ニャンニャン事件

日本の芸能界スキャンダル

ニャンニャン事件(ニャンニャンじけん)とは、1983年昭和58年)に起こった芸能界スキャンダル

当時、人気の絶頂にあった未成年の女性アイドルの、「ベッドで二人仲良くニャンニャンしちゃった後一服」している写真写真週刊誌FOCUS』に掲載されたことに端を発する。

概要編集

当時15歳で人気タレントだった高部知子が、ベッドで裸体に布団を掛け煙草を咥えた様子を捉えた写真が、1983年6月に写真週刊誌FOCUS』(1983年6月24日号)に掲載された。当時の高部は、テレビ朝日のバラエティ番組「欽ちゃんのどこまでやるの!」で「萩本家の愛娘」3人で構成されたユニット『わらべ』の長女・のぞみを演じており、人気者だった[1]。また、穂積隆信のノンフィクションをドラマ化し、最高視聴率45.3%を記録した『積木くずし~親と子の200日戦争』で主人公役を演じるなど、若手女優としても活躍していた[2]

『FOCUS』編集部の取材に対して、所属事務所のボンド企画は、高部本人の写真であると認めており、掲載された写真のリラックスした表情から交際相手との性行為の前後の写真ではないかと見る者が多く、また煙草を咥えていたことから未成年喫煙と問題視され、一大スキャンダルとなった。なお、『FOCUS』は記事中に喫煙と性行為についての価値判断は示さずに事実を伝えただけなのに対して、後追いした多くの週刊誌は、違法行為である15歳の喫煙を問題視する論調だった[3]

高部はレギュラー出演していた『欽ちゃんのどこまでやるの!?』と文化放送ラジオ番組を降板させられ、高部主演で既にクランクインしていた映画版『積木くずし』も降板し、渡辺典子が代役に起用された。高部が起用されていた三菱鉛筆ハウス食品牛乳石鹸CMも打ち切られ、通学していた堀越高校は無期停学になり、謹慎を余儀なくされた[2]

『FOCUS』に写真を持ち込んだのは18歳の少年で、事件の3カ月前に『積木くずし』のエキストラとして知り合った、高部の3歳年上の元交際相手だった[2]。動機は金銭目的ではなく、当初民放のテレビ局に写真を持ち込んだところ、取材が始まったが局の上層部から企画が潰され、さらに暴走族暴力団から嫌がらせを受けるようになったため、自衛のために持ち込んだと編集部に語ったといい、実際に少年は謝礼を一切要求しなかったという[4]

その後も、高部の手紙や会話の録音テープを、芸能誌や女性週刊誌が競うように掲載した[5]。写真をリークした少年は、ストレス性胃潰瘍で入院した後、9月4日、茨城県東茨城郡桂村(現在の城里町)の林道で遺体で発見された。自動車排気ガスを使った自殺とみられる[2][6]

『FOCUS』の記事では「ベッドで二人仲良くニャンニャンしちゃった後の、一服である」という記述があり[2]、「ニャンニャン」を「性行為」という意味で使用しているが、『FOCUS』が「ニャンニャン」という表現にしたのは、記事を執筆した記者が「セックス」という言葉を使いたくなかったため[3]、「わらべ」としてリリースしたシングル「めだかの兄妹」の曲中にある、彼女のソロパートの歌詞フレーズ「ニャンニャン」(の鳴き真似であるオノマトペ)を使用したためだとしている[2]

「ニャンニャン」は性的な意味合いと結び付けられ、当時の流行語にもなった。後の人気テレビ番組『夕やけニャンニャン』(おニャン子クラブを輩出したフジテレビの夕方の情報バラエティ番組)の語源とも言われる[7]

少年は『FOCUS』の記事中で高部の性行為の経験は豊富だったようだと証言している[8]。一方、高部本人は1984年の自著「ハンパしちゃってごめん」で、写真については遊びで撮ったもので、性交渉もなければ、煙草は演技の練習で、実際は喫煙しておらず咥えていただけだと述べている。

事件直後に高部は番組に電話出演して謝罪し、欽どこファミリーを謹慎するという扱いだったが、2ヵ月後に元交際相手が自殺したため、遺族に配慮するという理由により降板扱いとなり、わらべからも除名され、萩本からも「破門」の烙印を押されることとなった[9]。以降、わらべは倉沢淳美高橋真美の二人だけで活動することになった。

一方、写真を掲載したことで『FOCUS』は部数を大きく伸ばし、1ヵ月後の部数が150万部を突破した。当初、『FOCUS』は芸能記事をほとんど掲載しておらず、高部のニャンニャン写真についてもニュースバリューがあるとは思っておらず、その号のトップ記事は政治家の河本敏夫の記事だったが、ニャンニャン事件で飛躍したのを機に、専門の芸能記者を雇い入れるようになったという[10][11]

参考資料編集

  • 「スクープの裏側 「芸能記事」のスタイルを変えた 高部知子ニャンニャン写真」『フォーカススクープの裏側』フォーカス編集部編、新潮社、2001年、pp.36-45。
  • 宝泉薫「くずれっぱなしの病理 高部知子、穂積由香里の積木くずし」『芸能界一発屋外伝』彩流社、1999年
  • 深井一誠「昭和芸能史13の事件簿 高部知子 ニャンニャン写真の波紋」『新潮45』2005年9月号、新潮社

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高須基仁 (2008年4月10日). “加護ちゃん、“前例”高部知子の生き方を見習って”. ZAKZAK. 2012年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『新潮45』2005年9月号
  3. ^ a b 『フォーカススクープの裏側』p.43
  4. ^ 『フォーカススクープの裏側』pp.41-42
  5. ^ 『フォーカススクープの裏側』p.44
  6. ^ 藤木TDC『映画秘宝コレクション 醜聞聖書 ザ・バイブル・オブ・スキャンダル』洋泉社、1998年、p.125
  7. ^ 石橋春海『封印歌謡大全』三才ブックス、2007年、p.198
  8. ^ 『フォーカススクープの裏側』p.39
  9. ^ 週刊女性』1983年9月27日号の萩本欽一の発言(宝泉薫「わらべ "古きよき子供"たちが演じた三人三様の明と暗」『オルタブックス004 アイドルという人生』メディアワークス、1998年、pp.76-79.)
  10. ^ 『フォーカススクープの裏側』po.44-45
  11. ^ 斎藤勲『さらばフォーカス! アンカーライターが見た興亡の20年』飛鳥新社、2001年、pp.132,168-169

関連項目編集