ファイン・エア

かつて存在したアメリカの航空会社

ファイン・エアまたはファイン航空 (Fine Air) は、かつて存在した国際貨物航空会社。2002年に破産し、アロー航空と合併した。マイアミ国際空港から南アメリカや中央アメリカへ貨物機を運航していた。

ファイン・エア
Douglas DC-8-54(F), Fine Air AN0205275.jpg
IATA
FB
ICAO
FBF
コールサイン
FINE AIR
設立 1976年
運航開始 1994年
運航停止 2002年アロー航空と合併)
ハブ空港 マイアミ国際空港
親会社 ファイン・エア・サービスInc.
保有機材数 15 (1997年時点)
就航地 30 (1997年時点)
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マイアミ
代表者 J.フランク ファイン(J. Frank Fine、創業者)
バリー・ファイン(Barry Fine)
テンプレートを表示

歴史編集

創設編集

 
ダグラスDC-8-54F
N44UA(元ユナイテッド航空[1]
 
ノースアメリカン 265-60 Sabre

J.フランク・ファインは、1976年に2機のボーイング707を所有するリース会社としてファイン・エアの前身を設立した。ファインはラテンアメリカとカリブ海地域の12か国で農業経営を行っており、作物をアメリカへ確実に出荷できる体制を整えた。1986年にダグラスDC-8を整備できる施設を確保し、1992年11月に航空運送事業許可を取得した。1994年にマイアミ国際空港で最大の国際貨物航空会社として運航を開始した[2]

1997年、J.フランク・ファインの息子である、バリー・ファインが社長に就任した。1997年の時点でファイン・エアはダグラスDC-8を15機を所有していた。ファイン航空は実質、その2人によって経営されていた[3]

ファイン・エアは、1997年8月6日に株式公開で123.5百万ドルを手に入れたため[4]、新しい機体を買いヨーロッパ線の運航を行うことを計画していた[3]。ファイン・エアはティッカー・コード「BIGF」でNASDAQに上場していた[2]

墜落事故による経営難編集

1997年8月7日、マイアミ国際空港を離陸直後のファイン・エア101A便(ダグラスDC-8-61F、N27UA、元日本航空JA8058[5])が操縦不能に陥り墜落した。乗員3人と搭乗していた警備員、地上の1人を含む計5人が死亡した。調査により、直前に機材変更を行っており、それを考慮せずに貨物の積込を行った結果、重心が後方に寄ったためだった。重心が後方だったため、機体はピッチ角を制御できなくなり失速、墜落した。

101便は滑走路の北側にあるマイアミ・シティ・レールヤードの南にある建物の上空を通過していた。また、混雑したNW 25番道路も通過していた。101便の飛行経路には2つの工場と商業施設、マイアミ・スプリングスなどの人口密集地があったが、いずれにも被害はなかった。

事故から45分ほどは、墜落した飛行機は民間機であると思われていたが後にファイン・エアの貨物便であると確認された。FAAの責任者がファイン・エアの事務所から101便についての飛行記録を回収したが、一部がゴミ箱から発見され隠蔽の疑いが生じた。最終的に、隠蔽工作の罪で有罪判決を受け、約500万ドルの罰金が課せられた[4]

ファイン・エアは墜落の翌日にIPOを取り消し、全額を投資家たちに返金した[6]。9月5日には、自ら運航を停止し、1997年10月に運航再開の承認を受けた[7][8]

アロー航空の買収と倒産編集

 
ロゴが消されたファイン・エア機

ファイン・エアは、1998年7月にサザン・エア・トランスポート英語版の買収を行おうとしたものの、8月に契約を破棄した[4] 。1992年2月にはアロー航空を115万ドルで買収すると発表した[9]

2000年の時点で、前年の1999年から約24万トンの貨物を輸送し、年間200万ドルの売り上げを出していた。また、週125便以上の定期貨物便を運航しており、900人以上の従業員を勤務させていた[4]

2000年9月、連邦倒産法第11章の適用を受け[4] 、2002年にアロー航空と合併する形で倒産した[10]

就航地編集

 
マイアミ国際空港に並ぶファイン・エア機

ファイン・エアは101A便の墜落以前の1997年時点で以下の都市に就航していた[2]

国名 都市
バルバドス ブリッジタウン
イギリス領ヴァージン諸島 トルトラ
コロンビア ボゴタ
メデリン
コスタリカ サンノゼ
ドミニカ共和国 サントドミンゴ
プエルト・プラタ
エクアドル グアヤキル
キト
グアテマラ グアテマラシティ
ガイアナ ジョージタウン
ハイチ ポルトープランス
ホンジュラス サンペドロスーラ
ジャマイカ モンテゴベイ
キングストン
オランダ領アンティル アルバ
キュラソー
ニカラグア マナグア
パナマ パナマシティ
プエルトリコ サンファン
スリナム パラマリボ
トリニダードトバゴ ポート・オブ・スペイン
タークス・カイコス諸島 グランド・ターク島英語版
プロビデンシアレス島英語版
アメリカ マイアミ
アメリカ領ヴァージン諸島 セント・トーマス島
セント・クロイ島
ベネズエラ カラカス
マラカイボ

保有機材編集

ファイン・エアの保有機材は以下の通り[11]

 
ダグラスDC-8-51F
 
ダグラスDC-8-55F
 
ダグラスDC-8-61F
 
ダグラスDC-8-63F
 
ロッキード L-1011F

航空事故編集

  • 1997年8月7日、マイアミ国際空港を離陸直後のファイン・エア101A便(ダグラスDC-8-61F、N27UA)が離陸直後に墜落。乗員乗客4人と地上の1人が死亡した。
  • 2002年12月13日、横田基地からシンガポール・チャンギ国際空港へ向かっていたファイン・エア機(ダグラスDC-8-62F、N1804、元ブラニフ航空)がチャンギ国際空港への着陸時にオーバーランし滑走路端から300m地点で停止した。乗員乗客4人は全員無事だった。

脚注編集

  1. ^ 製造番号:45800/234 登録情報 - FlyTeam
  2. ^ a b c FINE AIR SERVICES INC (BIGF) IPO”. NASDAQ. 2013年12月18日閲覧。
  3. ^ a b Hemlock, Doreen (1997年6月7日). “Miami Cargo Carrier Plans Stock Offering”. Sun-Sentinel. http://articles.sun-sentinel.com/1997-06-07/business/9706060502_1_cargo-fine-air-services-carrier 2013年12月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d e Hemlock, Doreen (2000年9月28日). “Fine Air Files For Bankruptcy”. Sun-Sentinel. http://articles.sun-sentinel.com/2000-09-28/business/0009271029_1_fine-air-arrow-air-cargo 2013年12月18日閲覧。 
  5. ^ ダグラス DC-8-61(F) 製造番号:45942/349 - FlyTeam
  6. ^ Hemlock, Doreen (1997年8月9日). “Fine Air Voids Stock Offer, Agrees To Repay Investors”. Sun-Sentinel. http://articles.sun-sentinel.com/1997-08-09/news/9708080418_1_new-stock-korean-air-sale 2013年12月18日閲覧。 
  7. ^ Hemlock, Doreen (1997年9月5日). “Fine Air Voluntarily Grounds Its Fleet”. Sun-Sentinel. http://articles.sun-sentinel.com/1997-09-05/news/9709040622_1_fine-air-cargo-faa 2013年12月18日閲覧。 
  8. ^ Kaye, Ken (1997年10月29日). “Fine Air, With Federal Ok, Resumes Miami Flights”. Sun-Sentinel. http://articles.sun-sentinel.com/1997-10-29/business/9710280344_1_fine-air-plane-valujet-accident 2013年12月18日閲覧。 
  9. ^ “FINE AIR SERVICES AGREES TO BUY A RIVAL FOR $115 MILLION”. New York Times. (1999年2月12日). https://www.nytimes.com/1999/02/12/business/company-news-fine-air-services-agrees-to-buy-a-rival-for-115-million.html 2013年12月18日閲覧。 
  10. ^ “Frank Fine, air cargo company founder, dies at 78”. Associated Press. (2003年4月27日). http://jacksonville.com/apnews/stories/042703/D7QM1B200.html 2013年12月18日閲覧。 
  11. ^ http://www.airliners.net, Fine Air DC-8 & L-1011 aircraft