メインメニューを開く

Channel 4K(チャンネル ヨンケイ)は、2014年6月2日[1]から2016年3月31日まで放送が行われていた、日本初の4K UHD放送局。

Channel 4K(ちゃんねるよんけい)
あなたは、「本当はこうだったんだ」と思う。
基本情報
運営(番組供給)事業者 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)
放送(配信)開始 2014年6月2日
放送(配信)終了 2016年3月31日
テンプレートを表示

目次

概要編集

このチャンネルは全国で受信できる4K無料試験放送であった。次世代放送推進フォーラムNext Generation Television & Broadcasting Promotion Forum、略称:NexTV-F)が放送免許を取得し、全国の各放送局や家電メーカーなどのフォーラム加盟団体から提供された番組を放送していた。平日は12時から19時まで、土日は10時から22時頃まで放送されていた(開局当初は13時から19時までの放送だった[2]。チャンネルは502で、2014年6月2日13時より放送開始された。2015年11月27日、NexTV-Fは「各社の次世代放送サービスの開始とともに、試験放送としての役割も果たした」とし、2016年3月31日をもって終了することを発表[3][4][5]した。2016年3月21日22時をもって通常の番組は全て終了し、その後は3月31日24時まで全日「放送終了」を告知する静止画が放送されたのちに停波した。

基本的にスカパー!プレミアムサービス(以下、便宜上「スカパープレミアム」)と衛星、放送方式、スクランブル・限定受信方式は同じものになっているが、放送主体はあくまでもNexTV-FでスカパーJSAT(およびSPBC)は運営に関与せず[6]、スカパーJSATはNexTV-Fに伝送路を貸すのみの関係となる。とはいえシステム自体はスカパープレミアムであることに変わりはなく、将来行われる予定のISDB方式(110度BS・CS)による4K放送とは放送方式が異なる。

キャッチコピーは、『あなたは、「本当はこうだったんだ」と思う。』。

放送方式編集

  • 伝送 - 124/128度CSから27MHの伝送帯域幅で送信される高度狭帯域伝送。
  • 方式 - DVB-S.2 8PSK 誤り訂正畳み込み符号3/5 最大35Mbps
  • 音声圧縮 - AAC 500kbps
  • 多重化 - MPEG-2システム
  • 暗号化 - MULTI2
  • 映像 - 3840×2160 60P
  • 映像圧縮 - H.265
  • 色差信号 - 4:2:0

必要な機器編集

チューナー
放送開始時点の6月2日には5台のみ。
  • ソニー - 4Kメディアプレーヤー FMP-X7
スカパーJSATからFMP-X7Aも発売。こちらはにも対応。
テレビ
  • スカパープレミアム4K対応テレビ
  • HDCP 2.2対応テレビ
アンテナ
  • 124/128度CSアンテナ
現在のスカパープレミアムとほぼ同じ45センチ程度。

番組編集

開局した6月は、FIFAワールドカップと「アリスコンサート」以外は「日本の風景(1)」と「Channel 4Kダイジェスト」を繰り返し放送。

2014 FIFAワールドカップ編集

1日から3日遅れ4試合のみの録画放送である。この時期に開局したのは2014 FIFAワールドカップに間に合わせるためであったが、生中継を行うことはできなかった。6月18日からパブリックビューイングが行われた。NHKと民放連による製作。

  • 日本 対 コートジボワール
初回放送6月18日、NHK撮影、8K UHDで撮影された映像をダウンコンバート。ギリシャ戦も8K撮影されるが放送許可がおりなかった。
  • コロンビア(グループC/1位)対 ウルグアイ(グループD/2位)(ソニー協力、FIFA制作)
  • フランス 対 ドイツ 準々決勝(ソニー協力、FIFA制作)
  • 決勝(ソニー協力、FIFA制作)

著作権保護編集

スクランブルがかかっており、チューナーにはスカパー!ICカードを差し込む必要がある[7]。またNexTV-Fのコールセンターに電話して16桁の番号をオペレーターに伝える必要(受付は10時から17時まで)がある。ただし、そのチューナーでChannel 4Kのみ視聴する場合は手続きはここで終了する[8]

テレビとの伝送には著作権保護技術HDCP 2.2が用いられている。2014年4月以前に発売されている4KテレビでHDCP 2.2、60pに対応しているものはないが、それまでに発売された4Kテレビを基板交換を含む場合も無償でHDCP 2.2に更新するメーカーもある。また他の録画機器への転送規格自体が決まっておらず、移動・ダビングは一切行えない。4K対応のBlu-ray DiscではChannel4K・スカパー4K専門チャンネルとは違いHDCP2.2非対応テレビでもダウンコンバート視聴が可能。

スクランブル解除など、やや複雑な放送になっているのは、総務省の発表した時期にスタートするため突貫工事となったためとしている[9]

ケーブルテレビ編集

このチャンネルは以下のケーブルテレビ局でトランスモジュレーション方式(RF方式)、またはIP方式により送信される[10]

脚注編集

  1. ^ チューナーが発売されるのは2014年6月25日であるため、それまでは一般に受信できない。
  2. ^ 6月2日開始の4K試験放送、チャンネル名は「Channel4K」。13時〜19時まで無料放送 AV Watch 2014年5月20日
  3. ^ 4K試験放送のChannel 4K、'16年3月31日に終了。「試験放送の役割果たした」 AV Watch 2015年11月27日
  4. ^ 4K試験放送「Channel 4K」、2016年3月31日で終了 phileweb 2015年11月27日
  5. ^ 各社での実用放送開始に伴った、4K試験放送「Channnel 4K」の放送終了について Channel 4K 2015年11月27日
  6. ^ このため、スカパー!の総合パンフレットにChannel 4Kの案内は掲載されているがチャンネルリストには掲載されていない。
  7. ^ スカパー!ICカードが付属していない場合はスカパーJSATにスカパー!ICカード発行を申し込む必要がある。
  8. ^ 他のチャンネルを視聴しようとしない限りスカパープレミアムに加入する必要はないが、逆にスカパープレミアムとChannel 4K共に視聴したい場合は両方の手続きが必要。
  9. ^ 4K試験放送は結局どんな内容に? - 詳細や今後の戦略をNexTV-Fに聞く phileweb 2014年5月28日
  10. ^ ジャパンケーブルキャスト、6月2日からの4K試験放送をCATV8局に光回線で配信 AV Watch 2014年5月23日

関連項目編集

外部リンク編集