バスケットボールU-21世界選手権

バスケットボールU-21世界選手権FIBA U-21 World Championship)は、国際バスケットボール連盟が主催していたバスケットボールの国際大会である。

歴史編集

22歳以下の大会として、男子は1993年にヤングメン世界選手権、女子は2003年にヤングウーメン世界選手権として第1回大会が開催され、それぞれ4年に1度行われている。

2001年の男子大会は、日本のさいたまスーパーアリーナで開催された[1]

2005年の男子大会より年齢が21歳以下に引き下げられ、大会名もサッカーのようなU-21という名称に変わった。

2007年に年代別各大会の再編が行われ、U-21はU-19へ統合される形で終了となった。

日本は男子が2001年のヤングメンに出場し、11位であった。一方、女子は2007年のU-21に出場し、10位であった。

歴代開催国・優勝国編集

男子(旧ヤングメン)編集

開催年 開催国 優勝 スコア 準優勝 3位
1993年   スペイン   アメリカ合衆国   フランス   ブラジル
1997年   オーストラリア   オーストラリア   プエルトリコ   ユーゴスラビア
2001年   日本   アメリカ合衆国   クロアチア   アルゼンチン
2005年   アルゼンチン   リトアニア 65-63   ギリシャ   カナダ

女子(旧ヤングウーメン)編集

開催年 開催国 優勝 スコア 準優勝 3位
2003年   クロアチア   アメリカ合衆国   ブラジル   フランス
2007年   ロシア   アメリカ合衆国   オーストラリア   フランス

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2006年バスケットボール世界選手権の決勝トーナメントも同アリーナで開催された。

関連項目編集