレバー・フィリップス(Trevor Philips)Rockstar Games(ロックスター・ゲームス)が制作したゲーム『グランド・セフト・オートV』(GTA5)に登場する架空のキャラクター。彼は3人の主人公の1人(他はマイケル・デ・サンタ(Michael De Santa)とフランクリン・クリントン(Franklin Clinton))として登場する。トレバーの声優とモーションキャプチャは俳優のスティーブン・オッグ(Steven Ogg)が担当した。

Trevor Philips
Grand Theft Autoのキャラクター
初登場作品 Grand Theft Auto V (2013)
作者 Rockstar North
声優 スティーブン・オッグ
モーション
キャプチャー
スティーブン・オッグ

トレバーの容姿は演者であるオッグの外見をベースとした一方、彼の性格は実在の犯罪者であるチャールズ・ブロンソン英語版から発想を得ていた。GTA5の共同ライターのダン・ハウザー(Dan Houser)はトレバーを純粋に欲望と憤りによって突き動かされていると表現した。本キャラクターに対してプレイヤーが愛着を持ってもらうためにデザイナーはトレバーに更に感情を与えた。猟奇的行動にもかかわらずトレバーは彼と親密な人々には本当に気にかけていることが示されている。

トレバーはビデオゲーム史上最も物議を醸したキャラクターの1人と考えられている。批評家とゲーマーによる一般的なトレバーへの関心は大半がかなり好意的なものであったが、一部のレビュワーは彼の暴力的な性格や行動がゲームの物語に悪影響を及ぼしていると感じた。彼のデザインと性格は他の影響力のあるビデオゲームや映画の登場人物と比較された。多くのレビュワーはトレバーを好ましく信頼できるキャラクターと呼び、殺人や暴力などプレイヤーに人気のアクションを積極的に行うGTAシリーズでも数少ない主人公の1人であると感じた。

キャラクターデザイン編集

Grand Theft Auto Online編集

 
GTA5でトレバーを演じたスティーブン・オッグ。彼の演技の殆どはモーションキャプチャ技術を用いて記録された

GTA5の共同ライターのダン・ハウザーは「(トレバーは)犯罪の別側面の化身として殆どどこからともなく[ロックスターに]現れた…もし、マイケルが防犯のいくつかのバージョンのアイデアであることを意図されていたら…誰がそれをしなかったのか?」と説明した[1] 。彼は後にトレバーを「純粋に欲望、憤りで突き動かされる人物で、明日のことなど一切考えず、エゴではなく完全なるイドが働いている」と表現した。彼はトレバーは「本当のサイコパスのように容赦なく殺すが、正当な理由を彼が気に入った時にはとても感傷的になる」と述べた[2]

ロックスターはキャラクターの台本作成中に主人公の典型を描写した。トレバーは狂気を体現すると考えられていた。ハウザーは互いが並列するものとしてマイケルとトレバーを特徴づけたと語った。彼は「マイケルは仕切りたがりの犯罪者で時にはいい男であり、トレバーは偽善者ではない狂人だ」と語った。彼は三人の主要キャラクターはゲームのストーリーを従来の1人の主人公が犯罪の裏社会で成り上がっていく過去作よりも更にオリジナルの領域に移行させたと語った[3] 。GTA5でスティーブン・オッグはトレバーを演じた。初期のオーディションのプロセスの間にオッグは彼とマイケル役のネッド・ルークとの間に化学反応が生じたことに気づき、彼が感じたそれが彼らが役割を射止める手助けになった[4]。オッグは「(ルーク)と私が一緒に部屋に入った時、私達はすぐに何かを持っていた」と語った[5] 。役者はオーディションがロックスター・ゲームズのものであるとは知っていたが、GTAシリーズ作品に関わることになると知ったのは契約書にサインした時だった[6]。オッグはトレバーの描写は時間と共に進化していると感じた。彼は「ニュアンスとキャラクターの特徴が明らかになり始めた…彼の歩行、彼の喋り方、彼のリアクション、間違いなくゲームを通じて彼の発展を教えてくれた」と語った。

俳優達は2010年からこのゲームに携わり始めた[6]。彼らの演技は主にモーションキャプチャー技術を用いて記録された[7] 。同乗キャラクターとの車内での会話シーンはスタジオで収録された。俳優達は撮影現場で会話や動きを収録してきたため、自分達の演技は映画やテレビ番組での役と変わらないと考えていた。キャラクターの会話は役者達にアドリブを許さないように台本化されたが、時々ディレクターの承認を得て演技の細かい変更を行った[8]

属性編集

トレバーはGTA5でソシオパスとして描かれる。彼は冷酷かつ容赦なく人を簡単に殺害する一方、彼は全てのことについて正直であり滅多に偽善を見せることはなく、他人に対してしばしば指摘する。彼はカナダで生まれ育ったことについて非常に不安があるようで、彼の訛りを馬鹿にされると怒りをあらわにする[9]。猟奇的な行動をとるにもかかわらずトレバーはかなり感情的である。トレバーは自身と親密な人間には気にかけており、そのような人達に対しては本当に誠実になることもできる。これらの人々には彼の母親[10]、アシュリー・バトラー(Ashley Butler)[10]、パトリシア・マドラッゾ(Patricia Madrazo)[11]、モード(Maude)[12]、マイケル・デ・サンタとマイケルの子供トレイシー(Tracey)[13]とジミー(Jimmy)、ラマー・デイビス(Lamar Davis)、ロン(Ron)、レスター(Lester)、子分のウェイド(Wade)及びフランクリン・クリントンが含まれる。それにもかかわらず、他のキャラクターはトレバーを危険な存在とみなしている。プロローグの間にマイケルはトレバーを射殺される罠にかけ、後にフランクリンにトレバーと共に逮捕されたら裁判で精神障害を申し立ててほしいと頼んでいる。これはトレバーの犯罪の知識と程度、トレバーの狂気が誰にもわからずに増しているという確信、この問題についての彼の沈黙がマイケルの良心に重くのしかかっていることを示唆している。

トレバーを演じる時、自身の演技に強い様式的影響を与えた人物としてオッグは2008年の伝記映画ブロンソン』でトム・ハーディが演じたイギリス人の犯罪者チャールズ・ブロンソンを引用した[14] 。オッグはトレバーは暴力的でサイコパスのGTAのアンチヒーローの典型を体現していると思案する一方で彼はトレバーの物語にプレイヤーが共感してもらうことを望んでいた。「他の感情を引き出すことは難しく、最大の挑戦であり私にとって大きな意味を持つものだった」とオッグは語った[6]

登場編集

Grand Theft Auto V編集

トレバーはカナダ人でありアメリカの国境のすぐ北で生まれた。彼は父親から身体的虐待を受け、母親からは心理的虐待を受けて育った[15]。トレバーはライアン(Ryan)という兄弟がいたがゲームの出来事の前に死亡している。トレバーの父親はショッピングモールで彼を捨てたことで、後に彼が復讐で父親を焼殺した。父親の死亡時はトレバーはまだ10歳だった。この生い立ちとトレバーの暴力的な気質が組み合わさったことで情緒不安定となり、教師への攻撃を含む学校での数々の闘争につながった。トレバーは飛行機を愛しており、ある時にパイロットとして軍に入隊した[16][17] が心理評価において非難された後にすぐに除隊を余儀なくされた[18] 。その後、トレバーは罪を犯すようになっていき、最初は小規模な強盗を行い6ヶ月間の懲役となるも、品行方正だったため4ヶ月で出所した[19]。彼はその後も罪を犯し続け、自身のパイロットスキルを活かして密輸人にもなった。トレバーは最終的にマイケル・タウンリー(Michael Townley)と出会い、両者はお互い大規模な銀行強盗をやることで金を稼ぎたがっていることに気づき、2人はそれを行い成功した。しかしながら、マイケルがアマンダ(Amanda)という名のストリッパーと結婚し、彼女と家庭を築き始めた後にトレバーとの関係に歪みが生じてきた[18]

共犯者のブラッド・スナイダー(Brad Snider)と共に行った強盗を終え逃走中にマイケルとブラッドは警察に撃たれたがトレバーは逃走することができた。彼はマイケルは死亡し、ブラッドは刑務所送りになったと信じていた[20]。トレバーは最終的にブレイン郡のサンディ海岸に定住し、そこで武器の密輸とメタンフェタミンの製造を行う小さな犯罪企業を設立し[注釈 1]、彼は企業を巨大な帝国に成長させることを望んでいた。激しい喪失感からトレバーは彼が過去の生活から誘拐し洗脳した2人の忠実な友人(「ナーバス」・ロン・チャコスキー("Nervous" Ron Jakowski)とウェイド・ハーバート(Wade Hebert))を取り巻きにした[21]。トレバーはまたサンディ海岸でジョニー・クレビッツ(Johnny Klebitz)率いる「ロスト・モーターサイクルクラブ」(ロストMC)[10]や「バリオス・ロス・アステカス」のギャング[22]及び「オニール兄弟(O'Neil Brothers)」などの競合相手と不安定な停戦状態に入った[23]

運命の強盗から9年後、トレバーはマイケルが自分の死を偽装していたことを理解し、激怒し無我夢中になったトレバーは停戦を破棄し、一連の暴力で彼の競合の大半を殺害し死の連鎖はトライアドとの形成を一変させる可能性のある取引が失敗に終わった時にも続いた[23]。彼はロスサントスまで運転し、アパートを乗っ取りウェイドのいとこのフロイド(Floyd)の人生を台無しにし、「デ・サンタ(De Santa)」に改名したマイケルと再会した。マイケルはトレバーにフランクリン・クリントンを紹介した後、フランクリンを加えた3人で強盗を実行した[24] 。トレバーは彼が嫌う民間セキュリティ企業「メリーウェザー・セキュリティー・コンサルティング(Merryweather Security Consulting)」が守っているあらゆるものを盗もうと決めた[25] が、なかなかうまくいかなかった。仕事に対しての報酬が得られなかった後、トレバーは麻薬王マーティン・マドラッゾ(Martin Madrazo)の妻パトリシアを誘拐した[26] 。彼女の親切な母性とトレバー自身の喪失感により、トレバーは彼女と恋に落ちマイケルからの要求を受けて彼女を解放した[27]が、2人はゲームの終わりまで連絡を取り合っていた[28]

最終的にトレバーはマイケルが自分とブラッドを騙しており、ブラッドは刑務所にはおらずマイケルの偽の墓に埋葬されていたと知った。これを受け、トレバーはマイケルの殺害を誓うが、最後の強盗のために彼が生きていることが必要だった[29]。強盗が成功した時、トレバーは歓喜し彼の死の誓いを取り下げたが、未だにマイケルを憎んでいた[30] 。ゲームの終盤近くでフランクリンはトレバーかマイケルのいずれかを殺すか、彼らを生かして彼らの敵と対峙するという選択肢を与えられる。フランクリンがマイケルを殺害した場合、トレバーはマイケルの死を受け入れた後、フランクリンに自分には近づくなと話し彼と絶縁した[31]。フランクリンがトレバーを殺害する選択肢を選んだ場合、フランクリンはトレバーと会い、マイケルと共に石油プラントまでトレバーを追いかける。そこでトレバーがオイルタンクに衝突し油まみれとなり、フランクリンかマイケルのどちらかが油に向けて発砲したことでトレバーの身体に火がつき焼死する[32]。フランクリンがトレバーとマイケルの両者を殺さなかった場合、トレバーは連邦捜査局(FIB)の捜査官スティーブ・ヘインズ(Steve Haines)を殺害し、その後ウェストン(Weston)を捕まえてマイケルとフランクリンと共に彼を殺す。トレバーは再びマイケルを友人と考えるようになり、彼が嫌う友人だがマイケルは受け入れた[33] 。その後、彼らはフランクリンとの関係を保ち続け、トレバーは最終的にブラッドについての真相を知った後過剰反応してしまったことを認め、自分自身とマイケルを友人と呼んだ[28]

Grand Theft Auto Online編集

トレバーはGTA5のオンラインマルチプレイヤーモード『Grand Theft Auto Online』にメインキャラクターとして登場する。彼はランク13まで到達すればプレイヤーにミッションを提供する。プレイヤーがトレバーの移動式メスラボを盗んだ後[34]、トレバーは問題を解決するために、プレイヤーに仕事を終わらせるよう求めた[35]。トレバーが求める仕事は一般的にライバルグループ(特にロストMC)から麻薬を盗む一方でディーラーを殺害することで構成されている[36]。GTAオンラインの物語はシングルプレイヤーのストーリーの出来事の数ヶ月前が舞台となっている[37]

反響編集

評価編集

GTA5の発売以降、トレバーのキャラクターは概ね高評価だった。Edgeは三人の主人公の傑出したキャラとしてトレバーを選びぬいた[38]。EdgeのようにGameSpotのCaroline Petitはトレバーを「本当に恐ろしくぞっとする精神異常者の凄まじいキャラクター」とみなした[39]EurogamerのTom Bramwellはトレバーは「浅薄で説得力のない」センセーショナルなアンチヒーローで「彼のいたずらが物語を脱線」させており、マイケルとフランクリンのキャラクターの成長を見劣りさせていることからトレバーは他のキャラクターを残っていると感じた[訳語疑問点][40]。JoystiqのXav de Matosは「各キャラクターが各自の旅への正当な目的を持っていたとしても、彼らにそれを達成することを望むのは難しい」と言及し、物語によそよそしい効果をもっていることから三人全員が好ましくないこを見つけた。彼はまた、トレバーとマイケルの間の矛盾が話の終わりまでに疲れた装置であると感じ、それはそれらの間の矛盾の「一見無限のサイクル」となったと感じた[40][41]

 GamesRadarのルーカス・サリバン(Lucas Sullivan)はシリーズ初の「筋が通った」キャラクターとしてトレバーを称賛した。彼はGTAのゲームを初めてプレイするにおいて、大半のプレイヤーは平和的にプレイするのとは対象的に「一部の馬鹿な間抜けの車を乗っ取り、その後歩道を90マイルで走り、市民を刈っていく。トレバーの存在はどのグループの人々にも当てはまらない。彼はただ過去10年GTAをプレイし続けた人々にとって初めて論理的にフィットしている」と語った。Sullivanはトレバーは殺人や暴力などのプレイヤーに人気のアクションを進んで実行するGTAの数少ない主人公の1人と結論づけた[42] 。トレバーは他の多くのゲームと映画の登場人物と比較されている。IGNのカルヴィン・カーン(Calvin Khan)はトレバーを2008年の映画『ダークナイト』のヒース・レジャー扮するジョーカーと比較した。カーンはGTA5でトレバーだけが自身のペルソナを偽ろうとしなかったと感じただけでなく、「トレバーは完全に自分がモンスターであると知っているが気にしていない。彼は不幸や危害を引き起こすのを楽しみ、そのために生き、大事にする…ヒース・レジャーのジョーカーのように彼は純正のアナーキーとして純粋に存在している」と述べた。 彼はまたトレバーの人を傷つけ彼の周囲全てを滅茶苦茶にする唯一の理由は単に彼があまりにも楽しいことではないという理由だけであるとも感じた。 カーンはトレバーの目を通じた世界は既に完全に壊れており、彼は更に滅茶苦茶にしても何も害を与えてないと見ていることがトレバーの行動の原因であると述べ結論付けた[43]

日本のゲーム専門のニュースサイトなどにおいても、トレバーのキャラクター性は注目を集めた。 ライターのマフィア梶田は4Gamer.netに寄せたレビュー記事の中で、トレバーの強烈で狂気に満ちたキャラクター性について評価しており、悪党ではあっても理知的な面を有していたシリーズ歴代作品の主人公とは大きく異なると述べている[44]。 GTA5のファンであることを公言しているミュージシャンの増子直純はニュースサイト・ナタリーとのインタビューの中で、トレバーをGTA5で一番クレイジーなキャラクターだと評価し、「頭のはげ上がった中年男性」というトレバーの主人公らしからぬキャラクター性についても評価している[45]

受賞歴編集

トレバーは「Cheat Code Central's 7th Annual Cody Awards」の「ベスト男性キャラクター」を受賞し、他の様々なアワードにノミネートされた[46] 。それらには「Spike VGX 2013」の「キャラクター・オブ・ザ・イヤー」(BioShock Infiniteのルーテスの双子が受賞)、Hardcore Gamerの「Game of the Year Awards 2013」の「ベスト新キャラクター」(The Last of Usのエリーが受賞)及びDestructoidの「Best of 2013」の「ベストキャラクター」(ルーテスの双子が受賞)などが含まれる[47][48][49]。スティーブン・オッグもまたトレバーとしての彼の演技で「Spike VGX 2013」の「最高の声優」賞とテレグラフの2013年ビデオゲームアワードの「最高のパフォーマー」賞にノミネートされた(どちらの賞もトロイ・ベイカーが受賞)。また第10回英国アカデミー賞ゲーム部門の「パフォーマー」賞にもノミネートされた(アシュレー・ジョンソンが受賞)[47][50][51]


論争編集

GTA5のミッション「ありふれた捜査(By the Book)」での拷問描写が批判された。このミッションではFIB(FBIのゲーム版)に脅威を与える疑わしいアゼルバイジャン人の逃亡者に関する情報を聞き出すためトレバーはフェルディナンド・ケリモフ(ミスターKと呼ばれていた)を尋問した。トレバーは拘束された男に対してテーブルにある拷問器具からプレイヤーが選択したものを使った。ミスターKがFIBに情報を提供するとトレバーは彼を殺すように求められるが、その代わりに彼を空港まで車で連れていき、逃走の機会を与えた。ケリモフを車で連れて行く間にトレバーは拷問の効果の無さについて独白し、拷問を受けずともFIBに情報を提供する用意がケリモフにはあったと指摘し、拷問は権力が「自分たちの主張を押し通す」ために用いられると表現した[52]

レビュアーの間では本ミッションをアメリカ政府による拷問の使用についての政治的解説として役立っている一方で、同ミッションでの拷問の使用は悪趣味であるとの意見が相次いだ。GameSpotのPetitは独白の文脈で拷問シーンを挿入することは、ミッションの機能の中で批判的な装置としての偽善を作り出したと感じ、IGNのマクドナルドは「品性の範囲を押し広げた」と感じた[53] 。論説でBramwellは政治的解説が暴力的な内容によって影が薄くなっているかどうかについて論じ、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』のミッション「No Russian」論争と比較した。彼は一連のシーンは暴力を正当化するための十分なコンテクストを欠いていると考えており、同機能を「欠陥がある」と要約した[54]。イギリスの労働党議員キース・ヴァズは未成年のプレイヤーがこのミッションに晒されうることに懸念を表明した[55] 。慈善団体フリーダム・フロム・トーチャー英語版のキース・ベスト(Keith Best)は拷問者のロールプレイは「一線を越えた」と語った[56]。トム・チックは拷問場面を擁護し、「No Russian」ミッションや2012年の映画『ゼロ・ダーク・サーティ』とは異なり、「ありふれた捜査」での拷問についての根底にある政治的解説には暴力的な内容を必要としていたと記述した[57]

出典編集

注釈編集

  1. ^ ゲーム中の会話ではこの組織は「Trevor Philips Industries」「Trevor Philips Enterprise」「Trevor Philips Corporation」などと一貫性なく呼ばれる[10]

脚注編集

  1. ^ Bertz, Matt (December 2012). “Go Big Or Go Home”. Game Informer (United States: GameStop) (236): 72–95. 
  2. ^ Grand Theft Auto 5: Meet The Cast”. IGN (2012年11月13日). 2013年12月30日閲覧。
  3. ^ Gifford, Kevin (2012年11月14日). “GTA 5 writer explains the decision to develop for current gen consoles”. Polygon. 2013年9月3日閲覧。
  4. ^ Miller, Greg (2013年10月14日). “GTA 5: How Trevor became Trevor, how you can play games with athletes - Up At Noon”. IGN. 2014年1月16日閲覧。
  5. ^ Bernstein, Joseph (2013年9月30日). “An Interview With Steven Ogg, The Voice Of "GTA V's" Trevor”. BuzzFeed. 2014年1月16日閲覧。
  6. ^ a b c Molina, Brett (2013年10月9日). “Interview: Crime pays for 'Grand Theft Auto V' actors”. USA Today. 2014年3月8日閲覧。
  7. ^ Stuart, Keith (2013年9月13日). “Grand Theft Auto 5 – inside the creative process with Dan Houser”. The Guardian. 2013年10月4日閲覧。
  8. ^ Tuffclub (2013年12月17日). “GTA V's Trevor Talks To TSA: An Exclusive Interview With Steven Ogg”. The Sixth Axis. 2014年3月8日閲覧。
  9. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Rampages". (September 17, 2013)
  10. ^ a b c d Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Mr. Philips". (September 17, 2013)
  11. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Monkey Business". (September 17, 2013)
  12. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Bail Bonds". (September 17, 2013)
  13. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Fame or Shame". (September 17, 2013)
  14. ^ Borkowski, Andy (2013年10月22日). “GTA V: unedited and uncensored Interview with Steven Ogg, the man behind Trevor Philips”. O Canada. 2014年7月30日閲覧。
  15. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Mrs. Philips". (September 17, 2013)
  16. ^ Shuman, Sid (2013年6月28日). “Grand Theft Auto V: What We Know”. PlayStation Blog. 2013年6月30日閲覧。
  17. ^ Aziz, Hamza (2013年5月2日). “Grand Theft Auto V: Everything is bigger and better”. Destructoid. 2013年6月30日閲覧。
  18. ^ a b Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Friends Reunited". (September 17, 2013)
  19. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "The Paleto Score". (September 17, 2013)
  20. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Prologue". (September 17, 2013)
  21. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Hang Ten". (September 17, 2013)
  22. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Trevor Philips Industries". (September 17, 2013)
  23. ^ a b Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Crystal Maze". (September 17, 2013)
  24. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "The Merryweather Heist". (September 17, 2013)
  25. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Scouting the Port". (September 17, 2013)
  26. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Caida Libre". (September 17, 2013)
  27. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Derailed". (September 17, 2013)
  28. ^ a b Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. (September 17, 2013)
  29. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Bury the Hatchet". (September 17, 2013)
  30. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "The Big Score". (September 17, 2013)
  31. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3 and Xbox 360, (ver1.0). レベル/エリア: Something Sensible. (17 September 2013)
  32. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Something Sensible". (September 17, 2013) "Option A: Kill Trevor"
  33. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "The Third Way". (September 17, 2013) "Option C: Deathwish"
  34. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Meth'd Up". (September 17, 2013)
  35. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "TP Industries". (September 17, 2013)
  36. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3, Xbox 360, PlayStation 4, Xbox One and Microsoft Windows. レベル/エリア: "Lost My Mind". (September 17, 2013)
  37. ^ R* Q (2013年9月30日). “GTA Online Details: Game Day Access Info and More”. Rockstar Games. 2014年7月27日閲覧。
  38. ^ Edge Staff (November 2013). “Play: Economies of scale”. Edge (Future plc) (259): 85–88. http://www.edge-online.com/review/grand-theft-auto-v-review/. 
  39. ^ Petit, Carolyn (2013年9月16日). “Grand Theft Auto V Review: City of Angels and Demons”. GameSpot. 2013年9月16日閲覧。
  40. ^ a b Bramwell, Tom (2013年9月16日). “Grand Theft Auto 5 review”. Eurogamer. 2013年9月17日閲覧。
  41. ^ de Matos, Xav (2013年9月16日). “Grand Theft Auto 5 review: How to take it in America”. Joystiq. 2013年9月16日閲覧。
  42. ^ Sullivan, Lucas (2014年9月27日). “Trevor is the first GTA character that makes sense”. GamesRadar. 2014年7月26日閲覧。
  43. ^ Khan, Calvin (2013年10月28日). “TREVOR PHILIPS: GTA 5'S MOST SENTIMENTAL PSYCHOPATH”. IGN. 2014年7月30日閲覧。
  44. ^ マフィア梶田 (2013年10月10日). “本日発売「グランド・セフト・オートV」のプレイフィールをお届け。人生観を変えかねない,未曾有のゲーム体験がここにはある” (日本語). www.4gamer.net. Aetas Inc. 2019年8月13日閲覧。
  45. ^ 有名アーティストもさらに参加!PS4で新登場の「グランド・セフト・オートV」怒髪天・増子直純インタビュー (3ページ目)”. 音楽ナタリー. Natasha Inc (2014年12月24日). 2019年8月12日閲覧。
  46. ^ CheatCC's Cody Awards 2013: The Best Male Character Winner!”. Cheat Code Central (2013年12月7日). 2014年5月25日閲覧。
  47. ^ a b Dane, Patrick (2013年12月7日). “'Grand Theft Auto V' Tops Spike VGX 2013 Award Winners List”. Gamerant. 2014年5月25日閲覧。
  48. ^ HG Staff (2013年12月21日). “2013 New Character”. Hardcore Gamer. 2014年5月25日閲覧。
  49. ^ Zimmerman, Conrad (2013年12月24日). “The winner of Destructoid's best 2013 character”. Destructoid. 2014年5月25日閲覧。
  50. ^ Hoggins, Tom (2013年12月31日). “Telegraph Video Game Awards 2013”. London: The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/technology/video-games/10542023/Telegraph-Video-Game-Awards-2013.html 2014年5月25日閲覧。 
  51. ^ Cork, Jeff (2014年3月13日). “Last Of Us, Tearaway, Grand Theft Auto V Win Big At The BAFTA Awards”. Game Informer. 2014年5月25日閲覧。
  52. ^ Rockstar North. Grand Theft Auto V. (Rockstar Games). PlayStation 3 and Xbox 360, (ver1.0). レベル/エリア: By the Book. (17 September 2013) ""Trevor: The media and the government would have us believe that torture is some necessary thing. We need it to get information, to assert ourselves. Did we get any information out of you? / Kerimov: I would have told you everything. / Trevor: Exactly. Torture's for the torturer. Or the guy giving the orders to the torturer. You torture for the good times – we should admit that. It's useless as a means of getting information!""
  53. ^ MacDonald, Keza (2013年9月16日). “Grand Theft Auto V Review”. IGN. 2013年9月16日閲覧。
  54. ^ Bramwell, Tom (2013年9月22日). “Is the most disturbing scene in GTA5 justified?”. Eurogamer. 2013年9月16日閲覧。
  55. ^ Hern, Alex (2013年9月19日). “Grand Theft Auto 5 under fire for graphic torture scene”. London: The Daily Telegraph. 2014年4月21日閲覧。
  56. ^ Hern, Alex (2013年9月19日). “Grand Theft Auto 5 under fire for graphic torture scene”. The Guardian. 2013年9月20日閲覧。
  57. ^ Chick, Tom (2013年9月21日). “Is Grand Theft Auto V the most relevant story about torture since Zero Dark Thirty?”. Quarter to Three. 2014年3月17日閲覧。

外部リンク編集