パーティ』(ぱーてぃ、The Party)は1968年アメリカ合衆国映画ブレイク・エドワーズ監督の作品で、出演はピーター・セラーズなど。アメリカでは、古典的なカルト映画としての評価が高い[2][3]

パーティ
The Party
監督 ブレイク・エドワーズ
脚本 トム・ウォルドマン
フランク・ウォルドマン
ブレイク・エドワーズ
原作 ブレイク・エドワーズ
製作 ブレイク・エドワーズ
出演者 ピーター・セラーズ
音楽 ヘンリー・マンシーニ
撮影 ルシアン・バラード
編集 ラルフ・E・ウィンタース
配給 ユナイト映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年4月4日
日本の旗 1968年11月2日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 290万ドル[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

インドの舞台俳優を自称するフルンディ・V・バクシが、ハリウッドの映画に出ることとなったが、セットを破壊するなどのトラブルを起こし、撮影所長のフレッドから追い出される。 ところが、フレッドの秘書は誤ってパーティーの招待客リストにバクシを入れてしまう。そして、パーティー当日、新人女優のミシェルやプロデューサーのディボットらにまじり、バクシも来訪したがために、混乱に発展する。 この混乱でディボットに愛想をつかされ女優の道を閉ざされたと嘆くミシェルはバクシに慰められる。 そこへ、フレッドの娘モリーがサイケデリックなカラーに彩った子象をパーティーに持ち込む。インドにおいて象は神聖な存在であるため、バクシはほかの客たちを説得して室内プールで子象を洗うも、さらなるトラブルに発展する。 翌日、ディボットとフレッドはバクシの本質に気づくも、当の本人はミシェルと親しくなり二人で会場を去った後だった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1975年3月23日『日曜洋画劇場』)

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ "Big Rental Films of 1968", Variety, 8 January 1969, p. 15.
  2. ^ Stafford, Jeff. Cult Movies: The Party via Turner Classic Movies
  3. ^ Aushenker, Michael (2008年6月25日). “'The Party' to Remember: Blake Edwards' Cult Classic Turns 40!”. Palisadian-Post. オリジナルの2009年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090409235512/http://www.palisadespost.com/content/index.cfm?Story_ID=4048 2012年8月18日閲覧。 

外部リンク編集