メインメニューを開く

アル・コステロAl Costello、本名:Giacomo Costa1919年12月14日 - 2000年1月22日)は、イタリア出身のプロレスラー

アル・コステロ
プロフィール
リングネーム アル・コステロ
本名 ジャコモ・コスタ
身長 176cm 
体重 107kg(全盛時)
誕生日 (1919-12-14) 1919年12月14日
死亡日 (2000-01-22) 2000年1月22日(80歳没)
出身地 イタリアの旗 イタリア
シチリアの旗 シチリア自治州
メッシーナ県サリーナ
デビュー 1938年
テンプレートを表示

オーストラリアに移住後、プロレスラーとなって北米に進出。ロイ・ヘファーナンドン・ケントとの悪役タッグチームファビュラス・カンガルーズThe Fabulous Kangaroos)のリーダー格として活躍した[1]

来歴編集

6歳の時に両親とイタリアサリーナ島からオーストラリアニューサウスウェールズ州に移住[2]。少年期はボクシングレスリングで活動し、1938年プロレスラーとしてデビュー。イタリア系ヒールのキャラクターを強調するために、リングネームマフィアアル・カポネフランク・コステロにあやかって付けられたという[2]1951年には、隣国のニュージーランドにてオーストラレージアン・ヘビー級王座を獲得した[3]

1952年よりアメリカへ進出、1950年代前半はサンフランシスコを活動拠点に、エンリケ・トーレスシャープ兄弟ロニー・エチソンレオ・ノメリーニハードボイルド・ハガティボボ・ブラジル、そして日本から修行に来ていた力道山とも度々対戦した[4][5][6]

1957年カナダカルガリー地区(スチュ・ハート主宰のスタンピード・レスリング)にて、オーストラリア出身のロイ・ヘファーナンをパートナーにファビュラス・カンガルーズを結成[7]。以降、テキサスニューヨークロサンゼルスフロリダバンクーバーなどの主要テリトリーを転戦し、各地のタッグタイトルを獲得した。ヘファーナンの帰豪後は、1967年よりドン・ケントを新パートナーにカンガルーズを再編。1968年1月にはTBS体制下の国際プロレス1972年11月には日本プロレスに来日している[8][9]

カンガルーズ以外の活動では、ヘファーナンとの初代カンガルーズ解散後、ドイツ人ギミックのカール・フォン・ブラウナーとジ・インターナショナルズなる反米タッグチームを結成。1966年11月にテキサス州ダラスにて、フリッツ・フォン・エリック&デューク・ケオムカからテキサス東部版のNWA世界タッグ王座を奪取している[10]。ケントとの2代目カンガルーズ解散後の1970年代後半はテネシーCWAを主戦場に、若手時代のテリー・ゴディロバート・ギブソンウェイン・ファリスなどと対戦[11][12]デニス・コンドリー&フィル・ヒッカーソンマネージャーも担当し、ジェリー・ローラービル・ダンディーとの抗争を指揮した。その後はザ・シーク主宰のデトロイト地区を経て、1979年8月には全日本プロレスに来日している[13]

セミリタイア後の1980年代前半はプエルトリコWWCやフロリダのCWFにて、ドン・ケントとブルーノ・ベッカーおよびジョニー・ヘファーナンによる新生カンガルーズのマネージャーとなって活動。引退後は、1987年11月16日に行われたWWFニュージャージー州メドーランド大会でのオールドタイマーズ・バトルロイヤルに出場した(他の参加選手は、優勝者のルー・テーズ以下、パット・オコーナージン・キニスキー、ボボ・ブラジル、アート・トーマスエドワード・カーペンティアクラッシャー・リソワスキーキラー・コワルスキーニック・ボックウィンクルレイ・スティーブンスペドロ・モラレスなど)[14]1993年から1994年にかけては、五大湖地区のインディー団体にてデニー・キャスとミッキー・ドイルおよびアル・スノーによってリメイクされたニュー・ファビュラス・カンガルーズのマネージャーも担当した[15]

2000年1月22日肺炎のため80歳で死去[16]。没後の2013年、ロイ・ヘファーナンと共にNWA殿堂に迎えられている[17]

得意技編集

獲得タイトル編集

ドミニオン・レスリング・ユニオン
  • オーストラレージアン・ヘビー級王座:1回[3]
サウスウエスト・スポーツ
NWAニューメキシコ
  • NWAロッキー・マウンテン・タッグ王座:1回(w / ロイ・ヘファーナン)[19]
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(テキサス西部版):2回(w / ロイ・ヘファーナン)[20] ※初代王者
キャピトル・レスリング・コーポレーション
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ノース・アメリカン・レスリング・アライアンス
  • NAWAインターナショナルTVタッグ王座:1回(w / ロイ・ヘファーナン)[24]
ワールド・レスリング・アソシエーション(ロサンゼルス)
  • WWA世界タッグ王座:1回(w / ロイ・ヘファーナン)[25]
NWAオールスター・レスリング
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):4回(w / ロイ・ヘファーナン)[26]
アレックス・ターク・プロモーションズ
  • カナディアン・タッグ王座 / インターナショナル・タッグ王座(マニトバ版):2回(w / ロイ・ヘファーナン)[27]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
NWAビッグタイム・レスリング
トランス・ワールド・レスリング・アライアンス
  • TWWA世界タッグ王座:1回(w / ドン・ケント)[30] ※初代王者
イースタン・スポーツ・アソシエーション
  • ESAインターナショナル・タッグ王座:1回(w / ドン・ケント)[31] ※初代王者
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
  • WWA世界タッグ王座:2回(w / ドン・ケント)[32]
NWAミッドアメリカ
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC世界タッグ王座:1回(w / ドン・ケント)[35] ※初代王者

脚注編集

  1. ^ Blast From The Past: Wreaking Havoc in Wrestling World That's the "Fabulous Kangaroos"”. SLAM! Sports (January 2, 2011). 2015年5月23日閲覧。
  2. ^ a b Greg Oliver and Steve Johnson (2005). “Top 20: #1 The Fabulous Kangaroos”. The Pro Wrestling Hall of Fame: The Tag Teams. ECW Press. pp. 17-24. ISBN 978-1-55022-683-6. 
  3. ^ a b Australasian Heavyweight Title [New Zealand]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月25日閲覧。
  4. ^ The San Francisco matches fought by Al Costello in 1952”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  5. ^ The San Francisco matches fought by Al Costello in 1953”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  6. ^ The San Francisco matches fought by Al Costello in 1954”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  7. ^ Tag Team "Fabulous Kangaroos" Al Costello and Roy Heffernan”. Wrestlingdata.com. 2015年5月23日閲覧。
  8. ^ The IWE matches fought by Al Costello in 1968”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  9. ^ JWA 1972 International Championship Series”. Puroresu.com. 2015年5月30日閲覧。
  10. ^ a b NWA World Tag Team Title [E. Texas]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  11. ^ The USWA matches fought by Al Costello in 1977”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  12. ^ The USWA matches fought by Al Costello in 1978”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  13. ^ The AJPW matches fought by Al Costello in 1979”. Wrestlingdata.com. 2015年5月30日閲覧。
  14. ^ Events Database: WWF House Show”. Cagematch.net. 2015年5月30日閲覧。
  15. ^ Wrestler Profiles: Al Costello”. Online World of Wrestling. 2015年5月30日閲覧。
  16. ^ Fabulous Kangaroo Al Costello dead”. SLAM! Sports (January 24, 2000). 2015年5月30日閲覧。
  17. ^ NWA Hall Of Fame 2013”. National Wrestling Alliance Official Website. 2015年5月23日閲覧。
  18. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P77(2002年、日本スポーツ出版社
  19. ^ NWA Rocky Mountain Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  20. ^ International Tag Team Title [W. Texas]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  21. ^ United States Tag Team Title [Capitol/WWWF]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  22. ^ NWA World Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  23. ^ NWA United States Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  24. ^ International Television Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  25. ^ Worldwide Wrestling Associates World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  26. ^ NWA Canadian Tag Team Title [British Columbia]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  27. ^ Canadian Tag Team Title/International Tag Team Title [Manitoba]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  28. ^ NWA World Tag Team Title [Georgia]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月30日閲覧。
  29. ^ NWA World Tag Team Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  30. ^ Trans-World Wrestling Alliance World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  31. ^ International Tag Team Title [Maritime Provinces]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  32. ^ World Wrestling Association World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  33. ^ NWA Southern Junior Heavyweight Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月25日閲覧。
  34. ^ NWA World Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。
  35. ^ World Wrestling Council World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年5月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集