パワーパフガールズ・ムービー

パワーパフガールズ > パワーパフガールズ・ムービー

パワーパフガールズ・ムービー』(原題:The Powerpuff Girls Movie)は、テレビアニメ『パワーパフガールズ』を原作として制作されたアニメ映画で、2002年7月3日にアメリカで公開された。日本では丸の内シャンゼリゼ他全国松竹・東急系で同年8月3日に公開された。

パワーパフガールズ・ムービー
The Powerpuff Girls Movie
監督 クレイグ・マクラッケン
脚本 クレイグ・マクラッケン
チャーリー・ビーン
ローレン・ファウスト
ポール・ルーディッシュ
ドン・シャンク
原案 クレイグ・マクラッケン
チャーリー・ビーン
ローレン・ファウスト
エイミー・キーティング・ロジャース
ポール・ルーディッシュ
ドン・シャンク
原作パワーパフガールズ
クレイグ・マクラッケン
製作 クレイグ・マクラッケン
ブライアン・A・ミラー
ナレーター トム・ケニー
出演者 キャシー・キャバディーニ
タラ・ストロング
エリザベス・デイリー
ロジャー・L・ジャクソン
トム・ケイン
音楽 ジェームズ・L・ヴェナブル
主題歌 That's What Girls Do
No Secrets
編集 ロブ・ダサールズ
製作会社 カートゥーン ネットワーク・スタジオ
ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
ラフドラフト・スタジオ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年7月3日
日本の旗 2002年8月3日
上映時間 81分(ノーカット
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1100万ドル
興行収入 1642万6471ドル[1]
テンプレートを表示

概要編集

カートゥーン ネットワーク・スタジオが制作した初の映画である。この影響によりテレビアニメは第49話で一旦休止され、2001年10月から2002年5月まで『パワーパフガールズ・ムービー』の制作が行われた。

映画のストーリー構成にあたっては、監督のマクラッケンが「話を3つに分け、そこから更に5つに分けて展開を決めていった」とインタビュー内で語っている。

ストーリー編集

タウンズヴィルという街に住む天才科学者・ユートニウム博士の研究室では、完璧な女の子を造り出すための実験が行われていた。

しかし実験中に、ペットのジョジョが謎の化学物質「ケミカルX」を誤って調合してしまう。こうしてここに、超人パワーを持つブロッサム、バブルス、バターカップの3人娘が誕生したのだった。そして、ガールズはパワーが有り余り過ぎて街のあらゆる物を壊してしまい、市長や住人から迫害を受ける。

ガールズはどのようにしてタウンズヴィルのヒーローとなりえたのか。ガールズの過去が明らかとなる。

キャスト編集

役名 原語版声優 日本語吹き替え
ブロッサム キャシー・キャバディーニ 麻生かほ里
バブルス タラ・ストロング 南里侑香
バターカップ エリザベス・デイリー 池田有希子
ユートニウム博士 トム・ケイン 安崎求[注 1]
市長 トム・ケニー 石住昭彦
サラ・ベラム ジェニファー・マーティン 高乃麗
キーン先生 ジェニファー・ヘイル 込山順子
モジョ・ジョジョ ロジャー・L・ジャクソン 石井康嗣
エース ジェフ・ベネット 園岡新太郎
トーキング・ドッグ トム・ケニー 小堺一機
オジョ・タンゴ ケビン・マイケル・リチャードソン 石住昭彦
ロッコ・ソッコ 不明
チャチン・チャチング トム・ケニー[2] 松野太紀
ハッピー・ワーピー 不明
ホッタ―・ウォーター ロブ・ポールセン
キラー・ドリラー
ブラブラブラブラ 山寺宏一
ドゥート・ダ・ドゥート・ダ・ドゥー・ドゥーズ
ハーカチャチャチャ ジェフ・ベネット[2]
バブーン・ブーン 不明
ゴーゴ・ポートール
ボンゾ・バンゴ ディー・ブラッドリー・ベイカー[2]
ロヴォ・オヴォ
クラッチャ・マッチャ
ワッコ・スマッコ
男性アナウンサー
電話で叫んでいた男性 丹宗立峰
女性レポーター グレイ・デリスル 園崎未恵
動物園にいた女性 甲斐田ゆき
ナレーション トム・ケニー 小堺一機

日本語吹き替え版出演者(配役不明):斎藤恵理天田益男根本泰彦よのひかり定岡小百合出口佳代

原語版 その他の出演者
フィル・ラマールフランク・ウェルカー

スタッフ編集

  • 原作・監督 - クレイグ・マクラッケン
  • 原案 - クレイグ・マクラッケン、チャーリー・ビーン、ローレン・ファウスト、エイミー・キーティング・ロジャース、ポール・ルーディッシュ、ドン・シャンク
  • 脚本&ストーリーボード - クレイグ・マクラッケン、チャーリー・ビーン、ローレン・ファウスト、ポール・ルーディッシュ、ドン・シャンク
  • アートディレクター - マイク・ムーン
  • デベロップメント・キャラクターデザイン - クレイグ・ケルマン
  • リードキャラクターデザイン - キャリー・ヨスト
  • キャラクターデザイン - クレイグ・マクラッケン、クリス・バトル、アンディ・ビアルク、シャケ・ホーザナリアン、ボブ·ローガン、デクスター・スミス
  • プロップデザイン - クリス・バトル、ブルース・バーキー、フレデリック・J・ガードナー、ティモシー・L・ハーディン、ジェイソン・フルスト、ノエル・トレンティーノ
  • リード背景デザイン - デヴィッド・ダネット
  • 背景デザイン - ブルース・バーキー、フレデリック・J・ガードナー、ポール・ステック、ジャスティン・K・トンプソン、キース・ウェーズナー、ジム・ウォージー
  • 作画監督 - ゲンディ・タルタコフスキー
  • キャラクターレイアウト作画監督 - ローレン・ファウスト
  • キャラクター&プロップ・クリンナップ - ジェフ・アルブレヒト、ジョン・ファング、ダナ・ジョ・グレンジャー、ティモシー・L・ハーディン、キャスリン・ヒダルゴ・ポルヴァニ
  • エフェクト作画監督 - ジョン・ディロン
  • 音楽 - ジェームズ・L・ヴェナブル
  • 録音監督 - コレット・サンダーマン
  • 音響効果 - ジョエル・ヴァレンタイン
  • 編集 - ロブ・デサールズ
  • エグゼクティブ・プロデューサー - クレイグ・マクラッケン 、ブライアン・A・ミラー、マイク・ラッゾ、リンダ・シメンスキー、マーク・ノーマン
  • アニメーション制作 - カートゥーン ネットワーク・スタジオ、ラフドラフト・スタジオ
  • 3DCGアニメーション制作 - サヴェッジフロッグ・キャラクターアニメーションスタジオ
  • 製作 - カートゥーン ネットワーク、カートゥーン・ネットワーク・スタジオ
  • 配給 - ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
  • 日本語字幕 - 杉山緑

日本語版制作スタッフ編集

DVD編集

DVDはカットシーンを含む81分収録。日本語版では2003年2月7日にワーナー・ホーム・ビデオ(現:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント)より日本語字幕と日本語吹き替え付きDVDが発売されている。この他、インタビュー集、オリジナル劇場予告編、メイキングや未公開シーンなど約26分の映像特典を収録している。

主題歌編集

オープニングテーマ - 「Monkey on the Loose!」
作曲 - ジェームズ・L・ヴェナブル
エンディングテーマ1 - 「The Powerpuff Girls」
作詞・作曲・歌 - Bis
エンディングテーマ2 - 「Pray For The Girls」
作詞 - 不明 / 作曲 - 不明 / 歌 - Frank Black
主題歌 / エンディングテーマ3 - 「That's What Girls Do」
作詞 - 不明 / 作曲 - 不明 / 歌 - No Secrets

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ なお、安崎は1996年11月1日にワーナー・ホーム・ビデオとしてビデオで発売された日本語吹き替え版と二か国語版における『天使のわんちゃん チャーリーとイッチー』でもチャーリー役として参加している。
  2. ^ なお、松岡は1996年11月1日にワーナー・ホーム・ビデオとしてビデオで発売された日本語吹き替え版と二か国語版における『天使のわんちゃん チャーリーとイッチー』でも吹替演出として参加している。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集