ナブコシステム株式会社は、東京都千代田区霞が関に本社を置く日本の企業。ナブテスコの東日本地区販売代理店。

ナブコシステム株式会社
NABCO SYSTEMS
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
100-6032
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング
設立 1957年11月7日
業種 機械
法人番号 7010401021307 ウィキデータを編集
事業内容 主に自動ドア等、建設関連商品販売ほか
代表者 山村 望
資本金 3億円
純利益 1億4664万1000円(2018年12月31日時点)[1]
純資産 75億5882万6000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 171億4800万3000円(2018年12月31日時点)[1]
外部リンク http://www.nabcosystem.co.jp/
テンプレートを表示

会社概要編集

ナブコシステム株式会社は、ナブコ自動ドアの営業を中心として事業を展開する。ほかにステンレス建具・ガラス工事・防火設備・シャッタードアなども扱っており、設置後のアフターサービスを行う。国土交通大臣許可の機械器具設置工事業・建具工事業・板金工事業・土木工事業の事業所登録をしている。同社の扱う自動ドアは「自」と「動」の間に「NABCO」と書かれたデザインが特徴。静岡から北海道まで支店・営業所や工場を置いており、仙台支店・札幌支店やナブコメタル株式会社・ナブコトート株式会社などがその一部である。

主要取引銀行はみずほ銀行三井住友銀行三菱UFJ銀行など。

沿革編集

  • 1957年11月7日 - 日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)の自動ドア発売をきっかけに東日本地区総代理店として初代社長となる山村 伍一郎を筆頭に、50万円の資本金を元手として株式会社東京ドアーエンジンを設立する。
  • 1975年2月 - 会社名を現在のナブコシステム株式会社と変更した。
  • 1991年1月 - 本社ビルを東京都港区虎ノ門に建設した。
  • 1998年11月 - エヌ・エス・メタル株式会社(現・ナブコメタル株式会社)を買収。
  • 2013年7月 - エヌ・エス・トート株式会社(現・ナブコトート株式会社)を買収。
  • 2016年4月1日 - ナブテスコが株式を追加取得し連結子会社化[2]
  • 2019年1月 - 本社を東京都千代田区霞が関に移転した。

提供番組(2019年現在)編集

脚注編集

  1. ^ a b c ナブコシステム株式会社 第62期決算公告
  2. ^ 平成28年12月期第1四半期報告書”. ナブテスコ株式会社 (2016年5月12日). 2018年4月11日閲覧。

参考文献編集

  • ナブコシステム株式会社 入社案内

外部リンク編集