メインメニューを開く

フィリップ・マイケル・リバースPhilip Michael Rivers1981年12月8日 - )はアメリカ合衆国アラバマ州ディケーター出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック(QB)。NFLロサンゼルス・チャージャーズに所属している。これまでにプロボウルに8回選出されている。2006年9月1日の試合から連続先発出場をしており、NFLのクォーターバック連続先発出場記録ではブレット・ファーヴに次ぐ歴代2位の記録となっている。

No image.svg フィリップ・リバース American football pictogram.svg
Philip Rivers
ロサンゼルス・チャージャーズ No.17
Philip Rivers 2017.JPG
基本情報
ポジション クォーターバック
生年月日 (1981-12-08) 1981年12月8日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アラバマ州の旗 アラバマ州ディケーター
身長 6' 5" =約195.6cm
体重 228 lb =約103.4kg
経歴
大学 ノースカロライナ州立大学
NFLドラフト 2004年 / 1巡目全体4位
初出場年 2004年
初出場チーム サンディエゴ・チャージャーズ
所属歴
2004- サンディエゴ・チャージャーズ
ロサンゼルス・チャージャーズ
受賞歴・記録
プロボウル選出(8回)
2006・2009・2010・2011・2013・2016・2017・2018

NFL 通算成績
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

経歴編集

ノースカロライナ州立大学でプレーした後、2004年NFLドラフト1巡全体4位でニューヨーク・ジャイアンツに指名されたが、全体1位でサンディエゴ・チャージャーズに指名されたイーライ・マニングとトレードされた。彼とチームの契約交渉はなかなか進まず、4週間のトレーニングキャンプと、2週間のプレシーズンゲームを欠場し、8月23日に、1425万ドルのサインボーナスを含む6年4050万ドルの契約を結んだ[1]

プロ入りして最初の2シーズンは、ドリュー・ブリーズの控えQBを務めた。2004年は、ブリーズがカムバック賞に選ばれる活躍で[2]、ブリーズ、ダグ・フルーティに次ぐ第3QBであった。2試合のみの出場で、チームがAFC西地区優勝を果たした後の最終週のカンザスシティ・チーフス戦の後半に初めてパスを投げた。

2005年、フルーティが解雇されて、第2QBに昇格した。最終週のデンバー・ブロンコス戦でブリーズが右肩を負傷したため、交代出場、パス22回中12回成功、1インターセプト、2ファンブルを喫し、チームは7-23で敗れた。シーズン終了後、ブリーズはフリーエージェントとなり、ニューオーリンズ・セインツと契約を結んだ。

2006年より先発QBを務めた[3]。この年、彼はパス成功率62%、3388ヤード、22TD、9INTの好成績をおさめた[4]。チームは14勝2敗でプレーオフのホームフィールドアドバンテージを獲得したが、プレーオフ初戦のディビジョナルプレーオフでニューイングランド・ペイトリオッツに21-24で敗れ、マーティ・ショッテンハイマーヘッドコーチは解任され、ノーブ・ターナーが後任のヘッドコーチとなった[5]

2007年には開幕4試合で1勝3敗となったが、11勝5敗で2年連続AFC西地区優勝を果たした。プレーオフでテネシー・タイタンズインディアナポリス・コルツを破り、チームに1994年以来となるプレーオフ勝利をもたらし、チームはAFCチャンピオンシップゲームに進出したが、レギュラーシーズンを無敗で終えた、ニューイングランド・ペイトリオッツに敗れてスーパーボウル出場は果たせなかった[4]

2008年、NFLトップの35TDパス、QBレイティング105.5の成績を残した。プレーオフではインディアナポリス・コルツを破った後、ピッツバーグ・スティーラーズとのディビジョナルプレーオフでは300ヤード以上を投げて、3タッチダウンパスをあげたが、QBサック4回、1インターセプトを喫し、24-35で敗れた。

2009年8月、6年9200万ドルの契約延長を果たした[6]。この年4254ヤード、28TDパス、9INTの成績をあげて、2度目のプロボウルに選ばれた。チームは13勝3敗でAFC第2シードを獲得したが、ディビジョナルプレーオフでニューヨーク・ジェッツに14-17で敗れた。

2010年、NFLトップの4710ヤードを投げた[4]。チームは3勝5敗のスロースタートとなり、9勝7敗でシーズンを終えた。プロボウルには4回目の選出で初めてプレーした。それまでの3回のプロボウルでは、負傷で2回欠場、前年のプロボウルは子どもの誕生により出場していなかった[7]

2011年もプロボウルに選出された。

2012年、第4週のカンザスシティ・チーフス戦で100戦連続先発出場を果たした。また、この試合で史上7番目の早さでパス25000ヤードを記録した[8]。チームは7勝9敗で2003年以来の負け越しでシーズンを終えた。チームは3年連続でプレーオフ出場を逃し、ノーブ・ターナーヘッドコーチ、A・J・スミスゼネラルマネージャーは解任された[9]

過去2シーズンで35インターセプトを喫したリバースであったが、2013年マイク・マッコイがヘッドコーチに就任し、新しいオフェンスシステムを導入、この年、リバースは、ダン・ファウツ以来チーム史上2人目となるパス30000ヤードを達成、最後の4試合を連勝し、AFC第6シードでプレーオフに進出した。この年パス成功率69.5%、4478ヤード、32タッチダウン、11インターセプトの成績をあげてカムバック賞に選ばれた[10]。プレーオフではシンシナティ・ベンガルズを27-10で破ったが、デンバー・ブロンコスに17-24で敗れた。

2014年、第2週から第6週までの5試合全てでQBレイティング120以上の成績を残した。5試合連続120以上の成績を残したのは彼がNFL史上初の快挙であったが、12月には肋骨や背中の負傷もあり、月間のQBレイティングは、71.2にとどまり、これは2007年11月のQBレイティング68.8以来の低い数字であった。勝てばプレーオフ進出となる最終週の試合で7サックを浴びてチームは敗れた。6年連続パス4000ヤード以上となるパス4286ヤード、31タッチダウン、18インターセプトでチームのMVPに選ばれた。

2015年8月、4年8400万ドル(6500万ドルの補償つき)の契約延長を果たした[11]。この年ダン・ファウツの作ったチーム記録にあと11ヤードに迫る4792ヤードを投げた。プロボウルに選出されたが、欠場した。

2016年、33タッチダウンパスを投げたが、リーグ最多の21インターセプト、パス成功率も60.4%に終わり、キャリアで2番目に悪いQBレイティング87,9でシーズンを終えた。チームは5勝11敗で2年連続地区最下位に終わった。

2017年、パス4515ヤード、28タッチダウン、10インターセプトの成績を残し、チームは9勝7敗で2014年以来勝ち越しでシーズンを終えた。

2018年、パス4308ヤード、32タッチダウン、12インターセプト、チームは12勝4敗で2013年以来となるプレーオフ出場を果たした。プレーオフではボルチモア・レイブンズに23-17で勝ったが、ニューイングランド・ペイトリオッツに28-41で敗れた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Rivers Agrees to Contract”. ロサンゼルス・タイムズ (2004年8月24日). 2019年10月21日閲覧。
  2. ^ Brees beats out Fields in 'Comeback' voting”. ESPN (2005年1月6日). 2019年10月21日閲覧。
  3. ^ Brees returns to the Q for 1st time since ’05 to face Bolts”. AP通信. houmatoday.com (2016年9月30日). 2019年10月21日閲覧。
  4. ^ a b c NFL: 3 Greatest Quarterbacks to Ever Play for the Chargers”. sportscasting.com (2015年10月28日). 2019年10月21日閲覧。
  5. ^ Chargers hire Turner as new head coach”. ESPN (2007年2月20日). 2019年10月21日閲覧。
  6. ^ Source: Rivers' extension worth $92M publisher=ESPN” (2009年8月25日). 2019年10月21日閲覧。
  7. ^ Chris Jenkins (2010年12月28日). “https://www.webcitation.org/5w9o78nfJ?url=http://www.signonsandiego.com/news/2010/dec/28/gates-dielman-named-pro-bowl-starters/”. 2019年10月21日閲覧。
  8. ^ Michael Gehlken (2012年9月30日). “Ironman streak ends for Chargers veteran”. sandiegouniontribune.com. 2019年10月21日閲覧。
  9. ^ Norv Turner, A.J. Smith fired”. ESPN (2012年12月31日). 2019年10月21日閲覧。
  10. ^ Chris Wesseling (2014年2月2日). “Chargers' Philip Rivers is Comeback Player of the Year”. nfl.com. 2019年10月21日閲覧。
  11. ^ Zac Jackson (2015年8月15日). “Chargers, Rivers finalize four-year extension”. NBCスポーツ. 2019年10月21日閲覧。

外部リンク編集