メインメニューを開く

ハトマンダーは、1956年に第3次鳩山一郎内閣小選挙区制導入を図った公職選挙法改正案のこと。

目次

概要編集

1956年、鳩山内閣は衆議院議員総選挙において小選挙区制を導入するため、3月19日に公職選挙法改正案を提出した。改正案では議員定数を現行(当時)の467議席から30増の497議席とした上で、1人区457選挙区と2人区20選挙区の計477選挙区を設置するものであった。

しかし、477区中、社会党が強い地域を中心に2人区を20選挙区[1]設けたことや飛び地が6選挙区[2]あることなど不自然な選挙区割りが存在した。この小選挙区制度導入は衆議院で改憲勢力が3分の2以上を獲得して憲法改正の下地を整えることが目的であるとして、野党から党利党略と批判された。また、選挙区割りが旧自由党の地盤である地域を分断し旧民主党寄りであったため、自民党内からも反発があがった。

5月16日に衆議院では区割りに関する部分を切り離す修正を行った後で強行採決で可決されたが、参議院では審議未了で廃案となった。

脚注編集

  1. ^ 北海道12区、岩手7区、宮城1区、秋田3区、茨城2区、群馬9区、埼玉6区、東京9区、石川5区、長野1区、愛知3区、愛知18区、三重6区、兵庫1区、兵庫2区、広島9区、福岡6区、福岡9区、長崎1区、熊本4区
  2. ^ 山形4区、東京30区、神奈川3区、長野11区、島根2区、広島5区

外部リンク編集

関連項目編集