メインメニューを開く

ドン・中矢・ニールセン

ドン・中矢・ニールセンDon Nakaya Nielsen1960年7月8日 - 2017年8月15日)は、アメリカ合衆国出身の日系人キックボクサー。1986年以降は日本のプロレスキックボクシングのリングで活躍した。

ドン・中矢・ニールセン
基本情報
通称 雷拳
階級 クルーザー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1960-07-08) 1960年7月8日
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没日 (2017-08-15) 2017年8月15日(57歳没)
死没地 タイ王国の旗 タイ バンコク
身長 188cm
体重 85kg
スタイル キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 36
勝ち 28
KO勝ち 21
敗け 8
テンプレートを表示

人物編集

母方の祖父母(愛媛県出身)が日本人[1]の日系3世である。「ドン・ナカヤ・ニールセン」と表記されることもある。

1986年に初来日しプロレスラーとの異種格闘技戦で注目される。日本の選手を相手にUWFブーム、K-1ブームの原点と言える試合で話題を呼び、80年代後半から90年頃まで日本の格闘技界の立役者として知られる人物であった。

12歳からタンスドー空手を学び、18歳よりアメリカンキックボクシングで活躍。PKAヘビー級王者ブラッド・ヘフトンモーリス・スミス(1983年 7R判定負け)[2]ら強豪とも試合を行った事がある。のちにムエタイに転向。1993年に引退[3]

現役時はベニー・ユキーデらが運営するジェットセンター所属。全日本キックのリングに上がる時は、正心館(後の新空手総本部、現勇心館)所属となっていた。

入場テーマ曲は「アクション」(メガゾーン23 PART2 オリジナルサウンドトラック収録)。

晩年はタイにてカイロプラクティック院を経営していたが、2017年8月15日に死去。57歳没[4]。弟のジョン・ニールセンによれば、死因は脚が感染症に罹患した上に腎不全を併発、さらに手術中に心臓発作を併発したとのことである[4]

日本での戦歴編集

  • 1986年10月9日 - 両国国技館で行われた新日本プロレス「INOKI 闘魂 LIVE」の第7試合で、前田日明と3分10Rの異種格闘技戦で対戦。打撃で攻め立てるニールセン、蹴りと組んで関節技を狙う前田との緊張感溢れる熱戦は格闘史に残る名勝負となり、最後は5R2分26秒、逆片エビ固めを極められ敗退。この試合で、前田は「新・格闘王」の称号を得た。
  • 1987年3月27日 - 前田との異種格闘技戦で人気急騰したニールセンは大阪城ホールで行われた新日本プロレス「INOKI 闘魂 LIVE Part2」で再来日。チャーリー・アーチとマーシャルアーツIWA認定クルーザー級USアメリカン選手権3分10Rで対戦、3R50秒KO勝ち。
  • 1988年
    • 5月8日 - 新日本プロレス「'88 スーパーファイト・シリーズ」最終戦 有明コロシアム大会で山田恵一と異種格闘技戦で対戦。山田のタックルで再三テイクダウンされるがペースを握らせず。4ラウンドに放ったローキックで負傷した山田の右足に追い打ちをかけ4R1分3秒、KO勝ち。試合後、リングサイドにいた山田の骨法の師、堀辺正史が舐めた態度で試合をしていたニールセンに激高、「次は俺と戦え!」と突っかかる場面がみられた。
    • 7月29日 - 新日本プロレス「'88 サマーファイト・シリーズ」有明コロシアム大会で藤原喜明と異種格闘技戦で対戦。終始、藤原をコーナーに追い込み打撃で圧倒。5R1分46秒、レフリーストップによるTKO勝ち。
  • 1989年
    • 5月14日 - 後楽園ホールで行われた全日本キックボクシング連盟 「世紀の激突・Part 3」でロブ・カーマンとの前哨戦としてケビン・ローズイヤーWKA世界スーパーヘビー級タイトルに挑戦。ニールセン贔屓のマッチメイクのはずが、体格で勝るローズイヤーに圧倒され6RKO負け。
    • 9月5日 - 日本武道館で行われた全日本キックボクシング連盟 8年8ヵ月ぶりの武道館興行「REAL BOUT」のメインでWKAヨーロッパライトヘビー級王者“欧州の蹴撃王”ロブ・カーマンと85kg契約3分5Rキックルールで対戦。人気者ニールセンと帝王カーマンの激突は話題を呼んだが、終始カーマンのローキックに翻弄され3R44秒、カーマンの右フックでリングに蹲りKO負け。キックでの実力不足を露呈する結果となった。
  • 1990年6月30日 - 日本武道館で行われた全日本キックボクシング連盟 「INSPIRING WARS “HEAT630”」で正道会館所属の佐竹雅昭と3分5Rヨーロッパキックルールで対戦[5]。佐竹の明らかに故意の頭突きが複数回入りレフリーが試合を制止する直前に佐竹の右ストレートが決まり、1R2分7秒KO負け。ニールセン側から「頭突きで負けたんだ」とクレームがつき再戦要求されたが、頭突きの反則はレフリーが佐竹に減点1を宣告した事で解決してるとし抗議は受け入れられなかった。(佐竹雅昭キックデビュー戦)
  • 1992年
  • 1993年
    • 5月22日 - 後楽園ホールで行われた全日本キックボクシング連盟 「EVOLUTION STEP 3」で平岡功光とムエタイルールで対戦。10kg以上軽量の平岡に対し2R2分37秒、左ハイキックでKO勝ち。(当時、WKA世界クルーザー級8位として出場)
    • 6月25日 - 大阪府立体育会館で行われた正道会館 「聖戦 〜SANCTUARY III〜 風林火山 "風の章"」で佐竹雅昭とUKF世界ヘビー級王座決定戦で2度目の対戦。ヒジありの特別ルールで試合をするが、1R2分30秒 3ノックダウンのTKO負けで返り討ちにあった。
  • 1994年1月21日 - RINGS 「BATTLE DIMENSION TOURNAMENT'93」の第6試合スペシャルマッチで長井満也との対戦を組まれたが怪我により欠場[7]
  • 1995年6月17日 - RINGS 「RISING SERIES MINAZUKI」有明コロシアム大会で再び長井との対戦を組まれるも突如試合をキャンセル。以後、日本の格闘技興行へは出場していない。

異種格闘技戦編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
×   ウェイン・シャムロック  1R 0:45 アームロック 【プロフェッショナルレスリング藤原組】 STACK OF ARMS 1992年10月4日
  藤原喜明  1R 1:07 TKO 【プロフェッショナルレスリング藤原組】 獅子王伝説Part2 1992年5月15日
  藤原喜明  5R 1:46 TKO 【新日本プロレス】 '88 サマーファイト・シリーズ 1988年7月29日
  山田恵一  4R 1:03 KO 【新日本プロレス】 '88 スーパーファイト・シリーズ最終戦 1988年5月8日
×   前田日明  5R 2:26 ギブアップ(逆片エビ固め) 【新日本プロレス】 INOKI 闘魂 LIVE 1986年10月9日

キックボクシング編集

キックボクシング 戦績
7 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
3 3 0 0 0 0
4 4 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
×   佐竹雅昭 1R 2:30 KO 【正道会館】 聖戦 〜SANCTUARY III〜 風林火山 "風の章"
UKF世界ヘビー級王座決定戦
1993年6月25日
  平岡功光 2R 2:37 KO 【全日本キックボクシング】 EVOLUTION STEP 3
1993年5月22日
×   佐竹雅昭 1R 2:07 KO 【全日本キックボクシング】 INSPIRING WARS “HEAT630” 1990年6月30日
×   ロブ・カーマン 3R 0:44 KO 【全日本キックボクシング】 REAL BOUT 1989年9月5日
×   ケビン・ローズイヤー 6R 1:05 KO 【全日本キックボクシング】 世紀の激突・Part3 
WKA世界スーパーヘビー級タイトルマッチ
1989年5月14日
  ビクター・マングース・アグレ 1R 0:19 KO 【全日本キックボクシング】'89新春特別興行世紀の激突第1弾 1989年1月29日
  チャーリー・アーチ 3R 0:30 KO 【新日本プロレス】 INOKI 闘魂 LIVE Part2 
IWA認定クルーザー級USアメリカン選手権
1987年3月27日

獲得したタイトル編集

  • WKA全米クルーザー級チャンピオン
  • IWA認定クルーザー級USアメリカン選手権王者
  • WKAインターナショナルヘビー級王座
  • UKFインターナショナルヘビー級チャンピオン

出演作品編集

  • Blood Ring(1991年) 邦題『バーニングファイター』 役名 Don Carlio
  • Eternal Fist(1992年) 邦題『エターナル・フィスト』 役名 Mainframe
  • Blood Ring2(1995年) 役名 Caruko

出演3作品とも、主演はデル・“アポロ”・クック

脚注編集

  1. ^ 『逆説のプロレスVol.9 新日本プロレスvsUWF「禁断の提携時代」マット秘史』P23(2017年、双葉社ISBN 4575456969
  2. ^ 当時、ニールセンは7連続KO勝ちをしていたがモーリス・スミスにストップされた。『ゴング格闘技』1990年9月号P24
  3. ^ 『逆説のプロレスVol.9 新日本プロレスvsUWF「禁断の提携時代」マット秘史』P24(2017年、双葉社ISBN 4575456969
  4. ^ a b “【訃報】前田日明と戦ったドン・中矢・ニールセンが死去”. イーファイト. 株式会社ヨシクラデザイン. (2017年8月18日). http://efight.jp/news-20170818_266031 2017年8月18日閲覧。 
  5. ^ この試合の最初のオファーは、実は佐竹にではなく、当初大道塾の選手に対して出されており、その選手は長田賢一だったが実現に至らなかった
  6. ^ W.シャムロックとの異種格闘技戦はリアルファイトだといわれている。
  7. ^ 試合出場の契約は正式に交わしていないとニールセン本人は発言。『逆説のプロレスVol.9 新日本プロレスvsUWF「禁断の提携時代」マット秘史』P31(2017年、双葉社ISBN 4575456969

関連項目編集