メインメニューを開く

ドン・ケント"Bulldog" Don Kent、本名:Leo Joseph Smith Jr.1933年6月24日 - 1993年6月7日)は、アメリカ合衆国プロレスラーインディアナ州フォート・ベンジャミン・ハリソン出身[2]

ドン・ケント
プロフィール
リングネーム ブルドッグ・ドン・ケント
ドン・ケント
レイ・ケント
ダグ・ケント
スーパー・メディコ3号
ジョー・スミス
本名 レオ・ジョセフ・スミス・ジュニア
ニックネーム 狂った猛犬
身長 178cm - 182cm[1]
体重 110kg - 118kg[1]
誕生日 (1933-06-24) 1933年6月24日
死亡日 (1993-06-07) 1993年6月7日(59歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州の旗 インディアナ州
フォート・ベンジャミン・ハリソン[2]
デビュー 1956年[2]
引退 1986年[2]
テンプレートを表示

ヒールラフファイターとして、中西部や中南部を主戦場に活動した。アル・コステロらとのオーストラリア人ギミックタッグチームファビュラス・カンガルーズThe Fabulous Kangaroos)での活躍も知られる[3]

来歴編集

1956年のデビュー後、ジョー・スミスの名義でイリノイオハイオケンタッキーアラバマオクラホマなど各地のローカル・テリトリーを転戦。1960年代よりリングネームドン・ケントに改め、1962年9月3日にオクラホマ州タルサにて、ダニー・ホッジが保持していたNWA世界ジュニアヘビー級王座に挑戦[4]1965年9月25日にはミズーリ州ジョプリンにてNWAミズーリ・ジュニアヘビー級王座を獲得し、同年にデビューしたばかりのジャック・ブリスコともタイトルを争った[5]

1967年12月、アル・コステロが結成していたファビュラス・カンガルーズに加入。オリジナル・メンバーだったロイ・ヘファーナンに代わるコステロの正式な新パートナーとなる。豪州出身ではないものの、ブーメランを手にブッシュハットを被ったオーストラリア人ギミックのタッグ屋として、NWANWFWWWFなど各団体で活躍した[3]。日本にも、1968年1月にTBS体制下の国際プロレス1972年11月に日本プロレスへ参戦している[6][7]1980年代からはブルーノ・ベッカーやジョニー・ヘファーナンをパートナーに、新生カンガルーズのリーダー格となって活動した。

シングルでも実績を残しており、1969年1月10日にはミズーリ州セントジョセフにてダスティ・ローデスからNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を奪取[8]。その後もローデスやディック・マードックと同王座を争い、5月2日にはドリー・ファンク・ジュニアのNWA世界ヘビー級王座に挑戦、60分時間切れ引き分けの戦績を残した[9]。なお、ローデス&マードックのテキサス・アウトローズとファビュラス・カンガルーズのタッグ対決も、1970年にオハイオ地区で実現している[10]

コステロとのフルタイムのコンビを解消後の1974年10月7日には、テネシーのミッドアメリカ地区にてNWAミッドアメリカ・ヘビー級王座を獲得[11]。以降、1975年1月にジャッキー・ファーゴ、同年4月にルーク・グラハム1977年12月10日にラニー・ポッフォを破り、同王座には通算4回戴冠した[11]ザ・シークの牛耳っていたデトロイト地区では "ブルドッグ" ドン・ケントと名乗り、1975年11月1日にマーク・ルーインからフラッグシップ・タイトルのUSヘビー級王座を奪取[12]1976年10月16日にもパンピロ・フィルポを破り同王座を獲得、翌年1月8日にジノ・ヘルナンデスに敗れるまで保持した[12]1978年4月には全日本プロレスに来日している[13]

プエルトリコWWCでは、1979年8月3日にカルロス・コロンから北米ヘビー級王座を奪取[14]。ジョニー・ヘファーナンとの新生カンガルーズ解散後もWWCを主戦場に、1984年には覆面レスラースーパー・メディコ3号Super Médico #3)に変身。1号のカルロス・ホセ・エストラーダのパートナーとなり、かつてコステロとのコンビで初代王者に認定されたWWC世界タッグ王座に返り咲いた[15]

その後、アメリカ本土ではディック・ザ・ブルーザーが主宰していたインディアナポリスWWAで活動。1987年12月6日、クリス・カーターをパートナーにジェリー・グラハム・ジュニア&スコット・レックスタイナーからWWA世界タッグ王座を奪取[16]。これが最後のタイトル戴冠となり、翌1988年に引退した。

1993年6月7日白血病のため死去[3]。59歳没。

獲得タイトル編集

ワールド・アスレティック・アソシエーション
  • アリゾナ・ヘビー級王座:1回[17]
セントルイス・レスリング・クラブ
  • NWAミズーリ・ジュニアヘビー級王座:1回[5]
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:2回[8]
NWAビッグタイム・レスリング
トランス・ワールド・レスリング・アライアンス
  • TWWA世界タッグ王座:1回(w / アル・コステロ)[19] ※初代王者
イースタン・スポーツ・アソシエーション
  • ESAインターナショナル・タッグ王座:1回(w / アル・コステロ)[20] ※初代王者
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
  • WWA世界タッグ王座:5回(w / アル・コステロ×2、ジェリー・グラハム・ジュニア×2、クリス・カーター)[16]
NWAミッドアメリカ
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米ヘビー級王座:1回[14]
  • WWCカリビアン・ヘビー級王座:1回[22]
  • WWC世界タッグ王座:3回(w / アル・コステロ、ジョニー・ヘファーナンスーパー・メディコ1号[15] ※初代王者
  • WWC北米タッグ王座:3回(w / ブルーノ・ベッカー×2、ジョニー・ヘファーナン)[23]
  • WWCカリビアン・タッグ王座:1回(w / ブルーノ・ベッカー)[24]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAグローバル・タッグ王座:4回(w / ジョニー・ヘファーナン)[25]

脚注編集

  1. ^ a b 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P75(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d Don Kent”. Cagematch.net. 2015年5月30日閲覧。
  3. ^ a b c Blast From The Past: Wreaking Havoc in Wrestling World That's the "Fabulous Kangaroos"”. SLAM! Sports (January 2, 2011). 2015年5月23日閲覧。
  4. ^ The Tri-State matches fought by Don Kent in 1962”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  5. ^ a b NWA Missouri Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月25日閲覧。
  6. ^ The IWE matches fought by Don Kent in 1968”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  7. ^ JWA 1972 International Championship Series”. Puroresu.com. 2015年5月30日閲覧。
  8. ^ a b NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月25日閲覧。
  9. ^ The CSW matches fought by Don Kent in 1969”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  10. ^ Tag Team "Fabulous Kangaroos"”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  11. ^ a b c NWA Mid-America Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月25日閲覧。
  12. ^ a b c NWA United States Heavyweight Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  13. ^ The AJPW matches fought by Don Kent in 1978”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  14. ^ a b WWC North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月25日閲覧。
  15. ^ a b WWC World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  16. ^ a b World Wrestling Association World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  17. ^ Arizona Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年3月5日閲覧。
  18. ^ NWA World Tag Team Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  19. ^ Trans-World Wrestling Alliance World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  20. ^ International Tag Team Title [Maritime Provinces]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  21. ^ NWA World Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  22. ^ WWC Caribbean Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月25日閲覧。
  23. ^ WWC North American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  24. ^ WWC Caribbean Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  25. ^ NWA Global Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集