メインメニューを開く

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲』は、漫画『ビー・バップ・ハイスクール』を原作とした1987年日本映画きうちかずひろの人気コミックの実写版第4弾。

ビー・バップ・ハイスクール
高校与太郎狂騒曲
監督 那須博之
脚本 那須真知子
出演者 仲村トオル
清水宏次朗
柏原芳恵
音楽 埜邑紀見男
配給 東映
公開 日本の旗 1987年12月12日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 12億5000万円[1]
前作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲
次作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭
テンプレートを表示

ストーリー編集

ヒロシが偶然知り合った女子大生・まゆみといたところに、城東退学組の柴田・西が絡んできたことから、ヒロシ・トオルと柴田・西の抗争に発展する。柴田と西は、トラックに跳ねられ左足を骨折したヒロシを拉致しトオルを呼び出す。トオルはちんどん屋から奪った馬に乗って駆けつけ、柴田・西とその仲間を撃退した。

原作収録エピソード
3、7〜9巻参考
  • 1 喧嘩人生前途多難(9巻)
  • 2 即席紳士男女交際術(9巻)
  • 3 留年生(ダブリ)退学決意編(3巻)
  • 4 高校与太郎協奏曲(コンチェルト)(7巻)&高校与太郎怨歌(8巻)
  • 5 哀愁野郎恋愛伝説(7巻)

備考編集

  • 高所恐怖症であった清水宏次朗にとって本シリーズの中で一番ツラかったのが本作で女子中学生である少女隊にトオルや菊永とともに蹴り飛ばされ、牛のアドバルーンにぶらさがらなけらばいけないシーンだった。
    命綱であるワイヤーが絶対に切れないことを念入りに確認したにも関わらず、撮影が終わって吊るされたまま降りてきた時に地面まであと30cmというところで清水のワイヤーだけが切れたので激怒したという。
  • 本作で愛徳コンビが対決した城東退学組である柴田を演じた小椋正は、菊永役の石井博泰と当時働いていた会社で知り合って石井の推挙もあってオーディションに応募した。
    最終選考まで残った時に那須監督から「歯が抜けるか?」と訊ねられ、「仕方がないか」と諦め半分の気持ちで「大丈夫ですよ」と答えたが、原作者のきうちかずひろや他のスタッフたちがそれではかわいそうだと反対した事により、特殊メイクの入れ歯を作ってもらって事なきを得た。
  • 同じく城東退学組である柴田の相棒・西を演じた永田博康は板前をしながら、『恐怖のヤッちゃん』〈1987〉に出演していた経緯があり、当時、仲村トオル主演『新宿純愛物語』の併映で『ヤッちゃん』の注目度が高まり、永田自身もインタビューを受けることになったが「仲村トオルと写真を撮らせてくれるなら」という条件で引き受けるも仲村の取材が押して、時間になってもなかなか来ることができず、スタッフが気を利かして『純愛物語』の監督である那須博之と話をさせるもイライラしていた永田が『ビー・バップ』のダメ出しを延々と語ってしまい、後日那須監督から直々にオファーがあり、西役に抜擢され、西役には7,000~8,000人の希望者がいたがオーディションに参加せずに異例の抜擢となった。
  • 本作のクライマックスでトオルが馬に乗って駆け下りるシーンで一部アニメーションになるシーンがあるが当初は仲村トオルも自分で馬に乗って降りていけると判断したが、那須監督が「今のCGの技術は凄くて、実際にやらなくても凄い画になるから」と自信満々に答えたので監督に任せたところ、完成された作品を観て、仲村も自分の想像を遥かに超えたものになっていて……「やっぱり、那須さんの想像力に常人が付いていくことは不可能です(笑)」と答えている。
    同じく柴田役の小椋正も最も印象に残っているシーンでこの場面を挙げており、撮影では那須監督から「あの山のてっぺんから、トオルが馬に乗って飛んでくる。柴田一派はあの方向を見ながら仰天して倒れてくれ!」と言われ、よくわからないまま、監督の演出どおりに演じた後、完成品として試写室であのシーンを観て、みんな「……」というリアクションだったのに、那須監督だけがどういうわけかガッツポーズしていたと語っている。[2]

キャスト編集

愛徳高校編集

  • 中間徹 - 仲村トオル
  • 加藤浩志 - 清水宏次朗
  • 三原山順子 - 宮崎萬純
  • 兼子信雄 - 古川勉
  • 横浜銀一 - 八巻保幸
  • 赤城山忠治 - 小林啓志
  • 大前均太郎 - 上野隆彦
  • 黒田晋平 - 岡田東二
  • 川端純 - 百々英二
  • 水崎 - 福井秀明
  • ケン坊 - 前田裕二郎
  • 戸塚先生 - 大地康雄

北高校編集

城東退学組編集

  • 柴田 - 小椋正
  • 西 - 永田博康

立花商業編集

中学生編集

その他編集

  • 浅野まゆみ(マドンナ役の女子大生) - 柏原芳恵
  • 鬼島 - 地井武男
  • 宣美 - 一条寺美奈
  • 智香子 - 高橋理絵
  • 元村 - 志賀勝
  • A-Cha(山口由子、木村由美子、鈴木亜希)
  • 那須正成
  • 福田健利
  • 川本賢哲
  • 林美樹
  • 浜口竜哉
  • 坂田崇悟
  • 増山進
  • 佐々木卓也
  • 柳沼義孝
  • 増山勝一
  • 保坂和成
  • 御園生智実
  • アルサー
  • 柄沢次郎
  • 浦田賢一
  • 小川亜佐美
  • 志水季理子

スタッフ編集

同時上映編集

脚注編集

  1. ^ 1988年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 映画『ビー・バップ・ハイスクール』血風録 高校与太郎大讃歌(タツミムック)

外部リンク編集