フェイフェイと月の冒険

フェイフェイと月の冒険』(原題:Over the Moon)は、2020年に公開されたアメリカ合衆国中国共同製作の長編ミュージカルCGアニメ作品。監督はグレン・キーンが務めており、本作が長編デビュー作となる[2]。また、共同監督としてジョン・カース英語版が参加しており、脚本はオードリー・ウェルズが手掛けている。製作は中国のパール・スタジオ、アニメーション制作はアメリカのソニー・ピクチャーズ・イメージワークス。主演は、キャシー・アン、ロバート・G・チウ、フィリッパ・スー英語版ケン・チョンジョン・チョールーシー・アン・マイルズ英語版マーガレット・チョーサンドラ・オー

フェイフェイと月の冒険
Over the Moon
監督 グレン・キーン
ジョン・カース英語版
(共同監督)
脚本 オードリー・ウェルズ
製作 ペイリン・チョウ
ジェニー・リム
製作総指揮 フランク・ジュウ
ジャネット・ヤン
トーマス・フイ
リー・ルイガン
グレン・キーン
出演者 キャシー・アン
ロバート・G・チウ
フィリッパ・スー英語版
ケン・チョン
ジョン・チョー
ルーシー・アン・マイルズ英語版
マーガレット・チョー
サンドラ・オー
音楽 スティーヴン・プライス
主題歌 日本の旗 幾田りら
「ロケット・トゥ・ザ・ムーン ~信じた世界へ~」
(日本版エンドクレジットソング)[1]
編集 エディー・イチオカ
製作会社 Netflix
パール・スタジオ
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
Glen Keane Productions
Janet Yang Productions
配給 (正確には旗ではありません)世界の旗 Netflix
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年10月17日
(モントクレア映画祭)
(正確には旗ではありません)世界の旗 2020年10月23日
(Netflix)
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中国
言語 英語
テンプレートを表示


中国神話上の人物・嫦娥を題材にしており[3]、彼女を探すために主人公の少女が月への旅に出る物語が描かれている。

本作は2020年10月17日にアメリカ・モントクレアで開かれたモントクレア映画祭にて初上映されており[4]10月23日には一部劇場での一般公開と併せてNetflixにて配信された[5][6]

日本版のキャッチコピーは『大切なのは、信じること[7]

あらすじ編集

幼い頃に亡き母親から聞いた「月の女神」の伝説を信じている少女フェイフェイは、月の女神の存在を証明するため自作の宇宙船で月へと旅立つ。そこで彼女は、憧れていた月の女神・チャンウー(嫦娥)と不思議な生物、そして思いがけない冒険に遭遇することになる[7][8][9]

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替えキャスト。

その他日本語吹き替えキャスト:宮本崇弘織田碧葉[12]

製作編集

企画編集

2017年9月26日、パール・スタジオは本作の脚本家としてオードリー・ウェルズを起用し[3]、2018年2月6日にNetflixが映画の配信権を取得。監督をグレン・キーンが務めることが発表された[15]。この年、ウェルズは癌で亡くなっており、本作は彼女が脚本を手掛けた最後の作品となった[16]。プロデューサーのペイリン・チョウによれば、ウェルズは本作の脚本を自身の「娘と夫へのラブレター」として書いており、「誰かを失ったとしても、その人と共有した愛は永遠に続く」という娘へのメッセージが込められていたと語った[16]。またチョウは、本作の脚本はウェルズ自身にとって最も重要なものだったことを明かしている[16]。本作はアジアの文化背景が考慮されており、特にキャラクター同士での愛の描写は西洋的な表現にならないように描かれている。具体例として、当初のストーリーボードでは主人公の両親がキスをするというシーンがあり、中国ではこうした愛情表現は見られないことから、このシーンはほどなく没となっている[17]。チョウはNBCニュースでのインタビューにて「アジア人のレンズを通して感情を表現することは、アジア人本来の姿を確実に表現する上でとても重要」だったと語っている[17][9]

キャスティング編集

2020年6月にキャスト陣が発表され、新人のキャシー・アンが主人公のフェイフェイ、ロバート・G・チウがフェイフェイの義理の弟となるチン、フィリッパ・スー英語版がチャンウー、ケン・チョンがフェイフェイの冒険仲間となるゴビ、ジョン・チョールーシー・アン・マイルズ英語版がフェイフェイの両親、サンドラ・オーがフェイフェイの義母となるゾン、マーガレット・チョーキミコ・グレンがそれぞれリンおばさんとメイおばさんの役で声優を務めることとなった[18]。特にアンに関しては、元々仮歌のレコーディングメンバーとしての参加から主役に抜擢された経緯がある[9]。本作のキャスト陣はアジア系の俳優で占められており、この配役についてチョウは「俳優はスクリーンに顔が映っていなくてもキャラクターの魂を体現している」からだとした。加えて、「オハイオ州クリーブランド出身の白人が中国の月の女神を演じるのとは違うし、その人が同じ方法で(キャラクターと)どう結びつくのか考えられない」と述べている[17]。この他にも、クレム・チュン、アイリーン・ツー英語版、アート・バトラー、コンラッド・リカモラ英語版が参加することが発表されている[19]

音楽編集

本作の音楽はスティーヴン・プライスが作曲を手掛けることが明らかになった。また、挿入歌はクリストファー・カーティス、マージョリー・ダフィールド、ヘレン・パク英語版らが手掛けることが発表された。彼らは作曲にあたり、K-POPクイーンティナ・ターナーエミネムレディー・ガガジョン・ウィリアムスビヨンセケイティ・ペリーの楽曲からインスピレーションを得たとされている[19][20]

挿入歌編集

2020年8月には、本作の挿入歌の一つである「Rocket to the Moon」がMilan Recordsよりリリースされ、原語版ではフェイフェイを演じるキャシー・アンが歌唱を務めた[21][22]。日本では「ロケット・トゥ・ザ・ムーン ~信じた世界へ~」のタイトルで、日本語版のエンドクレジットソングとして採用され、シンガーソングライターの幾田りらが歌唱を務めている[1]。題名は幾田自身が命名したものであり、「(主人公の)フェイフェイが自分を信じて突き進んでいく力が印象的だったので、その意志を付け加えられたらいいなと思った」と述べている[23]。また、本作のエンドクレジットソングでの参加が決定したことについて、「驚きがまず1番」だったとし、「幼い頃からずっと見てきたアニメーションをたくさん手掛けられているグレン・キーンさんの作品に参加させていただいて喜びがいっぱいです」とコメントしている[23]。なお、本楽曲は9月25日より各種音楽配信サイトでリリースされた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c YOASOBIのヴォーカル ikuraとしても活動するSSW 幾田りら、Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』日本語版エンド・クレジット・ソング担当決定”. タワーレコード オンライン (2020年9月8日). 2020年10月18日閲覧。
  2. ^ Flight of Fantasy: Glen Keane’s Feature Directorial Debut ‘Over the Moon’”. Animation Magazine (2020年10月1日). 2020年10月25日閲覧。
  3. ^ a b Oriental DreamWorks Names Peilin Chou As CCO; Designs Robust Animation Slate” (2017年9月26日). 2020年10月21日閲覧。
  4. ^ ‘Over the Moon’ Roundtable with Glen Keane Coming to Montclair Film Festival Oct 17”. Animation World Network (2020年10月7日). 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ Netflix's Over The Moon Movie Trailer Pairs Breathtaking Visuals With Pop Music”. Screen Rant (2020年9月22日). 2020年10月18日閲覧。
  6. ^ ‘Over the Moon’ Animation Movie Release to Netflix October in 2020”. Chaospin (2020年9月11日). 2020年10月18日閲覧。
  7. ^ a b Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』本予告&キービジュアル公開 月へと旅立った少女の冒険の数々が”. リアルサウンド (2020年9月24日). 2020年10月18日閲覧。
  8. ^ Netflixアニメ『Over the Moon』トレーラー公開 神話の女神を探しに月へ冒険”. ローリング・ストーン (2020年9月29日). 2020年10月21日閲覧。
  9. ^ a b c アジア系のレプリゼンテーションを高めるアニメ『フェイフェイと月の冒険』に注目! キャストもアジア系俳優がズラリ”. フロントロウ (2020年10月1日). 2020年10月21日閲覧。
  10. ^ 大平あひるのツイート(2020年10月23日) Twitter
  11. ^ 髙橋玲生 映画「フェイフェイと月の冒険」日本語吹替版に出演! 劇団ひまわり、2020年10月25日閲覧。
  12. ^ a b c Netflix『フェイフェイと月の冒険』配信開始 佐久間友理・水島裕・山下音彩・織田碧葉出演 プロダクション・エース
  13. ^ 益山武明のツイート(2020年10月23日) Twitter
  14. ^ オフィスPAC【公式】のツイート(2020年10月23日) Twitter
  15. ^ Glen Keane To Direct ‘Over The Moon’ Animation Film For Netflix & Pearl Studio”. Deadline.com (2018年2月6日). 2020年10月21日閲覧。
  16. ^ a b c Sandra Oh knew she had to join Netflix's next animated movie 'Over the Moon' after a producer stopped her car in a parking lot”. Insider (2020年6月23日). 2020年10月21日閲覧。
  17. ^ a b c 'Over the Moon' producer on why Asian representation is in the details”. NBC News (2020年9月29日). 2020年10月21日閲覧。
  18. ^ ‘Over The Moon’ Trailer: Netflix & Pearl Studio’s Animated Musical Adventure Reveals Voice Cast”. Deadline.com (2020年6月23日). 2020年10月21日閲覧。
  19. ^ a b Netflix blast off with first trailer and voice cast for 'Over the Moon' animated musucal”. Syfy Wire (2020年6月23日). 2020年10月21日閲覧。
  20. ^ Watch the Trailer for Over the Moon, Starring Phillipa Soo, Ruthie Ann Miles, Sandra Oh, More”. Playbill (2020年6月23日). 2020年10月21日閲覧。
  21. ^ How Netflix’s Animated ‘Over the Moon’ Bridges Folklore and Science in Anthemic Theme Song (EXCLUSIVE)”. Variety (2020年8月28日). 2020年10月21日閲覧。
  22. ^ Original Song ‘Rocket to the Moon’ from Netflix’s ‘Over the Moon’ Released”. Film Music Reporter (2020年8月28日). 2020年10月21日閲覧。
  23. ^ a b 今年最大のアニメーション話題作と称される、Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』。 YOASOBIのボーカルikuraとしても活動する、シンガーソングライター幾田りらが歌う、 日本語版エンド・クレジット・ソングが本日より全世界配信!”. ソニーミュージック (2020年9月25日). 2020年10月21日閲覧。

外部リンク編集