メインメニューを開く
US Navy 070303-N-6482W-072 An MH-60S Seahawk assigned to the "Dragon Whales" of Combat Support Squadron (HSC) 28, maneuvers away from the flight deck of amphibious assault ship USS Bataan (LHD 5).jpg
艦歴
発注 1991年12月20日
起工 1994年6月22日
進水 1996年3月15日
就役 1997年9月20日
母港 バージニア州ノーフォーク
性能諸元
排水量 満載排水量:41,005トン
全長 844フィート(257m)
全幅 110フィート(34m)
吃水 27フィート(8.5m)
機関 ウェスティングハウス式蒸気タービン
2基、2軸 70,000hp
最大速度 22ノット
航続距離 9,500(18ノット時)
乗員 士官104名、兵員1,004名
海兵隊員1,894名
兵装 シースパロー8連装発射機x2基
RAM近SAM連装発射機x2基
20mm ファランクスCIWSx3基
Mk 38 25 mm 機関砲x3基
12.7mm機銃x4丁
艦載機 各種ヘリコプターx30機
AV-8B ハリアーIIx6-8機
搭載艇 LCACx3隻
モットー "Courage, Commitment, Honor"

バターン(USS Bataan, LHD-5)は、アメリカ海軍強襲揚陸艦ワスプ級強襲揚陸艦の5番艦。ミシシッピ州パスカグーラインガルス造船所で建造された。

艦歴編集

バターンは、第二次世界大戦におけるフィリピンバターン半島における戦いに因んで命名された。その名を持つ艦としては2隻目である。艦のスポンサー、元海兵隊司令官カール・E・マンディジュニア将軍の夫人、リンダ・スローン・マンディは「アメリカ合衆国の名の下に、そして、バターン半島での勇敢な戦いの下に」艦に命名を行った。バターンの命名式では国防副長官ジョン・P・ホワイトが演説を行った。

バターン半島の戦いおよびその後の「バターン死の行進」から生還した者や、空母バターン」に関係した100名以上の退役兵が命名式に参加した。

ハリケーン・カトリーナ編集

2005年ハリケーン・カトリーナの上陸に先立ってニューオーリンズ沖に待機して、8月30日より被災者に対する救援作業に参加した。バターンの艦載ヘリコプターは被災規模確認のための最初の飛行を行った。続いて1,600名以上の難民輸送し、被災地区に100,000ポンド(45メートルトン)以上の積荷および8,000ガロン(30,000リットル)の真水を供給した。艦は、84人の医学専門家から成る2つの飛行医療チームの基地として機能し、チームは被災地で救急医療を提供した。

関連項目編集

外部リンク編集