メインメニューを開く

ピエール・ウジェーヌ・ドリュ・ラ・ロシェル(Pierre Eugène Drieu La Rochelle, 1893年1月3日 - 1945年3月15日)は、フランスの作家。ファシズム資本主義共産主義に対抗して、ヨーロッパを堕落から再生する思想と評価して対独協力者となった。

ピエール・ドリュ・ラ・ロシェル
Pierre Eugène Drieu La Rochelle
Pierre Drieu la Rochelle portrait.jpg
誕生 1893年1月3日
フランスの旗 フランス共和国パリ
死没 1945年3月15日
フランスの旗 フランス共和国臨時政府・パリ
職業 作家
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 1921年-1945年
ジャンル フランス文学
主題 小説、戯曲、時事評論
ファシズム
文学活動 全体主義
代表作 ジル
主な受賞歴 公的栄誉は望まないという理由からレジオン・ドヌール勲章を謝絶している
デビュー作 審問
配偶者 コレット・ジェメラック
アレクサンドラ・シアンキヴィック
子供 無し
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

生涯編集

パリで裕福な家庭に生まれ、祖母に溺愛されて育つ。外交官を養成するパリ政治学院に在籍中に召集され、歩兵連隊に所属し伍長となる。第一次大戦が勃発すると前線に送られ負傷しながらも果敢に戦った。1916年から補助勤務兵となり処女詩集を出し米軍通訳にもなって准尉に昇進したが戦争終結とともに除隊した。

戦後は放蕩三昧の生活をおくり、1921年頃から文学者と交流しはじめ詩集、エッセイ、小説を発表し始めアメリカとソ連が世界の覇権を握ると見抜き、ヨーロッパが対抗するにはファシズム以外の道はないと考えるようになる。1936年には、ファシズム政党のフランス人民党に入党するが党首ジャック・ドリオに失望して1939年に離党する。同年、フランスがドイツに宣戦布告すると一時的に召集されるがドイツと近すぎることを理由に退役軍人扱いにされる。身の安全のためにパリを去るがフランスの降伏後は、ヴィシー政権への協力を決意する。フランス人民党に復党し、1940年12月には旧友の駐仏独大使オットー・アベッツから要請されて新フランス評論編集長に就任。同時に反ユダヤ主義の雑誌に寄稿して主として言論界でファシズムを賛美する活動を続けていた。だが新フランス評論は、同人らの非協力のため、1943年6月に休刊に追い込まれた。

ドイツの旗色が悪くなるにつれ自己嫌悪に陥るようになり、1944年にドイツ軍がフランスから引き揚げる時には、同行を断り留まった。秋には毒薬を飲んで自殺を図ったが未遂に終わり治療を受けた後、逮捕状が出ていたため身を隠していた潜伏先のパリで1945年3月、レジスタンスによる復讐を逃れるため自殺した。

著書編集

現在、邦訳で新刊書として読めるのは『ドリュウ・ラ・ロシェル日記』(メタローグ)のみであるが、以下のうち訳者名を示したものは図書館、古本屋で探せば読むことができる。

参考文献編集

  • 『筑摩世界文学大系72』

外部リンク編集