メインメニューを開く

ハネナガイナゴ(翅長稲子、学名: Oxya japonica japonica[1])は、バッタ目バッタ科昆虫。いわゆるイナゴの仲間。

ハネナガイナゴ
交尾するハネナガイナゴ
交尾するハネナガイナゴ(2008年10月)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: バッタ目(直翅目) Orthoptera
亜目 : バッタ亜目 Caelifera
下目 : バッタ下目 Acrididea
上科 : バッタ上科 Acridoidea
: バッタ科 Acrididae
亜科 : イナゴ亜科 Oxyinae
: Oxyini
: イナゴ属 Oxya
: ハネナガイナゴ O. japonica
学名
Oxya japonica
(Thunberg1824)
和名
ハネナガイナゴ
英名
Japanese grasshopper
亜種
  • O. j. japonica
  • O. j. vitticollis

特徴編集

コバネイナゴによく似るが、翅の先端が腹端、および後肢腿節端を大きく超える。しかしコバネイナゴの長翅型にも同様の翅長を持つものがあり、同定にはオス交尾器の形状確認を要する[2]。メスにおいては生殖下板に2本の隆起線が見られ[3]、コバネイナゴとの区別が可能である。また、メスの生殖下板後縁、および腹部第3背板の下部後縁には棘状の突起が見られる。

分布編集

近縁種編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2011年11月2日閲覧。
  2. ^ 大町 文衞 種としてのコバネイナゴとハネナガイナゴ 遺伝學雑誌 21(5-6), 79-79, 1946
  3. ^ 大町 文衞 種としてのコバネイナゴとハネナガイナゴ 遺伝學雑誌 21(5-6), 79-79, 1946

参考文献編集

  • 宮武頼夫・加納康嗣編著『検索入門セミ・バッタ』保育社、1992年、51頁。ISBN 4-586-31038-3
  • 市川顕彦「日本の鳴く虫一覧:直翅目」『鳴く虫セレクション : 音に聴く虫の世界』大阪市立自然史博物館・大阪自然史センター編著、東海大学出版会〈大阪市立自然史博物館叢書〉、2008年、246-321頁。ISBN 978-4-486-01815-5
  • 福田晴夫ほか『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方 : 野山の宝石たち』南方新社、2009年、増補改訂版、132頁。ISBN 978-4-86124-168-0
  • 村井貴史、伊藤ふくお『バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑』日本直翅類学会監修、北海道大学出版会、2011年、389頁。ISBN 978-4-8329-1394-3

関連項目編集

外部リンク編集