メインメニューを開く

ドブガイ(溝貝・土負貝・蚌)は、淡水に棲むイシガイ科二枚貝日本のほか東アジア一帯に分布し、またヨーロッパなどに帰化している。の底の中に生息する。

ドブガイ
ドブガイA型(ヌマガイ)
ドブガイA型(ヌマガイ)
Sinanodonta lauta
三重県津市
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
: イシガイ目 Unionoida
: イシガイ科 Unionidae
: ドブガイ属 Sinanodonta
: ドブガイ Sinanodonta spp.
学名
Sinanodonta woodiana(Lea,1834)
シノニム
Sinanodonta spp.
Anodonta woodiana
和名
ドブガイ
英名
Chinese pond musse

目次

生態編集

長は10cmほどだが、形態的変異が大きく、20cmを超えるものも見られる。遺伝的および形態的に、大型になるヌマガイ Sinanodonta lauta(ドブガイA型)と、小型のタガイ S. japonica(ドブガイB型)の2種類に分けられる。

殻の色は、緑色から黒色まで変異が大きい。殻は薄く、乾燥させると自然にひび割れることが多い。ドブガイの仲間は、タガイやヌマガイに限らず、フネドブガイマルドブガイなどにおいても、擬主歯がまったくないことが特徴である。

グロキディウム幼生は、ヨシノボリなどに寄生する。

その名から連想されるように、一般的には泥臭くまずいことから忌避されるが、霞ヶ浦などではタンカイ(淡貝)と呼ばれ、食用にされる。三重県北勢地域では、かつてドウビンと呼ばれていた。

鷸蚌の争い編集

戦国策の燕策に「漁夫の利」という故事があり、鴫(シギ)と蚌(二枚貝)が争う話がある。 その蚌という貝が何の貝であるかは諸説あるが、ハマグリなどの海水貝とする説とドブガイやカラスガイなどの淡水貝とする説がある。

脚注編集

参考文献編集

  • 近藤高貴, 2008. 日本産イシガイ目貝類図譜. 日本貝類学会特別出版物第3号, v + 69 pp.

関連項目編集

外部リンク編集