メインメニューを開く

ドラコレックス・ホグワーツィア

ドラコレックスから転送)

発見と命名編集

2003年アメリカ合衆国サウス・ダコタ州で発見されたが、その頭骨が、あまりにも伝説や「ハリー・ポッター」シリーズに出てくる西洋ドラゴン)のそれに酷似していた為、(草食恐竜であり、また二足歩行動物ではあるが)2006年ロバート・バッカーによって、ラテン語で「ホグワーツの竜王」を意味する学名を付けられ、記載された。ロバート・バッカーは「これが、ドラゴンの骨だ」と言った。

ジャック・ホーナーがドームの形状からドラコレックスはパキケファロサウルスの幼体であるという仮説を提唱した。

関連項目編集

外部リンク編集