メインメニューを開く

ニール・アダムス (柔道)

ニール・アダムスNeil Adams1958年9月27日 - )はイギリス柔道選手。ラグビー出身。階級は71kg級と78kg級。身長178cm。プロレスラーのクリス・アダムスは実兄である[1][2]

獲得メダル

ニール・アダムス (柔道)
イギリスの旗 イギリス
柔道
オリンピック
1980 モスクワ 71kg級
1984 ロサンゼルス 78kg級
世界選手権
1981 マーストリヒト 78kg級
1983 モスクワ 78kg級
1979 パリ 71kg級
1981 ソウル 78kg級
世界ジュニア
1976 マドリード 70kg級

来歴・人物編集

兄の影響でレスリングおよび柔道を始める[1]。1974年のヨーロッパカデ58kg級で3位になった[2]。1976年のヨーロッパジュニア世界ジュニア71kg級でも3位となった[2]。1977年のヨーロッパジュニアでは優勝した[2]。1978年の嘉納杯でも3位だった[2]。1979年のヨーロッパ選手権で優勝すると、世界選手権でも3位になった[2]。1980年のヨーロッパ選手権では優勝するも、モスクワオリンピックでは決勝でイタリアのエツィオ・ガンバに敗れた[1][2]。その後階級を78kg級に上げると、1981年の世界選手権では決勝で加瀬次郎を得意の腕挫十字固で破って、イギリスの男子選手として初めて世界チャンピオンになった[2]。1983年のヨーロッパ選手権では優勝するも、世界選手権では決勝で日蔭暢年に敗れて2位だった[2]。1984年のヨーロッパ選手権では優勝するも、ロサンゼルスオリンピックでは決勝で伏兵選手である西ドイツのフランク・ウィニケ背負投で敗れて、2大会連続銀メダルにとどまった[1][2]。1985年のヨーロッパ選手権では5度目の優勝を飾るも、世界選手権では日陰に敗れて3位だった[2]。1988年のソウルオリンピックでは3回戦で東ドイツのトルステン・ブレヒョートに敗れた[1][2]

寝技では、アダムス式腕挫十字固などを駆使する名手であった[3]

引退後編集

ヨーロッパ各国の強化コーチを歴任し、現在はベルギー・ナショナルチームの監督およびスポーツ・コンサルタント。IJFスーパーバイザーIppon.TVのコメンテーターも務めている[4]

主な戦績編集

71kg級での戦績

78kg級での戦績

(出典[2])。

脚注編集

  1. ^ a b c d e Biography and Olympic Results
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Judo results
  3. ^ 「入門! 一流の技術」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年10月号 116-121頁
  4. ^ The Technical Analysis of Neil Adams

外部リンク編集