メインメニューを開く

ネオマール・セルメニョ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はセルメニョ第二姓(母方の)はフェブレスです。

ネオマール・アンドレス・セルメニョ・フェブレスNehomar Andrés Cermeño Febres、男性、1979年11月17日 - )は、ベネズエラプロボクサー。元WBA世界バンタム級暫定王者。元WBA世界スーパーバンタム級王者。世界2階級制覇王者。

ネオマール・セルメニョ
基本情報
本名 ネオマール・アンドレス・セルメニョ・フェブレス
階級 フェザー級
身長 168.0cm[1]
リーチ 176.0cm[1]
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
誕生日 (1979-11-17) 1979年11月17日(40歳)
出身地 アンソアテギ州バルセロナ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 26
KO勝ち 15
敗け 6
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 ボクシング
ベネズエラの旗 ベネズエラ
世界ボクシング選手権
1999 ヒューストン バンタム級
中央アメリカ・カリブ海競技大会
1998 マラカイボ バンタム級
2002 サンサルバドル フェザー級
パンアメリカン競技大会
1999 ウィニペグ バンタム級

来歴編集

2000年、ベネズエラ代表としてシドニーオリンピックボクシングバンタム級に出場。

2004年11月13日、プロデビュー。その後拠点をパナマシティに移す。

2009年3月14日、元WBA・WBC世界スーパーフライ級スーパー王者クリスチャン・ミハレスメキシコ)とWBA世界バンタム級暫定王座決定戦を行い、12回2-1(116-112、115-113、111-117)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年9月12日、メキシコヌエボ・レオン州モンテレイでクリスチャン・ミハレス(メキシコ)と対戦し、12回3-0(117-111、2者が116-112)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[2]

2009年12月19日、メキシコソノラ州シウダ・オブレゴンアレハンドロ・バルデス(メキシコ)と対戦し、11回2分40秒KO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[3]

2010年3月27日、バルガス州バルガス市ラ・グアイラ区でWBA世界バンタム級正規王者アンセルモ・モレノ(パナマ)と王座統一戦で対戦し、プロ初黒星となる12回1-2(113-114、115-112、112-115)の判定負けを喫し王座統一に失敗、1年保持していた暫定王座は正規王座に吸収される形で消滅した[4]

2010年8月14日、パナマシティのアレナ・ロベルト・デュランでアンセルモ・モレノ(パナマ)と再戦し、12回1-2(112-117、113-115、115-113)の判定負けを喫し王座獲得に失敗し、5ヵ月ぶりの王座返り咲きに失敗した[5]

2010年11月30日、コロンビアバンタム級1位ウーゴ・ベリオ(コロンビア)とスーパーバンタム級契約6回戦を行い、1回1分23秒TKO勝ちを収め再起に成功した。

2011年1月29日、メキシコハリスコ州グアダラハラビクトル・テラサス(メキシコ)とWBA世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦を行い、12回1-2(116-112、113-115、113-115)の判定負けを喫しWBA世界スーパーバンタム級王者李冽理横浜光ボクシングジム)への挑戦権獲得に失敗した。

2011年6月25日、元世界3階級制覇王者のフェルナンド・モンティエルメキシコ)スーパーバンタム級契約ノンタイトル10回戦を行い、3回12秒、セルメニョが棄権した為プロ初のKO負けを喫した[6]

2011年10月22日、パナマシティのアレナ・ロベルト・デュランでヨアンドリス・サリナスキューバ)とNABA北米スーパーバンタム級王座決定戦で対戦し、10回1-1(77-75、76-76、75-77)の引分で王座獲得に失敗した。

2012年4月4日、ロシアモスクワ州クラスノゴルスク市ミャキニノのクロッカス・シティ・ホールで元OPBF東洋太平洋バンタム級王者サーシャ・バクティン(ロシア)とWBAインターナショナルスーパーバンタム級王座決定戦で対戦し、12回0-3(2者が109-119、111-117)の判定負けを喫し、王座獲得に失敗した。

2013年4月5日、コロンのクルブ・ナウティコ・カリベでエデュアルド・ガルシア(メキシコ)とWBAフェデラテンスーパーバンタム級王座決定戦で対戦し、2回2分44秒KO勝ちを収め王座を獲得した。

2013年8月10日、パナマシティのメガポリス・コンベンションセンターで行われたWBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦でWBA世界スーパーバンタム級10位のオスカル・エスカンドン(コロンビア)と対戦し、12回2-1(115-113、117-111、113-116)の判定勝ちを収め、暫定ながら2階級制覇を達成した[7]

2013年9月5日、WBAによるスコット・クィッグ正規王座認定に伴い、セルメニョがWBA世界スーパーバンタム級1位になった[8][9]

2013年12月27日、WBAはWBA世界スーパーバンタム級暫定王者のネオマール・セルメニョとWBAスーパーバンタム級2位のオスカル・エスカンドンに対し、120日以内に指名試合として再戦するよう指令を出した。2014年1月15日までに試合に関する契約を交わすことも義務付けた[10][11]

2014年2月20日、同年4月19日にマンチェスターマンチェスター・アリーナでWBA世界スーパーバンタム級正規王者のスコット・クィッグと王座統一戦を行うことが決定した[12]

2014年4月11日、同月19日にマンチェスターマンチェスター・アリーナで正規王者のスコット・クィッグとWBA世界スーパーバンタム級王座統一戦を行う予定だったが、セルメニョにイギリスへの入国ビザが発給されなかった為、中止となった[13]

2014年8月9日、ペルーでWBA世界スーパーバンタム級7位のカルロス・ザンブラーノと対戦する予定だったが、入国出来ず直前に試合が中止になった。

2014年12月5日、WBAが発表した2014年11月度のランキングでセルメニョはWBA世界スーパーバンタム級暫定王者としてWBA世界スーパーバンタム級1位にランクインしていたが[14]、同月9日にWBAはセルメニョが2013年8月10日にオスカル・エスカンドンに勝利しWBA世界スーパーバンタム級暫定王座を戴冠してから15カ月以上防衛戦を行っていない為、暫定王者は180日以内に防衛戦を行わなければいけないという規定に基づきセルメニョが保持していた暫定王座の剥奪を決定した[15]

2016年1月15日、サンサルバドルCIFCOでレステル・メドラノとWBAフェデボルフェザー級王座決定戦を行い、9回3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2016年1月19日、WBAはセルメニョをWBA世界スーパーバンタム級12位にランクインした[16]

2016年5月6日、WBAはセルメニョをWBA世界スーパーバンタム級8位にランクインした[17]

2016年6月24日、北京首都体育館にてハビエル・フォルトゥナVSジェイソン・ソーサの前座で、スコット・クィッグカール・フランプトンとの王座統一戦に敗れて以来空位となっているWBA世界スーパーバンタム級正規王座決定戦をWBA世界スーパーバンタム級2位でWBC世界スーパーバンタム級シルバー王者の裘曉君と行い、12回1分11秒TKO勝ちを収め1年6ヶ月ぶりの王座返り咲きに成功した[18][19]

2016年7月14日、WBAはセルメニョをWBA世界スーパーバンタム級王者としてランクインした[20][21]

2016年9月30日、浙江省温州市PABAスーパーバンタム級王者でWBA世界スーパーバンタム級15位のノップ・クラティンデーンジムと対戦し、3回2分19秒KO勝ちを収め初防衛に成功した[22][23]

2016年12月17日、杭州市でWBA世界スーパーバンタム級7位の裘曉君と6ヵ月ぶりに再戦し、12回3-0(118-110、117-111×2)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[24][25][26]

2017年4月9日、大阪府立体育会館でWBA世界スーパーバンタム級8位の久保隼と対戦し、11回5秒TKO負けを喫し3度目の防衛に失敗、王座から陥落した[27][28][29]

2017年4月10日、WBAはセルメニョをWBA世界スーパーバンタム級6位にランクインした[30][31]

2017年5月12日、WBAはセルメニョをWBA世界フェザー級5位にランクインした[32][33]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ a b セルメニョvs久保隼、9日WBA世界戦予備検診 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月6日
  2. ^ セルメーニョ、ミハレスを返り討ち WBAバンタム級暫定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月13日
  3. ^ セルメーニョ、バルデスを終盤TKO ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月21日
  4. ^ バンタム級統一戦はモレノが2-1の勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年3月29日
  5. ^ モレノ、セルメーニョを2-1撃退 ゴロフキン初回戴冠 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年8月15日
  6. ^ Montiel Back In the Winners Circle, Stops Cermeno Boxing Scene.com 2011年6月26日
  7. ^ Moreno retains WBA bantamweight title for 11th time; Cermeno edges Escandon for WBA interim super bantam belt; Ramos upsets Vazquez Fightnews.com 2013年8月11日
  8. ^ Official WBA Ratings of August 2013 Archived 2013年9月28日, at the Wayback Machine. WBA公式サイト 2013年9月5日
  9. ^ WBA Ratings movements as of August 2013 Archived 2013年9月18日, at the Wayback Machine. WBA公式サイト 2013年9月9日
  10. ^ WBA orders Cermeño-Escandon II Fightnews.com 2013年12月27日
  11. ^ Cermeño vs Escandón rematch ordered WBA公式サイト 2013年12月27日
  12. ^ Quigg to defend against Cermeno Fightnews.com 2014年2月20日
  13. ^ Nehomar Cermeno has visa issues, Scott Quigg will now face Tshifhiwa Munyai on April 19th Fightnews.com 2014年4月11日
  14. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年12月5日
  15. ^ Championships Committee withdraws recognition from Cermeno as interim champion WBA公式サイト 2014年12月9日
  16. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年1月19日
  17. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年5月6日
  18. ^ Cermeño KOs Jun Qiu Xiao WBA公式サイト 2016年6月25日
  19. ^ フォルトゥナ陥落、S・フェザー級戦線が混沌 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月25日
  20. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年7月14日
  21. ^ ゴロフキンvsブルック、WBAは現状不承認 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月16日
  22. ^ Cermeno sinks Anurak in three to keep WBA 122lb belt Fightnews.com 2016年9月30日
  23. ^ WBA-China: Cermeño Crushes Thisa WBA公式サイト 2016年9月30日
  24. ^ Cermeno keeps WBA 122lb belt in China again Fightnews.com 2016年12月17日
  25. ^ Cermeño Retains His Title a Second Time WBA公式サイト 2016年12月17日
  26. ^ セルメニョが中国でV2、スパイス松下は判定負け Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月18日
  27. ^ Kubo dethrones WBA 122lb champ Cermeno Fightnews.com 2017年4月9日
  28. ^ Kubo, new WBA Super Bantamweight Champion WBA公式サイト 2017年4月9日
  29. ^ 久保隼がWBA王座獲得、王者セルメニョ11回棄権 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月9日
  30. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年4月10日
  31. ^ パッキャオvsホーン正式発表、WBA&WBCランク Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月11日
  32. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年5月12日
  33. ^ WBA Ratings movements as of April 2017 WBA公式サイト 2017年5月24日

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
クリスチャン・ミハレス
WBA世界バンタム級暫定王者
2009年3月14日 - 2010年3月27日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
暫定王座決定戦 対戦者
オスカル・エスカンドン
WBA世界スーパーバンタム級暫定王者
2013年8月10日 - 2014年12月9日(剥奪)
次暫定王者
剥奪により消滅
空位
前タイトル保持者
スコット・クィッグ
WBA世界スーパーバンタム級王者

2016年6月24日 - 2017年4月9日

次王者
久保隼