松原千明

日本の女優 (1958-2022)

松原 千明(まつばら ちあき、1958年昭和33年〉2月18日 - 2022年令和4年〉10月8日[1])は、日本女優タレント。身長162cm[2]ファッションモデルすみれは長女にあたる[2]

まつばら ちあき
松原 千明
生年月日 (1958-02-18) 1958年2月18日
没年月日 (2022-10-08) 2022年10月8日(64歳没)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州
国籍 日本の旗 日本
身長 162 cm
血液型 O型
職業 タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1979年 - 2022年
配偶者 一般男性(2001年 - 2009年)
石田純一(1988年 - 1999年)
著名な家族 すみれ(長女)
主な作品
カネボウレディ'80
テンプレートを表示

人物・来歴

編集

京都府京都市右京区太秦出身[3]。三男三女の末っ子[2]。時代劇俳優の原健策を父に、宝塚歌劇団卒業生乙女松子を母に持つ[2][3]。父の原が広島出身のため、松原の実家は京都で広島風お好み焼き屋「千明」を経営し[2][3][4]、千明も小さなときから、芸能界にデビューするまでお店を手伝っていた[3]。子どもの頃は太秦東映京都撮影所)が遊び場だった[2]

京都府立嵯峨野高等学校卒業、平安女学院短期大学キリスト教科卒業(1978年)[2][3]

10代の頃から地元関西で芸能活動を行い、短大卒業後、信用金庫OLをしていた[2]

1980年、カネボウ化粧品キャンペーンガール「カネボウレディ'80」応募者2万5700人から選ばれブレイクする[2][3]。この年のカネボウキャンペーンは「女の時代・80年代」を代表する女性として、「健康的な美しさとファッションセンスを兼ね備え、やさしく、社会的知性に加え、国際的視野を持つ」が条件だったが、水着より知性のある受け答えで点数を稼ぎ、1位となった[3]、松原は「将来はアメリカで暮らしてみたい。女性がとも働きしているところを見たいんです。日本だと家へ閉じこもりがちだから。だけど、外へ出て独りで暮らす度胸はあんまりないです」などと話した[3]

副賞の一部として掲げられた「東宝映画への出演」は『地震列島』の女性カメラマン役であった。以後はテレビドラマを中心に活動し、ラジオ番組のパーソナリティも担当。

1988年からは、朝日放送のテレビ番組『探偵!ナイトスクープ』で初代秘書役を1年間務めた。

ナイトスクープの仕事を開始した同年に当時トレンディドラマを中心に活躍していた俳優の石田純一と結婚[5]。その後、松原は芸能活動を縮小し1990年に娘(後のすみれ)を1人もうけたが1999年に離婚。石田の不貞行為などが原因で後に娘とともにハワイへ移住。

離婚直後は一時芸能活動を再開し、同年6月にはエッセイ『リ・ボーン―ハワイの光のなかで』を出版するなどしたが、娘の英語の家庭教師だったハワイ在住の白人男性との再婚・妊娠をきっかけに再び芸能活動を休止、2000年に息子を1人出産し2児の母となった。

2006年には松原の娘がすみれとしてモデル活動を開始し、また松原も毎日放送TBS)『知っとこ!』2006年9月23日放送分へのゲスト出演を機に徐々に芸能活動を再開している。同時にフリーに転向せずかつて所属していた東宝芸能に所属・復帰した。再婚相手の白人男性とはその後、男性が経済面で松原を頼り始めたことや互いの性格の不一致などを理由に2008年暮れから離婚協議を進め、2009年に正式に離婚を表明した[6][7]

2022年10月8日、ハワイの自宅で死去したことが2022年11月16日に小学館女性セブン』の記事より報じられた[1][8]。同日、すみれの所属事務所もホームページ上で公式に訃報を発表した[9]。64歳没。

出演

編集

映画

編集

テレビドラマ

編集

その他のテレビ番組

編集

ラジオ番組

編集

著書

編集
  • リ・ボーン―ハワイの光のなかで(1999年6月、KSS出版、ISBN 978-4877093716

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 東宝芸能オフィシャルサイト内のプロフィールには1993年とあるが、これは誤りである。

出典

編集
  1. ^ a b 松原千明さん、ハワイで急逝していた 愛娘のすみれはインスタの写真を削除、1か月も音信不通状態”. NEWSポストセブン. 小学館 (2022年11月16日). 2022年11月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 太刀川正樹「特写『女に迫る!』 松原千明の脚線美」『週刊現代』、講談社、1980年5月8日号、11 - 14頁。 
  3. ^ a b c d e f g h 佐藤由紀「これが噂の……80年代にもっともふさわしい女性 レディ'80 全国1位 松原千明」『サンデー毎日』、毎日新聞社、1979年11月11日号、210 - 211頁。 
  4. ^ 新チューボーですよ!』(TBS)2014年10月18日放送より(チューボーですよ!|2014/10/18(土)放送 | TVでた蔵」
  5. ^ 俳優の松原千明さんが死去 米ハワイの自宅で|文化・ライフ|全国のニュース|京都新聞”. 京都新聞 (2022年11月16日). 2023年7月26日閲覧。
  6. ^ “純一の前妻・松原千明が離婚していた”. スポニチ Sponichi Annex. (2009年10月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/10/01/kiji/K20091001Z00001750.html 2017年1月15日閲覧。 
  7. ^ “松原千明がブログで「はい、又離婚してしまいました」”. eltha (oricon ME). (2009年10月3日). https://beauty.oricon.co.jp/news/69542/full/ 2022年11月16日閲覧。 
  8. ^ “俳優の松原千明さん死去 80年代中心に活躍、長女はすみれさん”. 朝日新聞. (2022年11月16日). https://digital.asahi.com/articles/ASQCJ66S0QCJUCVL02D.html 2022年11月16日閲覧。 
  9. ^ すみれ所属事務所「すみれも未だ筆舌に尽くしがたい哀しみの中に」母・松原千明さんの「突然の訃報」 Sponichi Annex、2022年11月16日
  10. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 538, 「主要特撮作品配役リスト」
  11. ^ 生島ヒロシの今朝のつぶやき”. TBSラジオ (2017年6月5日). 2017年8月17日閲覧。
  12. ^ 『総合食品』第19巻第7号、総合食品研究所、1995年12月1日、97頁、NDLJP:3326447/51 

参考文献

編集
  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 

外部リンク

編集


先代
-
探偵!ナイトスクープ
初代秘書
松原千明
1988年3月 - 1989年5月
次代
岡部まり