メインメニューを開く

来歴編集

バーニーはトラック運転手の父と、教会で歌う歌手で家政婦の母の子として生まれた。3歳からピアノを習い、4歳で初めてのコンサートを行い、8歳でピアノ協奏曲を自作し、10歳でワシントン・シンフォニー・オーケストラと共演するなど早熟・天才として知られ、また絶対音感の持ち主であった[1]。8歳でニュージャージー州プレインフィールドに移住した。プレインフィールドでは母の目を盗んでジョージ・クリントン床屋に通い、ジョージとザ・パーラメンツのために譜面を読み書きしてあげたりしていたという。高校卒業後ジュリアード音楽院でプライベートレッスンを受けた後、アメリカ名門音楽院の一つであるニューイングランド音楽院に進学し、クラシック音楽を学んだ。同院在学中にバーニーは、ナイトクラブでR&Bやジャズも演奏し、またチュビー&ザ・ターンパイクス (Chubby & The Turnpikes) というグループで演奏した。このグループは後のタヴァレス (Tavares) である。同院卒業後はソウル歌手マキシン・ブラウン (Maxine Brown) のバンドリーダーを約5年間務めた。1969年ジョージ・クリントンに勧誘され、ジョージ率いるファンク・ロックバンドファンカデリックのファーストアルバム『ファンカデリック Funkadelic 』の録音に参加した。そして1970年発表のファンカデリックのセカンドアルバム『フリー・ユア・マインド Free Your MInd...And Your Ass Will Follow 』から正式にバンドのメンバーとしてクレジットされるようになった。またファンカデリックと同じメンバーからなる別名のファンクグループ「パーラメント」においてもキーボーディストとして活躍した。このファンカデリックおよびパーラメントの作る音楽をPファンクと呼ぶ。

バーニーはPファンクにおいて、ピアノ、ハモンドオルガンモーグ・シンセサイザーを駆使し、まさに革新的・独創的な音作りを行った。その他シンセサイザーによるストリングアレンジその他Pファンクの音作りの根底を築いた。その他、Pファンクの周辺グループであるブーツィーズ・ラバー・バンドブライズ・オブ・ファンケンシュタインにも参加し、メンバーの出入りの激しいPファンク軍団において最初から最後まで参加した、最も重要な中心人物である。

1980年代に入るとPファンクの活動は急速に収束した。バーニーは1980年代トーキング・ヘッズの準メンバーとして活躍した他、スライ&ロビープリテンダーズキース・リチャーズ等、数多くのミュージシャンと共演、客演し、非常に数多くのアルバムを残している。1990年にはキース・リチャーズ、デヴィッド・バーンハービー・ハンコック等をゲストに迎えたソロ・アルバム『ファンク・オブ・エイジズ』を発表し、それを機にソロ活動も継続的に行うようになった[1]2004年には、ベーシストのレス・クレイプール、ギタリストのバケットヘッド、ドラマーのブライアン・マンティアとコロネル・クレイプール・バケット・オブ・バーニー・ブレインズを結成し、アルバムを発表している。

2016年6月16日、ステージ4の肺癌であることがバーニーの妻を通じてアナウンスされた。2016年6月24日、肺がんで逝去。72歳没[2]

ディスコグラフィ編集

ソロアルバム編集

ファンカデリック編集

全てのファンカデリックのアルバムに参加。

パーラメント編集

全てのパーラメントのアルバムに参加。

その他の代表的参加アルバム編集

トーキング・ヘッズ
  • The Name of This Band Is Talking Heads (Sire Records, 1982)
  • スピーキング・イン・タングス Speaking In Tangs (Sire Records, 1983)
  • ストップ・メイキング・センス Stop Making Sense (Sire Records, 1984)
プリテンダーズ
キース・リチャーズ
奥田民生
  • 29 (SME Records, 1995)
  • FAILBOX (SME Records, 1997)
バディ・ガイ

脚注編集

  1. ^ a b c Sweeting, Adam (2016年6月26日). “Bernie Worrell obituary”. The Guardian. Guardian News and Media. 2018年9月16日閲覧。
  2. ^ “「鍵盤の魔術師」バーニー・ウォーレルさん死去 Pファンクの主要人物”. スポニチアネックス. (2016年6月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/25/kiji/K20160625012846210.html 2016年6月27日閲覧。 

外部リンク編集