メインメニューを開く

ピエール・クロソウスキー

フランスの小説家・画家・思想家

ピエール・クロソウスキークロソフスキー、Pierre Klossowski 発音, 1905年8月9日 - 2001年8月12日)は、フランスの小説家、画家、思想家、翻訳者。

ピエール・クロソウスキー
Pierre Klossowski
誕生 1905年8月9日
フランスの旗 フランス共和国パリ
死没 (2001-08-12) 2001年8月12日(96歳没)
フランスの旗 フランス、パリ
職業 小説家、画家、思想家
代表作 『バフォメット』
デビュー作 『わが隣人サド』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

パリ生まれ。父母共に画家。 ポーランド貴族出身。1908年、後に画家となる実弟バルテュスが生まれる。1914年第一次世界大戦を避け、一家そろってジュネーヴへ移住。このとき母は、詩人リルケと親しく交際する。クロソウスキーは、リルケの知己だった作家アンドレ・ジッドの秘書を務めながら勉学にいそしんだ。

1930年リヨン大学で神学を学ぶ。1936年ジョルジュ・バタイユロジェ・カイヨワアレクサンドル・コジェーヴらの参加していた団体「コレージュ・ド・ソシオロジー」に参加。第二次大戦の終わりまで修道院生活を送るが、のちに放棄。

1950年La Vocation suspendue で小説家としてデビュー。1953年、小説『ロベルトは今夜』を発表。1964年ウェルギリウスアエネイス』の翻訳は、ラテン語逐語訳のため賛否両論となる。同年、ジル・ドゥルーズ主催のニーチェ会議にミシェル・フーコーカール・レーヴィットらと共に出席して発表を行なう。1965年、『バフォメット』を発表。この小説はドゥルーズにより詳細に論評され、ピエール・ド・マンディアルグからはクロソウスキーの最高傑作と評される。1966年ロベール・ブレッソン監督の映画『バルタザールどこへ行く』に出演。1968年ピエール・ズッカ監督の映画『ロベルトは今夜』を制作。クロソウスキー夫妻が主演している。1969年、評論集『ニーチェと悪循環』を発表。

1972年、スリジー・ラ・サルでの討論会「ニーチェは、今日?」に出席。彼の他に、ドゥルーズ、ジャン・フランソワ・リオタールジャック・デリダラクー=ラバルトジャン=リュック・ナンシーらが出席した。討論会のテーマ「ニーチェは、今日?」は、クロソウスキーの小説『ロベルトは今夜』にちなんだものである。これ以降、絵画を中心に活動するようになる。ジッドに『贋金づくり』の挿絵を頼まれたが、その独特の画風ゆえに、ジッドに断られた。

マルキ・ド・サドやニーチェの研究家として知られている。その思想には、評論『ニーチェと悪循環』などのように独特の「シミュラクル」の概念があり、この概念はドゥルーズに影響を与えた。翻訳家としては、サドやベンヤミン、ニーチェ、ウィトゲンシュタインらの著作を手がけた。

2001年、パリにて死去。

主な著書編集

小説編集

  • La Vocation suspendue(1950)
  • Roberte ce soir(1953) 
    • 『ロベルトは今夜』 遠藤周作若林真共訳、河出書房新社、1960年、河出ペーパーバックス、1962年
      • 『ロベルトは今夜』 河出文庫、2006年。改訳単行版(若林真訳)は下記『歓待の掟』に収録
  • Le Baphomet(1965) 
  • Les Lois de l'hospitalité(1965) 
    • 『歓待の掟』 永井旦訳、河出書房新社、1987年 - 『ロベルトは今夜』三部作の完訳。

評論編集

画集編集

  • 『クロソフスキー画集』 ジャック・アンリク編・解説、小倉正史訳、リブロポート、1991年
  • 『クロソフスキー画集』 ペヨトル工房、1998年。図録

参考文献編集

  • アラン・アルノー 『ピエール・クロソウスキー』 野村英夫・杉原整訳、国文社、1998年 - 伝記。

評伝研究編集

  • 大森晋輔 『ピエール・クロソウスキー 伝達のドラマトゥルギー』 左右社「流動する人文学」、2014年

外部リンク編集