フェラーリ・550マラネロ

550マラネロ550 maranello )は、イタリアの自動車メーカーのフェラーリが製造したV12エンジンFR二人乗りクーペタイプのグランツーリスモである。

フェラーリ・550マラネロ
Ferrari 550 Maranello - Flickr - Alexandre Prévot (5).jpg
Ferrari 550 Maranello - Flickr - Alexandre Prévot.jpg
概要
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 1996年 - 2001年
デザイナー ピニンファリーナ
ボディ
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
駆動方式 FR
パワートレイン
エンジン 5.5L V12 DOHC 48Valve
最高出力 485PS/7,000rpm
最大トルク 57.0kgf·m/5,000rpm
変速機 6速MT
サスペンション
前/後:ダブルウィッシュボーン
車両寸法
ホイールベース 2,500mm
全長 4,500mm
全幅 1,935mm
全高 1,275mm
車両重量 1,690kg
系譜
先代 365GTB/4F512M
後継 575Mマラネロ
テンプレートを表示

概要編集

F512M(テスタロッサ最終型)の後継のV12エンジン車だが365GT/4BBから23年間続けたリアミッドエンジンレイアウトは365GTB/4以来のFRレイアウトに回帰し、1996年ニュルブルクリンクで発表された。メカニズム面では鋼管スペースフレームにアルミボディを採用し、456GTにも搭載された5.5Lエンジンをチューニングした65°V型12気筒DOHC48バルブを搭載。エンジンはドライサンプ化し2段階可変バリアブルジオメトリー・インテークと可変制圧エキゾーストなど新しい技術やアルミ構造ピストンとチタンコンロッドはF1マシンやF50などから譲り受けた。コンピューター系だけではなくパワーも上回り、F40を超える320km/hのスピード、またフィオラノサーキットでは、512Mよりもタイムで上回った。デザインはピニンファリーナによるもので、275GTBを髣髴とさせるデザインである。2000年には限定オープンモデルのバルケッタが追加された。2002年3月にビッグマイナーチェンジ版の後継車種575Mマラネロが発表され引き継がれた。

モータースポーツへの参戦編集

 
JLMC仕様車
 
Prodrive製競技車

2001年からはプロドライブがチューニングを手がけたマシンがFIA GT選手権へ参戦を開始。2003年2004年にはプロドライブ製のマシンを走らせるスクーデリア・イタリアがFIA GT選手権のシリーズチャンピオンを獲得。ル・マン・シリーズでも2004年2005年にGTS(GT1)クラスを制している。さらに2003年のル・マン24時間レースではプロドライブ自身が走らせたマシンがLM-GTSクラスのクラス優勝を飾った。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-1990年代<- Previous  Next ->
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
FR V12 365GTB/4 550マラネロ
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348GTB/GTS 360モデナ
308 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
スペチアーレ 288GTO F40 F50