ハイセンス

中国の家電メーカー、企業グループ
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ハイセンスグループ: 海信集团有限公司)は、中華人民共和国山東省青島を本拠とする電機メーカー

ハイセンスグループ
海信集団有限公司
Hisense Group Co.,Ltd.
Hisense.svg
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
山東省青島市市南区
設立 1969年9月 (52年前) (1969-09)
業種 電気機器
事業内容 家電製品通信機器情報機器その他電子機器の開発・製造・販売
代表者 周厚健 会長
売上高 716億人民元
従業員数 15,776名
主要子会社 TVS REGZA 95%
外部リンク www.hisense.com
テンプレートを表示
海信グループ
各種表記
繁体字 海信集團
簡体字 海信集团
拼音 Hǎixìn Jítuán
発音: ハイシン ヂートゥアン
英文 Hisense Group
テンプレートを表示

概要編集

主要製品は、家電製品、通信機器、情報機器。海信電器と海信科龍電器の2つのグループ企業から構成されており、2社とも上海証券取引所香港証券取引所に上場している[1]。ハイセンス(Hisense)、科龍(Kelon)、容声(Ronshen)の3個のブランドで商品展開を行なっている。

 
Hisenseの洗濯機
 
ポコノ・レースウェイにてHisenseがスポンサーを務めた車両

近年は中国だけではなく、様々な家電で日本国内においても国内メーカーより安価であるため売り上げが急激に伸ばしている。とりわけテレビ事業においては子会社であるTVS REGZAのシェアが2021年3月にシャープを追い抜き国内トップとなった[2]

沿革編集

1969年9月、海信グループの前身である「青島無線電二廠」が創業。社員10人余りでトランジスタラジオを生産していた。1970年には山東省初の14型ブラウン管テレビを生産。1978年に18型カラーテレビを生産。1979年2月に、「青島電視機総厰」設立、国家認定カラーテレビ拠点生産工場となる。1984年に松下電器産業(現パナソニック)からテレビ生産設備を導入[3]、1985年に主要技術経済指標で中国国内のテレビメーカーで一位となった。

1993年、キャッシュレジスター生産開始、青島通信設備有限会社設立。1994年、青島海信グループが新社名で誕生。1995年、海信光学通信、海信不動産設立。1996年、南アフリカ海信発展有限会社設立。1997年4月に海信電器が株式を上場。同年、海信変頻空調も上場を果たす。1999年にハイセンスが中国馳名商標となる。2000年、日立製作所CDMA技術提携合意。

2001年、韓国大宇から南アフリカ工場買収。2002年、住友商事との合弁会社サミット・ハイセンス株式会社設立。

2005年、ハイセンスの商標を欧州各国で登録していたシーメンスと和解し、海信グループがハイセンス商標を使用出来るよう譲渡を受けた[4]

2017年11月、 東芝映像ソリューション(現・TVS REGZA)の株式の95%を海信に譲渡する契約の締結が発表された[5]

日本法人編集

ハイセンスジャパン株式会社
HISENSE JAPAN CORPORATION
 
本社所在地   日本
212-0058
神奈川県川崎市幸区鹿島田1-1-2 新川崎三井ビルディングウエストタワー19F
設立 2010年11月4日
法人番号 4010501032306
事業内容 家電製品通信機器情報機器その他電子機器の開発・製造・販売
代表者 李文麗
テンプレートを表示

日本法人「海信日本株式会社」は2010年11月に設立。2015年5月に社名が「ハイセンスジャパン株式会社」へ商号変更された[6]

商品・産業分野編集

関連会社編集

ハイセンスの関連機関は中国国内外に40を超える施設がある[7]

ハイセンス日立空調システム株式会社

日立製作所とハイセンスの合弁会社として2003年に設立された。商用および家庭用セントラルエアコンシステムを含む製品を中国で設計、製造、販売している。

主な傘下企業編集

  • 海信電器
  • 海信科龍電器
  • 海信変頻空調
  • 海信国際マーケティング
  • ハイセンスジャパン株式会社
  • TVS REGZA株式会社
  • サンデン株式会社

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 郝燕書、王鳳「アフリカの日本型ハイブリッド工場シリーズ(Q) 海信南アフリカ〜中国企業における国際化能力形成に関する一考察」[1]
  2. ^ 液晶テレビでシャープが首位陥落、16年と21週連続のトップシェア記録途絶える
  3. ^ 西口、天野、趙「中国家電企業の急成長と国際化」[2]
  4. ^ サーチナ「シーメンスが商標問題で海信と和解、商標譲渡」[3]
  5. ^ “東芝映像ソリューション株式会社の株式譲渡について” (プレスリリース), 東芝映像ソリューション株式会社, (2017年11月14日), https://www.toshiba.co.jp/tvs/news/20171114.htm 2017年11月23日閲覧。 
  6. ^ ハイセンスジャパン株式会社 (2015年5月29日). “2015年5月29日 社名改称ならびに事務所移転のお知らせ”. ハイセンスジャパン株式会社. 2015年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月23日閲覧。
  7. ^ About Us Archived 1 May 2009 at the Wayback Machine. Hisense USA official site

外部リンク編集