メインメニューを開く

バビロン (小説)

日本の小説、メディアミックス作品

バビロン』 (BABYLON) は、野﨑まどによる日本小説講談社より発売された[1]

バビロン
ジャンル サスペンス
小説
著者 野崎まど
イラスト ざいん(表紙絵)
出版社 講談社
レーベル 講談社タイガ
刊行期間 2015年10月 -
漫画
原作・原案など 野崎まど
作画 瀧下信英
出版社 講談社
掲載サイト コミックDAYS
発表期間 2019年2月 -
アニメ
原作 野﨑まど
監督 鈴木清崇
キャラクターデザイン 後藤圭佑
音楽 やまだ豊
アニメーション制作 REVOROOT
製作 ツインエンジン
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2019年10月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

あらすじ編集

東京への一極集中緩和を目的として、東京都西部に新設された『新域』。その実態は、新法の試験運用を実施する「国家の実験場」としての役割を有し、政令指定都市を上回る権限が付与され、「第2の東京」と位置付けられていた。

アグラス事件発覚により、検事・正崎 善東京地検特捜部は、製薬会社の日本スピリから捜査資料を押収した。しかしそれらを検証する際、「睡眠薬セイレンに関する臨床試験」というファイル内にあった2つ折りの報告書の裏に、血痕や毛髪などとともに書かれた大量の「F」の字が綴じられていることに気付く。正崎はその報告書を作成した因幡という准教授を訪ねたが、彼は全身麻酔機を用いて死亡した状態で見つかった。

捜査を進めると、新域の域長選挙に出馬中の野丸の議員秘書と「謎の女」が、因幡の死ぬ2ヵ月前から彼のもとへ頻繁に通っていたことが判明する。政治と関与している可能性が浮上したため、アグラス事件よりも因幡の捜査を優先して「秘書の足取り」を追うことにしたが、その途中に正崎の部下である文緒が突如自殺する。因幡と文緒の死を皮切りにさらに捜査を進めていく中、正崎は謎の女・曲世 愛と出会う。

野丸の手駒である、新域の次代域長に当選した齋 開化は、個人が自殺を選択することを肯定する「自殺法」をアピールし、64人もの人間が高層ビルから飛び降り自殺をしてしまう。やがて齋開化のバックで動いている曲世愛こそが、自身の手を下すことなく「人を死に追いやる能力」により人々を自殺に追い込んでいる容疑者「F」であることが判明する。

登場人物編集

主要人物編集

正崎 善(せいざき ぜん)
声 - 中村悠一[2]
東京地検特捜部の検察官。正義感に強く真面目な性格であり、新域構想には否定的な立場をとる。コーヒーの味にうるさい。
アグラス事件で押収した捜査資料から不気味な怪文書と化した因幡の報告書を部下の文緒と共に発見した事を機に因幡の不審自殺とそれに関与しているとされる政治絡みの新たな事件を捜査する。正崎自身と文緒が第1発見者となった因幡の不審自殺を追っていく中、謎の女・曲世愛の存在を知る。
曲世 愛(まがせ あい)
声 - ゆきのさつき
栃木県那須郡那須町出身。元々は養女で母方の苗字を持つ。数多くの不審自殺に関わり、若手議員の新域長・齋開花と行動を共にする妖艶な謎の美女。
男を惑わす手練手管に長け、魅惑的な言葉と肉体の他、会うたびに別人としか言いようがないほど印象が変わり、単純な変装・演技力などとは違った無数の姿を使い分ける。年齢は23歳だが、使い分ける無数の姿の年齢はそれよりも年下か年上に見えるほどの美人に化ける。
正崎も当初は、「因幡に接触していた巨乳の美人」「文緒が追っていた10代の少女」「平松絵見子」の3人が別人として存在していると認識していたが、姿の使い分けは彼女に2、3度会った事のある守永の説明によって初めて明かされた。
守永曰く、「彼女がいなければ新域構想は10年遅れていた」とされており、陰の立役者としても暗躍している。
参考人・平松絵見子として善と会った際には、正義についての議論を交わした。直接、自身の手を下すことなく「人を死に追いやるなんらかの能力」を持ち、関わった人間はおろか、すれ違っただけの人間をことごとく自死に誘っている。刑事として、曲世の能力の恐ろしさを事前に知っている九字院でさえも魅了し、九字院は自らの足を拳銃で撃ち抜いて痛みで曲世の能力を破ろうとするも、それでも拳銃自殺に追い込むほどの絶対的な能力を持っている。
反面、その能力を持ち合わせながら瀬黒に対しては、斧で四肢を切断しながら惨殺、その場面を動画配信で正崎に見せつけるという法的に殺人犯になる事も厭わない非合理的な手段も取る。

東京地検編集

文緒 厚彦(ふみお あつひこ)
声 - 小野賢章[2]
検察官を目指す正崎の部下。追っていた10代後半の少女の住居を特定した後、正崎にメールを送信し、動機のない謎の首吊り自殺を遂げる。
タイミング的に当初は何者かによる始末を疑われたが、後に文緒自らが自殺した事が判明する。さらに追っていた少女の正体は曲世の使い分けた姿のひとつである事も判明する。
瀬黒 陽麻(せくろ ひあさ)
声 - M・A・O[2]
検察事務官。23歳。法務事務次官・瀬黒嘉文の姪で自殺した奥田に代わって正崎と共に事件を追う。曲世に捕えられ四肢を斧で切断され絶命。
守永 泰孝(もりなが やすたか)
声 - 堀内賢雄[2]
東京地検特捜部部長。

警察関係者編集

九字院 偲(くじいん しのぶ)
声 - 櫻井孝宏[2]
多摩東中央警察署の警部補。正崎の依頼を受け、因幡の死に関する捜査へ協力する。
三戸荷 勉(みとに べん)
声 - 小形満
情報解析官。因幡のパソコンを調べ、残されたデータから自殺に使用した新薬の正体を突き止めた。
寅尾 太隈
声 - 稲田徹
警視庁捜査一課管理官。体格が良く威圧感のある外見をしているが、捜査に行き詰まった正崎をフォローするなど物腰の柔らかい好人物。
筒井 三郎(つつい さぶろう)
声 - 柳田淳一
第六強行犯捜査係の警部補。正崎の命で曲世の過去を洗う。曲世の家族構成と曲世が中学時代に起こしたある事件を正崎に伝えたが、曲世の現在の足取りを追う内に曲世本人と接触してしまい、スマホを奪われる。最後は曲世の言葉を聞いた事で笑みを浮かべながら走行中の車に轢かれて自殺してしまう。

政治家・役人編集

野丸 龍一郎(のまる りゅういちろう)
声 - 宝亀克寿[2]
自明党幹事長。
瀬黒 嘉文(せぐろ よしふみ)
声 - 家中宏
法務事務次官。陽麻の叔父。
齋 開化(いつき かいか)
声 - 置鮎龍太郎[2]
地元トップの高校から東京の名門大学に進学後、イギリス大学院に留学。市議で経験を積んで30歳の若さで新域長に就任した若手議員。
最初は神輿に担がれた野丸の手駒として登場するが、過激なパフォーマンスで新法「自殺法」をアピールし、それを推進する。曲世愛と行動を共にしている謎の男。側近達や曲世と共に失踪しながら暗躍している。
奥田 椋成(おくだ りょうせい)
声 - 内匠靖明
検察事務官。曲世が平松絵見子として検察庁に同行した際は正崎と共に事情聴取を行っていたが、正崎がいなくなった隙に曲世に何かを吹き込まれ、あろうことか彼女を帰してしまう。その後、新域庁舎の屋上庭園にて至福の表情で集団飛び降り自殺を図った。

医者編集

坂部 蔵主(さかべ くらうず)
声 ‐ 青山穣
曲世愛の父の弟で叔父にあたる精神科医。15歳の曲世が中学時代に男子生徒達や蔵主に起こした精神的レイプとも言える事件を正崎達に告白した。
因幡 信(いなば しん)
聖ラファエラ大学医科大学准教授兼麻酔科医。正崎達が書類整理を行っていたときに血のついた睡眠薬「セイレン」の治験実地状況報告書を発見した事で令状なしの捜査が行われるが、多摩センターにある自宅で全裸で椅子に座り、クラシックを聴きながら、手術用の全身麻酔機を用いて笑顔の表情のまま、自殺という異様な状態を正崎達に発見される。死因は全身麻酔機で因幡自身が開発した新薬「二クス」の過剰投与で致死量に達するまで30時間もかかった事が判明する。さらに捜査の過程で赤い服を着た巨乳の美人と接触していた事が判明する。

その他編集

半田 有吉(はんた ありよし)
声 - 興津和幸[2]
恒日新聞の記者。正崎の大学時代の親友。
正崎 人美(せいざき ひとみ)
声 - 中原麻衣
正崎善の妻。
正崎 明日馬(せいざき あすま)
正崎善と人美の息子。

用語編集

アグラス事件
日本スピリ製薬が複数の大学に対し、新薬「アグラス」の薬効を実際のものより高く示した虚偽の研究結果作成を依頼した事件。厚生労働省の告発により発覚した。

ニュクス

因幡信が開発して自殺に使用した新薬。服用すると自然に眠りつき、一切苦痛を感じることなく、二度と目を覚ます事なく死ねる自殺薬。
新域
町田市八王子市多摩市神奈川県から相模原市を越境合併して設置された新たな行政区画。表向きは東京への一極集中緩和を目的として新設されたが、その実態は新法の試験運用を実施する国家の実験場としての役割を有する。政令指定都市中核市特例市を上回る権限が付与され、「第2の東京」と位置付けられている。

書誌情報編集

漫画編集

コミックDAYS』(講談社)にて、2019年2月より連載中[3]

テレビアニメ編集

2019年10月よりTOKYO MXほかにて放送中[4]。また、2019年10月7日にAmazonプライム・ビデオにて第1章(第1話 - 第3話)が先行配信された[4]

2020年3月18日に全12話を収録したBlu-ray Box (VPXY-71786) が発売予定[5]

スタッフ編集

  • 原作 - 野﨑まど「バビロン」シリーズ(講談社タイガ刊)[2]
  • 監督 - 鈴木清崇[2]
  • 文芸担当 - 坂本美南香
  • キャラクター原案 - ざいん[2]
  • キャラクターデザイン - 後藤圭佑[2]
  • プロップデザイン - 柏淳志、熊田明子
  • 美術監督 - 中村典史
  • 美術設定 - BARNSTORM DESIGN LABO、大山裕之、島村大輔
  • 色彩設計 - 竹澤聡
  • 撮影監督 - 中村俊介、浅黄康裕
  • 編集 - 奥田浩史
  • 音楽 - やまだ豊[2]
  • 音楽制作 - フジパシフィックミュージック
  • 音響監督 - 明田川仁
  • 音響効果 - 小山恭正
  • プロデュース - 山本幸治
  • アニメーションプロデューサー - 江波和樹
  • アニメーション制作 - REVOROOT[2]
  • 製作 - ツインエンジン[2]

主題歌編集

「Live and let die」(第1章)[6]
作詞・作曲 - Q-MHz / 編曲 - 月蝕會議 / 歌 - Q-MHz feat. uloco.
「イノチ食ム魂」(第2章)[7]
作詞・作曲・編曲 - Q-MHz / 歌 - Q-MHz feat. Mikako Komatsu

各話リスト編集

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督
第1章「一滴の毒」第1話疑惑 坂本美南香鈴木清崇
  • 小嶋慶祐
  • 鈴木清崇
後藤圭佑-
第2話標的 富井ななせ久保光寿後藤圭佑
第3話革命 小嶋慶祐久保山英一
  • 鎌田均
  • 林あすか
  • 丹澤学
第2章「選ばれた死」第4話追跡 安永豊富井ななせ北久保弘之
  • 梁世挺
  • 王悦春
  • SONG MIN JU
第5話告白 木村延景
  • 熊田明子
  • 久保光寿
-
第6話作戦
  • 小嶋慶祐
  • 木村延景
  • 鈴木清崇
荻原露光
  • 川口弘明
  • 鈴木信一
  • 輪和
  • 葛歓
後藤圭佑
第7話最悪
  • 小嶋慶祐
  • 鈴木清崇
小嶋慶祐

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[8]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2019年10月7日 - 月曜 22:00 - 22:30 TOKYO MX 東京都
2019年10月8日 - 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
火曜 0:30 - 1:00(月曜深夜) AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり

インターネットではAmazonプライム・ビデオにて独占配信され、日本では2019年10月7日に第1章を配信[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 興津和幸、宝亀克寿、置鮎龍太郎ら追加キャストと第2弾PV解禁! 野﨑まど原作のアニメ化作品『バビロン』主題歌情報も発表”. スパイス (2019年9月17日). 2019年9月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o STAFF/CAST”. TVアニメ「バビロン」公式サイト. 2019年9月30日閲覧。
  3. ^ アニメ化も決定、野崎まどのクライムサスペンス「バビロン」マンガ版が始動”. コミックナタリー (2019年2月25日). 2019年9月30日閲覧。
  4. ^ a b 秋アニメ『バビロン』放送開始記念! 講談社、KADOKAWA、早川書房がコラボした「#まどがヤバい」フェアが開催”. アニメイトタイムズ (2019年9月6日). 2019年9月30日閲覧。
  5. ^ バビロン”. バップ. 2019年10月8日閲覧。
  6. ^ MUSIC”. TVアニメ「バビロン」公式サイト. 2019年9月30日閲覧。
  7. ^ MUSIC”. TVアニメ「バビロン」公式サイト. 2019年10月28日閲覧。
  8. ^ a b ON AIR”. TVアニメ「バビロン」公式サイト. 2019年9月30日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク編集