ケン・シャムロック

ケン・シャムロックKen Shamrock1964年2月11日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家プロレスラージョージア州メイコン出身。ライオンズ・デン主宰。元UFCスーパーファイト王者。元無差別級キング・オブ・パンクラシストUFC殿堂入り。

ケン・シャムロック
Ken Shamrock marines 2005 crop.jpg
基本情報
本名 ケン・シャムロック
通称 アルティメット・ヒーロー
最も危険な男
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1964-02-11) 1964年2月11日(56歳)
出身地 ジョージア州メイコン
所属 ライオンズ・デン
身長 185cm
体重 95kg
リーチ 190cm
階級 ライトヘビー級
ヘビー級
バックボーン レスリング
プロレス
テンプレートを表示
若き日のシャムロック。

初期のリングネームウェイン・シャムロックPRIDEUFCWWETNA、パンクラスなどに参戦経験を持つ。

総合格闘家のフランク・シャムロックは弟(戸籍上)だが、両名とも養子であり、血の繋がりはない。格闘家のロビー・キルパトリックは実兄である。

来歴編集

シャムロック(当時の名前はケネス・ウェイン・キルパトリック)が5歳の時に実父が蒸発。13歳の時、継父に家から追い出され兄弟とも離れ離れになる。廃車暮らしを経て7つのグループホームをたらい回しにされ、少年鑑別所も経験した。14歳の時にボブ・シャムロックのグループホームに入り、後に養子縁組の手続きが取られ名字がシャムロックに変わる。

シャムロックは幼い頃から野球とアメリカンフットボールを始め、10歳からレスリングを始めた。高校時代はアメリカンフットボールとレスリングで活躍するが、レスリングのトレーニング中に首を骨折して手術を受ける。医者からスポーツは出来ないだろうと告げられるも、コミュニティ・カレッジでアメリカンフットボールのキャプテンとして活躍し、ロサンゼルス・チャージャーズからトライアウトの招待を受けた。しかし、シャムロックはプロレスを選択しこの誘いを断ると、ネルソン・ロイヤルが主宰していたレスリングスクールに入った。

1989年、プロレスデビュー。9月、全日本プロレスに初来日するも、新人でキャリアが浅かったことと、全日本のファイトスタイルに適合しなかったため、評価は芳しくなく、週刊プロレスでかつて掲載されていた外人レスラーの通信簿では10点満点の1点という最低の評価で、「ダメ外人レスラー」扱いされていた。

1990年10月、第2次UWFに参戦してからは、自身のファイトスタイルに適合したのか、見違えるようなファイトを見せるようになり、UWF崩壊後、プロフェッショナルレスリング藤原組を経てパンクラスに参戦し、初期のパンクラスで外国人エースとして活躍した。

1993年9月21日、パンクラス旗揚げ戦のメインイベントで船木誠勝と対戦し、肩固めで勝利。

1993年11月12日、UFCの第1回大会UFC 1のトーナメントに出場。1回戦はパトリック・スミスにヒールホールドで勝利するも、続く準決勝でホイス・グレイシーと対戦し、チョークスリーパーで一本負け[1]

1994年5月31日、初めてのキックボクシングルールの試合でキック戦績110勝6敗KO率90%のフランク・ロブマンと対戦し、ローキックでKO負けを喫した。

1994年9月9日、UFC 3のトーナメントで1回戦のクリストフ・レニンガー、準決勝のフェリックス・ミッチェルに勝利し決勝に進出を決めるが、ホイス・グレイシーがキモ戦のダメージで決勝を棄権すると、シャムロックも自身が膝を負傷したこともあり決勝出場を辞退した。

1994年12月16日・17日、初代キング・オブ・パンクラス決定トーナメントのKING OF PANCRASE TOURNAMENTに出場し、アレックス・クック、モーリス・スミス船木誠勝山田学を破り王座を獲得した。

1995年3月10日、バス・ルッテンとキング・オブ・パンクラス タイトルマッチで対戦し、膝十字固めで勝利を収め、王座の初防衛に成功した。

1995年4月7日、UFC 5のスーパーファイト王座決定戦でホイス・グレイシーと再戦し、時間切れで引き分け王座獲得に失敗した。

1995年5月13日、鈴木みのるとキング・オブ・パンクラス タイトルマッチで対戦し、膝十字固めで一本負け、王座の初防衛に失敗した。

1995年7月14日、UFC 6のスーパーファイト王座決定戦でダン・スバーンと対戦し、フロントーチョークで一本勝ちを収め、王座獲得に成功した。

1996年5月17日、UFC 9でダン・スバーンと再戦し、判定負け。スーパーファイト王座の防衛に失敗した。

1996年12月7日、Ultimate Ultimate 1996のトーナメント1回戦でブライアン・ジョンストンに勝利するも、手の負傷のため準決勝を棄権した。

米国上院議員ジョン・マケインの働きかけでケーブルテレビ会社がUFCのペイ・パー・ビュー放送から撤退したことにより収入の落ちたUFCを離れプロレスのWWFへの参戦を決めた。

1997年2月24日、WWF(現:WWE)に「The World's Most Dangerous Man」(世界で最も危険な男)のニックネームでデビュー。12月7日、ショーン・マイケルズの持つWWF王座に挑戦するも、ハンター・ハースト・ヘルムスリーの乱入で反則勝ちとなり、規定により王座獲得ならず。

1998年10月12日、8人トーナメントを制し、WWFインターコンチネンタル王座を獲得。12月14日、ビッグ・ボスマンとのコンビでニュー・エイジ・アウトローズからWWF世界タッグ王座を奪取。

1999年にWWFを離れた。

2000年5月21日、PRIDE初参戦となったPRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦のスペシャルマッチでアレクサンダー大塚と対戦し、パウンドでTKO勝ち。

2002年2月24日、PRIDE.19ドン・フライと対戦し、判定負け。フライとはUFC時代の禍根で犬猿の仲として有名だったが、試合後は健闘を称えあって握手した。

2002年6月19日、TNAの旗揚げ戦に参加。メインイベントで行われたNWA世界ヘビー級王座をかけたバトルロイヤル戦を制して新王者となった。

2002年11月22日、UFC 40のUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチで王者ティト・オーティズに挑戦。3R終了時にセコンドからタオルが投入されTKO負けを喫し王座獲得に失敗した[2]

2003年11月21日、UFC 45でホイス・グレイシーとともにUFC殿堂入りの式典が行われた。同時にUFC公式サイトで投票されたUFC歴代人気ファイターベスト10が発表され、ランディ・クートゥアに次ぐ2位となった[3]

2005年10月23日、PRIDE.30桜庭和志と対戦し、右ストレートでTKO負け。

2006年4月から6月にかけて放送されたリアリティ番組「The Ultimate Fighter 3」でティト・オーティズと共にコーチを務めた。

2006年7月8日、UFC 61でティト・オーティズと約4年ぶりに再戦し、グラウンドの肘打ちでレフェリーストップによるTKO負けを喫するもシャムロックはストップが早すぎると抗議した。このため決着戦として10月10日のOrtiz vs. Shamrock 3で3度目の対戦が組まれるもグランドのパウンドで敗れた。

2007年6月、UFCからリリースされるとシャムロックは契約違反でUFCを訴えるが、最終的に裁判所から敗訴の判決を下され、UFC側の弁護士費用を負担するよう命じられた。

2008年3月8日、Cage Rage初参戦となったCage Rage 25でロバート・ベリーと対戦し、スタンドパンチ連打でKO負けを喫した[4]。10月4日、EliteXCキンボ・スライスと対戦予定であったが、試合前のウォーミングアップでトレーニング・パートナーの頭が当たり目尻を6針縫う負傷をしたためドクターストップとなった[5]

2009年2月13日、ロス・クリフトンに一本勝ちを収めるも、後に禁止薬物の陽性反応が出たため1年間の出場停止処分を受け、3月21日に予定されていたボビー・ラシュリーとの試合は中止となった。

2016年2月19日、Bellator 149でホイス・グレイシーと対戦し、TKO負けを喫した。さらにこの試合で禁止薬物の陽性反応が出たことがテキサス州のアスレチックコミッションより3月11日に発表された。

人物編集

  • 息子のライアン・シャムロックも2007年8月25日に18歳で総合格闘家デビューを果たした。
  • 養子縁組上の弟であるフランク・シャムロックとは一時期仲違いをしていたが後に和解している。

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
47 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
28 2 23 3 0 2 0
17 11 4 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ホイス・グレイシー 1R 2:22 TKO(パウンド) Bellator 149: Shamrock vs. Gracie 2016年2月19日
× キンボ・スライス 1R 2:22 TKO(スタンドパンチ連打) Bellator 138: Kimbo vs. Shamrock 2015年6月19日
× マイク・ボーク 1R 2:00 TKO(太ももの負傷) KOTC: Platinum 2010年11月25日
ジョナサン・アイビー 5分3R終了 判定3-0 USA MMA: Return of the Champions 2010年10月16日
× ペドロ・ヒーゾ 1R 3:33 TKO(右ローキック→パウンド) Impact FC 2: The Uprising Sydney 2010年7月18日
ロス・クリフトン 1R 1:00 腕ひしぎ十字固め WarGods/Ken Shamrock Productions: The Valentine's Eve Massacre 2009年2月13日
× ロバート・ベリー 1R 3:26 KO(スタンドパンチ連打) Cage Rage 25: Bring it On 2008年3月8日
× ティト・オーティズ 1R 2:23 TKO(グラウンドの肘打ち) Ortiz vs. Shamrock 3: The Final Chapter 2006年10月10日
× ティト・オーティズ 1R 1:18 TKO(グラウンドの肘打ち) UFC 61: Bitter Rivals 2006年7月8日
× 桜庭和志 1R 2:27 TKO(右ストレート) PRIDE.30 STARTING OVER 2005年10月23日
× リッチ・フランクリン 1R 2:42 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 1 Finale 2005年4月9日
キモ 1R 1:26 KO(右膝蹴り) UFC 48: Payback 2004年6月19日
× ティト・オーティズ 3R終了時 TKO(タオル投入) UFC 40: Vendetta
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2002年11月22日
× ドン・フライ 3R(10分/5分/5分)終了 判定1-2 PRIDE.19 2002年2月24日
サム・アドキンス 1R 1:26 チキンウィングアームロック WMMAA 1: MegaFights
【WMMAAヘビー級王座決定戦】
2001年8月10日
× 藤田和之 1R 6:46 TKO(タオル投入) PRIDE.10 2000年8月27日
アレクサンダー大塚 1R 9:43 TKO(左フック→パウンド) PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 2000年5月21日
ブライアン・ジョンストン 1R 5:48 前腕チョーク Ultimate Ultimate 1996
【1回戦】
1996年12月7日
× ダン・スバーン 30分1R終了 判定1-2 UFC 9: Motor City Madness
【UFCスーパーファイト選手権試合】
1996年5月17日
キモ 1R 4:24 膝十字固め UFC 8: David vs. Goliath
【UFCスーパーファイト選手権試合】
1996年2月16日
高橋義生 20分終了 判定 PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年1月28日
稲垣克臣 3:19 肩固め パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年12月14日
オレッグ・タクタロフ 30分+延長3分終了 時間切れ UFC 7: The Brawl in Buffalo
【UFCスーパーファイト選手権試合】
1995年9月8日
ラリー・パパドポロス 2:18 アキレス腱固め パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年7月22日
ダン・スバーン 1R 2:14 フロントチョーク UFC 6: Clash of the Titans
【UFCスーパーファイト王座決定戦】
1995年7月14日
× 鈴木みのる 2:14 膝十字固め パンクラス 1995 EYES OF BEAST
【キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
1995年5月13日
ホイス・グレイシー 30分+延長6分終了 時間切れ UFC 5: Return of the Beast
【UFCスーパーファイト王座決定戦】
1995年4月7日
バス・ルッテン 1:01 膝十字固め パンクラス 1995 EYES OF BEAST
【キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
1995年3月10日
リオン・ダイク 4:45 ヒールホールド パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年1月26日
山田学 30分終了 判定3-0 パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP
【KING OF PANCRASE TOURNAMENT 決勝】
1994年12月17日
船木誠勝 5:50 肩固め パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP
【KING OF PANCRASE TOURNAMENT 準決勝】
1994年12月17日
モーリス・スミス 4:23 チョークスリーパー パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP
【KING OF PANCRASE TOURNAMENT 2回戦】
1994年12月16日
アレックス・クック 1:31 ヒールホールド パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP
【KING OF PANCRASE TOURNAMENT 1回戦】
1994年12月16日
冨宅祐輔 3:13 チョークスリーパー パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP 1994年10月15日
フェリックス・ミッチェル 4:34 チョークスリーパー UFC 3: The American Dream
【準決勝】
1994年9月9日
クリストフ・レニンガー 4:49 ギブアップ(パウンド) UFC 3: The American Dream
【1回戦】
1994年9月9日
× 船木誠勝 2:30 チョークスリーパー パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP 1994年9月1日
バス・ルッテン 16:42 チョークスリーパー パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP 1994年7月26日
マット・ヒューム 5:50 チキンウイングアームロック パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP 1994年7月6日
柳澤龍志 7:30 ヒールホールド パンクラス 1994 PANCRASH! 1994年4月21日
× 鈴木みのる 7:37 膝十字固め パンクラス 1994 PANCRASH! 1994年1月19日
アンドレ・フォン・デ・ウットラー 1:04 アキレス腱固め パンクラス 1993 YES, WE ARE HYBRID WRESTLERS 1993年12月8日
× ホイス・グレイシー 0:57 チョークスリーパー UFC 1: The Beginning
【準決勝】
1993年11月12日
パトリック・スミス 1:49 ヒールホールド UFC 1: The Beginning
【1回戦】
1993年11月12日
冨宅祐輔 0:44 チョークスリーパー パンクラス 1993 YES, WE ARE HYBRID WRESTLERS 1993年11月8日
高橋義生 12:23 ヒールホールド パンクラス 1993 YES, WE ARE HYBRID WRESTLERS 1993年10月14日
船木誠勝 6:15 肩固め パンクラス 1993 YES, WE ARE HYBRID WRESTLERS 1993年9月21日

キックボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× フランク・"アニマル"・ロブマン 2R 2:25 KO(ローキック) パンクラス 1994 ROAD TO THE CHAMPIONSHIP 1994年5月31日

獲得タイトル編集

総合格闘技編集

プロレス編集

表彰編集

得意技編集

フィニッシュ・ホールド編集

アンクルホールド
スタンディング式、グランド式の2種類を使用。

投げ技編集

ジャーマンスープレックス
ベリー・トゥー・バック・スープレックス
抱え上げ式バックドロップを使用。
フロントスープレックス
スナップ・スープレックス
スーパープレックス

打撃技編集

エルボー
バックエルボー
ナックルパンチ
パウンド
ニーキック
通常のニーキック、グランド式などバリエーション豊富。

関節技編集

スリーパーホールド
通常のスリーパーホールド、胴締めの2種類を使用。
肩固め
アームバー
ニーバー
アキレス腱固め
ヒールホールド

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
王座新設
初代パンクラス無差別級王者

1994年12月17日 - 1995年5月13日

次王者
鈴木みのる
前王者
王座新設
初代UFCスーパーファイト王者

1995年7月14日 - 1996年5月17日

次王者
ダン・スバーン